« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月26日 (金)

南仏・ボニュ―とラコスト 丘陵城塞村 さくらんぼとペタンクと


南フランス プロヴァンス地方には 幾つもの

個性的で魅力的な村々が点在している。

 

リュベロンの山岳風景の中、 3~4kmの距離で

互いに向かい合う 2つの  '丘陵城塞村' 

” ボニュ― と ラコスト ” を訪ねてみる。

 

 

 

 

01. ここは プロヴァンス独特の赤い瓦屋根が重なる

「 ボニュー Bonnieux 」 という村。


その屋並みと教会の塔の向こう側に ちょうど

にらめっこするように対峙する村・ラコストがある。

01_20210225211401

 

 

 

 

02.  リュベロン山地の尾根筋に沿って 段丘状に

作られたボニュ―の町は 高低差が激しく、 道路を

ジッグザッグ 登って行かねばならない。    丘の


頂上にあるのが旧教会12C,  中腹のが新教会19C。

02_20210225211401

 

 

 

 

03.  上の写真で 山頂の旧教会をヒマラヤ杉

Cedre d'Himalaya が囲んでいるのが見えるが、


ナポレオン時代に北アフリカから運ばれ移植されたものだ。

 

ヒマラヤ杉は防風にも防寒建材にもなり その精油は

虫よけになる。  今日でもトルコや地中海地方で

大規模な植林が続いており、 興味深い歴史ではある。

03_20210225211401

 

 

 


04.  さて フランス人は総じてペタンク好きだが、

そもそもプロヴァンスがその発祥の地だ。   ここ

ボニュ―でも定期的に ペタンク大会が催される。    

 

 

丘陵地でもあり 人々は 辛うじて平らな教会の広場で 

腕を競ったものだが、 近年は旧市街の外側に 

Le Boulodrome オドローム球戯場なる ペタンク専用

施設が出来て、 ますますの人気らしい。  

04_20210225211401

 

 

 


05. そもそもペタンクのボールは リュベロン山地に

生息するツゲが材料となる。 材質の固いツゲの木は

日本でも よい櫛となっている。


球体のツゲ一面に釘を打ち込んで 鉄球とする技は 

大変な特殊技能だが、   当然ながら 最近は 

手軽な工業製品に取って代わられている。

 

💓          💓



そして たわわに赤い実を付けた サクランボの樹、 

これも間違いなく 心躍る プロヴァンスの風景だ !

05_20210225211401

 

 

 


06.  さくらんぼジャムと共に プロヴァンスの

山羊チーズ・Fromage de Chevre は 絶品だ。


原則フレッシュチーズなので 現地で食べるのが一番。

ちょっと酸味があってコクがあって 癖になる。

 


山羊農家が多いボニュ―では、 毎夏 山羊レース

Grande Course de Chevre が開催される。


ポスターが貼られ 競馬の如くお金が賭けられ、

山羊の耳に色札を付けて出走させる 園児用の

レースもあり、  みんなで楽しむ。

06_20210225211401

 

 

 


07.  さて次は ボニューと向い合せの村

「 ラコスト Lacoste 」 へ向かう。 

 

サクランボの木・Cerisier とラコスト城、

素朴ながら 見事な組み合わせだ !

07_20210225211401

 

 

 

 

08. まさに この風景をスケッチする夫婦がいた。


こんなバカンスを過ごすなんて 憧れちゃう。

08_20210225211401

 

 

 

 

09. 山頂の城は 18世紀、サド侯爵の居城だった。


Marquis de Sade は長年にわたり ありとあらゆる

検閲の対象となる文学作品を書き続け、


何度も有罪を宣せられては この城に身を隠したが、

結局は身内の申告で バスティーユ監獄に送られた。

 

 


城の塔は荒廃したままだが、  城は 現在は

かのピエールカルダンの持ち物と聞いた。


私は途中の教会までしか行かなかった。 

09_20210225211401

 

 

 

 

10. 一方 町そのものは大変人気が高く 多くの

アーチストが住んで アトリエを構えている。


バカンスによる ’季節住民’ で 

夏は 人口は倍に膨れ上がる。

10_20210225211401

 

 

 

 

11.  石造りの村は どこを歩いても 素朴な

古き佳き趣きがある。  一つ新しいものがあった。

 

巻貝をつなげて子供たちが作った丸い風車 Eolienne、

フラジャイルなので 触らないでね、と 書かれていた。

11_20210225211401

 

 

 

 

12.  ラコストを出て 次に向かう道すがら、

 

2本の轍が 紫や赤の小花の絨毯を走り抜け、


樹木がそのまま 電柱に変身してる。

 

遠くにサド侯爵の城・・・

12_20210225211401

 

 

 

 

13.  そして変わらず 可愛いコクリコとラベンダー

13_20210225211401

 

 

 

そう、 これが プロヴァンス。

 

 

 


*     *    *    *    *

 

 

 

 

2021年2月19日 (金)

南仏・これぞプロヴァンス料理 禁じられた遊び ラヴェンダー畑

プロヴァンス地方はフランスの南東部に位置するが、


地中海の港町マルセイユを北上した高原地帯に

最もプロヴァンスらしい風景が広がっている。 


今回私は カンヌからヴェルドン渓谷を通って

東側から この地域に辿り着いた。

 

 

 


01. 愛らしいコクリコは雑草の一種だ。 小麦の種に

混じって 小麦の休耕地を真っ赤に染めることがある。

 

印象派の絵画にも しばしば描かれるコクリコは

ある種 フランスの風景のアイドルだが、 一方で

どんな道端にも根を下ろすしぶとい植物でもある。

01_20210219120601

 

 

 


02. ラヴェンダーは6~8月に大地を紫に染める。


桜よりは花期が長いが  ドンピシャ時期と場所を

当てるのは フランスに住んでいても難しい。

 

近年は人気が高く ラヴェンダーツアーが出る程だ。

手軽なネット情報があるにはあるが、

ッアーに任せると最適のコースを案内してくれるかも。

02_20210219120601

 

 

 


03.  ところで、プロヴァンス地方を潤す大河・

デュランス川の支流・ヴェルドン川の話に戻るが、
 

 


ヴェルドン川の西端は現在 サントクロア湖という

ダム湖になっている。 ダムは1983年に作られた。


従って 40年前 多くの村々は湖底に沈み、 

現在 湖畔にあるのは新しい町で 

多くのアウトドアスポーツの拠点にもなっている。

03_20210219120601

 

 

 


04.  実は 湖底に沈んだエギュイン橋 (オレンジ色)⤵

その小さな古い橋は かの名作映画 「禁じられた遊び」

の重要な場面に その面影を残している。

 

 

第二次世界大戦中 ドイツ軍の爆撃を避けようと 家族で

橋に身を臥す中、 飛び出した仔犬を少女が追う。それを

追った両親と仔犬が 結局は爆弾にやられてしまう!

04_20210219120601
                           ( 写真は 湖底に沈む前の橋 Pont d’Aiguines )

 

 

 

 


05.  さて、プロヴァンスと聞くと 陽光いっぱいの

温暖な地域を想像するが、  どうしてどうして、 

 

ロバの耳すら千切らんばかりの激しい北風 (ミストラル) 

が年間百日以上吹き付ける 寒暖差の大きい地方だ。

05_20210219120601

 

 

 


06. こうして高台に寄り添って 南斜面に町が出来る

のも自然なこと。  ( この街は Valensole )

06_20210219120601

 

 

 


07.  ラヴェンダー畑の一角に 直売所があった。


有名店より安く 可愛いかったので コロンや石鹸 

匂い袋など  何だかいっぱい買い込んでしまった ・・

07_20210219120601

 

 

 


08.  さていよいよ プロヴァンスらしい町々が点在

する地域に入った。    国道100号沿いに数キロ  

美しいプラタナスの並木が続いたのは 感動的だった。 

08_20210219120601

 

 

 

 

09. カスティヨン St. Martin de Castillon という

町の郊外で プロヴァンス風石造りのホテルを見付けた。

 

 

プロヴァンスにはパリなど都会から 多くの人々が

春や夏の休暇 そしてクリスマスにやって来る。


有名な5つ星ホテルにやって来るスノッブ (上品・

教養人・金持ち風に振る舞う俗人 ) は別として、


知的なしまり屋都会人は 穴場を知っていたり

人とかぶらない行きつけの貸別荘を決めたりしている。 

09_20210219120601

 

 

 


10.  カスティヨンもそんな穴場のひとつだろう。 


このホテル Lou Caleu が当たりだったか分から

ないが、  マダムも主人も ひどく上品だった。

 


部屋は母屋から独立し 木立に囲まれた

テラス付きの別棟にあった。 

並びのテラスで 一心に ペデュキュアをする

女性の足の 赤い爪が脳裏に焼き付いた・・

10_20210219120601

 

 

 


11.  母屋のレストランには  散策がてら

犬に挨拶しながら  ウキウキと出かけた。

 

プロヴァンスは  多彩な料理とワインに恵まれた

美食の地方だが、 リヨンなどの高級美食とは異なり

豊かな自然を利用し尽くす 地元愛美食と言える。

11_20210219120601

 

 

 

 

12.  確かに 料理は想像以上のシェフの腕だった。


イギリスと比較しては申し訳ないが 英人作家が 

” イギリス人はラムを2度殺す。 実際殺す時と

料理をする時と ” と言ったのを思い出す。

 

 


干しすもものスライス添えマーブルフォアグラ、

ハーブとサフランソース和えホタテ、

悪魔ソースかけグラナダ風ザクロのシロップ漬け牛肉

羊乳とマリネ漬け胡椒添えミルフィーユ

フルーツコンフィ添えカモのささみ


デザートには 2週間ブランデーに浸したあと

栗の乾燥した葉でくるみ保存した山羊チーズ etc

12_20210219120601


偶然泊ったホテルでも これだけの料理 ・・

確かにプロヴァンスは凄い !   ただし

 

プロヴァンスのシェフは 奇抜なものを狙うことなく

お金に見合った満足をお客に感じてもらえれば充分

なんだとか。 この料理も一人25ユーロでした ~

 

 

 

 

 

13.  さて夕食後 お風呂に入ろうと脱いでしまって

石鹸 タオルなど一式が無いのに気付いた。 母屋に 

電話しても誰も出ない。 主人は酔払って高いびき、


マダムに届けてもらうまで 相当苦労した ~

13_20210219120601

 


そんなところが スノッブ達が泊る豪華ホテルとは

根本的に違う点なのかも知れない。


これも 一つの思い出かな ・・・

 

 

 

翌朝  再び ラヴェンダーの香りに包まれて


次の町へと向かった。

 

 

 

*    *    *    *    *

 

 

 

 

 

2021年2月12日 (金)

南仏・ムスティエ どうやって岩壁に鉄の鎖と金の星を架けたの?

フランスのグランドキャニオン、 ヴェルドン大渓谷の

西側の起点に「ムスティエ・サント・マリー」がある。

 

 

 

 

01.  ムスティエは 高さ数百メートルの石灰岩の

断崖を背にした  他に類を見ないような 驚くべき

舞台装置のただ中にある町だ。

 01_20210211205901

 

 

 


02. 観光客は まるで 立ち塞がる岩壁に

吸い寄せられるように 村の中へ入って行く。 

02_20210211205901

 

 

 

 

03. どん詰まりで 屹立した2つの断崖が待ち受ける。  

 


よく見ると 2つの峰の 高さ60m付近に

長さ135mの 鉄の鎖が架けられて、 


なんと 真ん中に 金色の星が輝いている ! 

03b

 

 

 

 


04.   伝説によれば 10世紀 

地元ブラカス家の騎士が 十字軍遠征に従軍した折り 

サラセン人の捕虜となってしまう。

 


彼は 無事故郷に帰れた暁には 故郷の断崖に

星を捧げると神に誓いをたて、  解放後 彼は 

本当にそれを実践、 鉄の鎖と星を峰に掲げたのだ。

04_20210211205901

 

 

 

 

05. 10世紀の 最初の星には 突起が16あったが 

現在の星には 大小合わせて10個の突起があり ⤴


星の大きさも 30cm 180cm と変化し、

現在は125cm、 鎖の重量は150kgだと言う。

 


写真は ノートルダム渓谷沿いの古い教会。 ↙

ロマネスク様式のアーチを持つ鐘楼塔が

すっくと立つ様が 印象的だ。

05_20210211205901

 

 

 


06. 一方山腹の 「ノートルダム・ド・ボーヴォワール

礼拝堂」 までは 262段の石段を登らねばならない。

 

ロマネスクのポーチと ルネッサンス様式の木製ドア

の礼拝堂に 糸杉が寄り添い、 頭上には金の星、 


何とも言えず 劇的な構図だ。

06_20210211205901

 

 

 

 

07. さて、清らかな湧水もムスティエの魅力だ。

07_20210211205901

 

 

 


08. 伏流水が 石灰質の断崖から湧き出たたことで

5世紀来 修道士が凝灰岩の洞窟に住むようになり、

 


村にも湧水が流れ込んだことで、教会が建ち 産業が興り

やがて ムスティエは 立派な町になった。

08_20210211205901

 

 

 

 

09. その産業の代表が 「 ムスティエ磁器 」。

アトリエがあちこちにあり、 見て回るのが楽しかった。

 


そもそもは 17世紀イタリアから来た修道士が、  

乳白色の磁器を作る技術を伝えたのが始まりだ。

 

そして 当初は地場産業だったムスティエ焼きだが、

09_20210211205901

 

 

 

10.   ルイ14世によって 

戦争で疲弊した財政負担を軽減する為 

贅沢な金銀の食器の 使用禁止令が 出されると 

 

ムスティエ焼きは 一躍 王侯貴族にも 

もてはやされるテーブルウエアの主役になった。

 


その後 21世紀まで 盛衰はあったものの 

一品一品手作りされる 高級品の誉れが高い。

10_20210211205901

 

 

 


11.  ところで 食器の白地に対し 図柄には

時代ごとに 大きな変遷があった。

 

初めは 王侯貴族の狩りなどをヒントにした図柄、 

イタリア趣味のグロテスク模様などが 主流だったが

 

近年では プロヴァンス独特の草花模様が描かれ、

私など より親しみを感じたが、  値段もあり

実際 買うまでには至らなかった ・・

11_20210211205901

 

 

 


12. ムスティエは 当然ながら

 ”フランスの美しい村 ” に指定されており、 

穴場の観光地として 大変人気が高い。

 


こんな奥地へよく行ったものだ、と私も感慨深い。

12_20210211205901

 

 

 

 

13. ところで、 千年も前 どうやって

60mの高さに 鎖を架けたのだろうか 、、

 

大昔のことは 実際 何も分かってないらしい。

 


ただ、これまでに10回以上の架け替えがあり、

一番最近が 1957年で、 鎖は64歳となる。

( 04.の写真参照 )

 

13_20210211205901

 

但し 1995年に 一度鎖が切れて落下したので

現在のは 修理後26歳ということになる。

 


その折 星には新たに金箔が貼られ、  なんと

ヘリコプターを使って 鎖を架け直したと言う。


 

 


次に行かれる方がいらしたら、 望遠鏡を持って

 

星の突起が幾つあるか、 金箔の具合はどうか、

 

鎖に傷みが無いか 見て来ていただきたい !

 

 

 

*     *    *    *    *

 

2021年2月 5日 (金)

南仏・ヴェルドン大渓谷 フランスにもグランドキャニオンがある!

ナポレオン街道上の カンヌ グラース サンヴァリエを

訪ねたあと、  地方道に入り 西方へと向かった。  


やがて 目が眩むような

「 ヴェルドン大渓谷 Grand Canyon du Verdon 」 が現れた。

 

 

 


01.  勇敢な!? ワンちゃんの視線の先には ・・・

01_20210204221901

 

 

 

02.  ヴェルドン川の深い渓谷に刻まれた 

’ ホースシューベンド 馬蹄形の彎曲 ’ があった。

 

 

ターコイスブルーの流れは  米国グランドキャニオン 

コロラド川の  ’赤’ とは対照的な色合いだ。

02_20210204221901

 

 

 

 


03.  岩壁の道路際のバーレストランが賑わっている。

ドイツからの観光バスも来ていた。

 

見物人のいる 「 ラ・メスクラの展望台 」 ↘

 

その眼下では 支流のアルテュビー川が合流し、

そそり立つ崖壁が 一層 身近に迫り来る。

03_20210204221901

 

 

 


04.  ラ・メスクラの展望台からは 先程のレストラン

は こんな風に見える。


犬が覗いていた崖は こんなに深い。

 

ワンちゃん 落ちなくて良かった !

04_20210204221901

 

 

 

 

05. 「 アルテュビー橋 」 はアルテュビー川を跨ぐ 

長さ100mの ワンスパン構造のアーチ橋だ。 

 

 

今回は ” 至高の縣崖 ” と呼ばれる約20kmの

ヴェルドン大渓谷の南岸を車で走ったが、


北岸には 健脚向きのハイキングコースがあって

南岸とは趣きを異にする見晴らしポイントが点在している。

05_20210204221901

 

 

 

 


06.  ここは 「カヴァリエ・クリフ」 と呼ばれる

300mの懸崖、ヴェルドン大渓谷のハイライトの一つだ。

 

大渓谷全体で見れば 

谷幅は狭い所で200m 広い所で1500mある。

谷の深さは250mから600mに及ぶ。

06_20210204221901

 

 

 


07.  06.のクリフは この 「 ル・ファイエのトンネル 」 

から 身を乗り出して撮ったものだ。


180度 恐くて腰が引けるのに撮りたい絶景ばかり・・

07_20210204221901

 

 

 


08. 大渓谷の白い石灰岩の山肌は 3500万年も

続いたジュラ紀の 堆積・浸食作用で出来たものだ。

 

アリゾナの雄大な 赤いグランドキャニオンと比べたら 

樹木の緑を纏った白い岩肌は 優雅そのものと感じた。

08_20210204221901

 

 

 


09.  ヴェルドン大渓谷には 多くのオートバイ族が

来ていた。   唐突だが  若者文化の日本と違って 

フランスでは オートバイは ’ 中年文化 ’ だ。

 

フランスでは 大学か就職かに拘らず 18歳で世の中に

放り出されるから、自活を強いられる若い人はみんな貧しい。

オートバイどころではない。

  

多くの趣味・娯楽・文化が 中年仕様となっている!

09_20210204221901

 

 

 

 


10. さて、 車で走った ” 至高の縣崖ルート ” を

振り返って見たら、  「 ル・ファイエトンネル 」 は

こんなに高いレベルにあった ・・

10_20210204221901

 

 

 


11. さて そのルートの終わりに近づく頃


「 ヴォ―メール・ポイント (1204m) 」 から 

赤紫のアザミ越しに ただ一筋、  夢のように

ターコイズブルーのヴェルドン川が 輝くのが見えた。

11_20210204221901

 

 

 


12.  有名なデュランス川の支流であるヴェルドン川、

V字の渓谷をうがったその岩壁に 人が住んだ形跡はなく、 


ヨーロッパに並ぶもののない このような大パノラマが

存在すること自体も あまり知られてないようだ。

12_20210204221901

 

 

 

 

13.  ヴェルドン川は このサントクロワ湖に流れ込んで

その旅路を終える。

13_20210204221901

 


何事もなかったかのように平穏な人里に辿り着き

 

私も ホッと一息ついた旅路でした ・・

 

 

 

 

 


*     *    *    *    *

 

 

 

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド