« 南仏・ヴェルドン大渓谷 フランスにもグランドキャニオンがある! | トップページ | 南仏・これぞプロヴァンス料理 禁じられた遊び ラヴェンダー畑 »

2021年2月12日 (金)

南仏・ムスティエ どうやって岩壁に鉄の鎖と金の星を架けたの?

フランスのグランドキャニオン、 ヴェルドン大渓谷の

西側の起点に「ムスティエ・サント・マリー」がある。

 

 

 

 

01.  ムスティエは 高さ数百メートルの石灰岩の

断崖を背にした  他に類を見ないような 驚くべき

舞台装置のただ中にある町だ。

 01_20210211205901

 

 

 


02. 観光客は まるで 立ち塞がる岩壁に

吸い寄せられるように 村の中へ入って行く。 

02_20210211205901

 

 

 

 

03. どん詰まりで 屹立した2つの断崖が待ち受ける。  

 


よく見ると 2つの峰の 高さ60m付近に

長さ135mの 鉄の鎖が架けられて、 


なんと 真ん中に 金色の星が輝いている ! 

03b

 

 

 

 


04.   伝説によれば 10世紀 

地元ブラカス家の騎士が 十字軍遠征に従軍した折り 

サラセン人の捕虜となってしまう。

 


彼は 無事故郷に帰れた暁には 故郷の断崖に

星を捧げると神に誓いをたて、  解放後 彼は 

本当にそれを実践、 鉄の鎖と星を峰に掲げたのだ。

04_20210211205901

 

 

 

 

05. 10世紀の 最初の星には 突起が16あったが 

現在の星には 大小合わせて10個の突起があり ⤴


星の大きさも 30cm 180cm と変化し、

現在は125cm、 鎖の重量は150kgだと言う。

 


写真は ノートルダム渓谷沿いの古い教会。 ↙

ロマネスク様式のアーチを持つ鐘楼塔が

すっくと立つ様が 印象的だ。

05_20210211205901

 

 

 


06. 一方山腹の 「ノートルダム・ド・ボーヴォワール

礼拝堂」 までは 262段の石段を登らねばならない。

 

ロマネスクのポーチと ルネッサンス様式の木製ドア

の礼拝堂に 糸杉が寄り添い、 頭上には金の星、 


何とも言えず 劇的な構図だ。

06_20210211205901

 

 

 

 

07. さて、清らかな湧水もムスティエの魅力だ。

07_20210211205901

 

 

 


08. 伏流水が 石灰質の断崖から湧き出たたことで

5世紀来 修道士が凝灰岩の洞窟に住むようになり、

 


村にも湧水が流れ込んだことで、教会が建ち 産業が興り

やがて ムスティエは 立派な町になった。

08_20210211205901

 

 

 

 

09. その産業の代表が 「 ムスティエ磁器 」。

アトリエがあちこちにあり、 見て回るのが楽しかった。

 


そもそもは 17世紀イタリアから来た修道士が、  

乳白色の磁器を作る技術を伝えたのが始まりだ。

 

そして 当初は地場産業だったムスティエ焼きだが、

09_20210211205901

 

 

 

10.   ルイ14世によって 

戦争で疲弊した財政負担を軽減する為 

贅沢な金銀の食器の 使用禁止令が 出されると 

 

ムスティエ焼きは 一躍 王侯貴族にも 

もてはやされるテーブルウエアの主役になった。

 


その後 21世紀まで 盛衰はあったものの 

一品一品手作りされる 高級品の誉れが高い。

10_20210211205901

 

 

 


11.  ところで 食器の白地に対し 図柄には

時代ごとに 大きな変遷があった。

 

初めは 王侯貴族の狩りなどをヒントにした図柄、 

イタリア趣味のグロテスク模様などが 主流だったが

 

近年では プロヴァンス独特の草花模様が描かれ、

私など より親しみを感じたが、  値段もあり

実際 買うまでには至らなかった ・・

11_20210211205901

 

 

 


12. ムスティエは 当然ながら

 ”フランスの美しい村 ” に指定されており、 

穴場の観光地として 大変人気が高い。

 


こんな奥地へよく行ったものだ、と私も感慨深い。

12_20210211205901

 

 

 

 

13. ところで、 千年も前 どうやって

60mの高さに 鎖を架けたのだろうか 、、

 

大昔のことは 実際 何も分かってないらしい。

 


ただ、これまでに10回以上の架け替えがあり、

一番最近が 1957年で、 鎖は64歳となる。

( 04.の写真参照 )

 

13_20210211205901

 

但し 1995年に 一度鎖が切れて落下したので

現在のは 修理後26歳ということになる。

 


その折 星には新たに金箔が貼られ、  なんと

ヘリコプターを使って 鎖を架け直したと言う。


 

 


次に行かれる方がいらしたら、 望遠鏡を持って

 

星の突起が幾つあるか、 金箔の具合はどうか、

 

鎖に傷みが無いか 見て来ていただきたい !

 

 

 

*     *    *    *    *

 

« 南仏・ヴェルドン大渓谷 フランスにもグランドキャニオンがある! | トップページ | 南仏・これぞプロヴァンス料理 禁じられた遊び ラヴェンダー畑 »

南フランス ヴェルドン大渓谷 ムスティエ」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
コロナ禍に関係なくここ十数年旅ができない慕辺未行です (^_^;;ヘヘッ!
週一の楽しみ、bellaさんの旅日記拝見しながら海外へと思いを馳せています。

フランスのグランドキャニオンと言われるヴェルドン大渓谷、その近くにムスティエ・サント・マリーという街があるのですね。背後に迫る石灰岩の山、それを背景に開けた街・・・なのでしょうか?
最初の写真の真ん中からやや右上の小さな点のように見えるもの、あれがその後に紹介されている”☆”なのですね。とても神秘的で願い事を唱えたら叶えてくれそうな・・・そんな気がします。

礼拝堂、よくもまぁこんな山の中腹に建てられたものですね。けど、もっと急峻な場所に建てられた修道院もありましたっけ・・・?
ムスティエの街の様子も素敵ですネ!ヨーロッパの”片田舎”という雰囲気ですが、07.と08.の写真を見ると「ワァ~!行ってみたい!」と思わずにはいられません (>_<)!
ムスティエ焼きは初めて聞きました。美しくて品がありますね。もし買ったとしても私ではとても使う勇気はありません (^_^;;ヘヘッ!もっとも私が買えるお値段ではないでしょうけどね (^_^;;アセッ!

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。
続きも楽しみにしています (^_^)ニコッ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南仏・ヴェルドン大渓谷 フランスにもグランドキャニオンがある! | トップページ | 南仏・これぞプロヴァンス料理 禁じられた遊び ラヴェンダー畑 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド