« 今日の絵画 「 耳鼻科の待合室 」 イラスト | トップページ | 謹賀新年 日本で一番早い初日の出・銚子市犬吠埼 »

2020年12月25日 (金)

銚子電鉄の終点・レトロな外川駅 千騎ケ岩と犬岩・外川の海辺

 

01.  ここは銚子電鉄の終着駅 「外川駅」

1923年・大正12年の創業以来の 木造家屋。

 


’ありがとうポスト’ という愛称がついた

ノスタルジックな赤いポストが良く似合う。

01_20201225165601

 

 

 

 

02.  ご当地映画 「電車を止めるな」 のポスターや

大漁旗で飾られた待合室が 何とも言えず魅力的!

02_20201225165601

 

 

 

 


03.  外川駅には 昭和25年製 「デハ801」 

車両が展示されている。 手の施しようもなく酸化・

腐食した車体を見事復興、 無料で公開している。

 

中に入ってみると 木材の床 古い運転席

天井の扇風機など 昭和レトロ感がいっぱいだった。


朝ドラ・澪つくしのロケでも電車や外川駅が使われた。

03_20201225165601

 

 

 

 


04.  そうこうしてる間に 現役の電車が到着!


日常の、普通の乗客たちが 降りて来たのに、

一瞬 昔の映画の一場面に紛れ込んだ気がして

思わず 自分の頬を叩いた・・・

04_20201225165601

 

 

 

 

 

05.  乗り込む客を見て、 現実に引き戻された。


プラットフォームは かさ上げされぬまま置かれ、

段差が激しい。 木台を置いて乗る人もいるらしい。

05_20201225165601

 

 

 

 

 

06. ところで ベンチなどには醤油の看板があった。


「ヒゲタ醬油」 は創業1616年、 「ヤマサ醬油」は

1645年、 両社とも 銚子に拠点を持つ大会社だ。

 


銚子の とある八十八か所霊場寺社で、 

酒樽ではなく  醤油缶が奉納されていた。


右近のヒゲタ、   左近のヤマサ、 

銚子ならではの 興味深い風景だった !

06_20201225165601

 

 

 

 

 


07.  さて 外川駅を少し南下すると 海沿いに

漁師町 ” 外川の街並み ” がある。

 

丁度 漁師の網を広げたように 急坂の地形に

縦横の細い路地が 碁盤の目を作っている。

07_20201225165601

 

 

 

 

 

08.  特別な名所ではないが、 漁師町の独特な

雰囲気があり ここでも映画が一本撮れそうだった。

08_20201225165601

 

 

 

 

 

09.海沿いに 外川の漁協と 「千騎ケ岩」があった。

 

源義経が千騎の兵と籠った という伝説の島だが

今は堤防が出来て 歩いて行ける。

09_20201225165601

 

 

 

 

 

10.  堤防から見えた 寄せては返す 太平洋の

波濤が清々しく、  しばし惚れ惚れ見とれた ・・・

10_20201225165601

 

 

 

 

 

11.  沖合には ”洋上風力” の風車が立っていた。


政府が2050年の脱炭素社会の実現に向けて 特に

重点を置いているエネルギー政策の一環だ。 


日経新聞によると 洋上風力4500万キロワットを

目指すそうだが、   素人にはピンと来ない。

 

いずれにせよ そのうち あちこちの海の中に

こんな風車が林立する日が来るのだろう。

11_20201225165601

 

 

 

 

 

12. 「千騎ケ岩」 の西側にあるのが 「犬岩」。


このあたり一帯は 2億年も前のジュラ紀の地層で、

岩が 両耳が立つ犬の形になるまで 気の遠くなる

ような時間が流れた訳だ。 

 


伝説では、 源義経が奥州に逃れる時 置き去りに

された愛犬が 主人を想い七日七晩鳴き続け

とうとう岩になった、  海鳴りがまるで 犬の

悲しみの遠吠えのよう轟いた、 と言われている。

12_20201225165601

 

 

因みに この辺りは富士山が見える東端で、

 

伊能忠敬は 富士山の正しい位置を定める際

この犬岩を起点に 富士の測量をしたそうだ !

 

 

 


Go To 銚子の旅 つづきます。

 

 

 


*    *    *    *    *

« 今日の絵画 「 耳鼻科の待合室 」 イラスト | トップページ | 謹賀新年 日本で一番早い初日の出・銚子市犬吠埼 »

国内旅行 関東編」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
今年は、年明けからわずか数ヶ月で「コロナ、コロナ・・・」で、気がつけば1年が終わろうとしていますね。さすがに今年は海外旅行は無理だったでしょうか?

今回は銚子電鉄ですか?乗ったことはありませんが、旅番組などで数回見たことがあります。経営がとても厳しいローカル線のようですね。
それはともかく・・外川駅、味がありますネェ w(^o^)w!駅舎といい、待合室といい、ポストや郵便のバイク・・・これぞ”昭和”という雰囲気が「これでもか!」と言うほど出ていますね。ドラマや映画のロケに使われるのも納得です。
銚子と言えば犬吠埼、犬岩の伝説から名付けられた地名なのかな?と、ふと思いました。
洋上風力発電・・・、海に囲まれた日本、近い将来これがメインの発電力になるのかもしれませんね。しかし、浜辺から見える大海原に風車がたくさん立っている姿・・・大自然に無粋な光景でもあるような気がします (^_^;;!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の絵画 「 耳鼻科の待合室 」 イラスト | トップページ | 謹賀新年 日本で一番早い初日の出・銚子市犬吠埼 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド