« ラサ ダライ・ラマのポタラ宮 チベット族コロナ前からマスクは必需品 | トップページ | ラサ・ジョカン寺  五体投地・深い信仰心と体力がカギ »

2020年11月27日 (金)

赤と金色・チベットの豪華花嫁衣裳 ラサの井戸端会議風景

ラサのシンボル ダライ・ラマのポタラ宮を

見学したあと その離宮を訪ねた。 

 

 

 

 

01. 36km2の敷地を持つ 「ノルブリンカ」 

には 7世から14世まで 歴代のダライ・ラマが 

4~9月の間過ごした いくつかの夏の離宮がある。

 


それらの離宮のうち 「ケルサン・ボタン」

で 結婚式のカップルに遭った。

01_20201120163401

 

 

 


02. 白い肌が美しい花嫁だ。 内から湧き出る

幸福感と品、 ステータスの高さが感じられる。


豪華な赤い衣装と 金の刺繍とかんむり 、、

 

花嫁衣裳は白、 と言う概念は画一的でした!

02_20201120163401

 

 

 

 

03. 「ノルブリンカ」 に建つ 幾つかの

離宮のうち ダライ・ラマ14世の離宮では

チベット・オペラが上演されたり、


2008年の北京オリンピックに合わせ 

整備された緑地公園、 動物園などもある。 
  03_20201120163401

 

 

 

 


04. 上流生活の一方 ラサの市場街では

日本にも昔はあった 庶民的な生活が 

垣間見られた。 

 

お茶を囲んでの 井戸端会議 ・・

04_20201120163401

 

 

 

 


05.  スマホに席巻された日本では

どんな場面でも ほぼ全員が下を向いているが、

05_20201120163401

 

 

 

 


06. 人肌の温もり、コミュニケーションが

まだ ここにはありそう ・・ 

 

でも 少年僧の手に スナック菓子でなく

スマホが握られる日は もうそこまで来てる !

 


元々電話線の無い地域では 一気にデジタル化

するので、 寧ろ 日本などあっという間に

追い抜くのです・・

06_20201120163401

 

 

 

 


07.  大人の遊び

07_20201120163401

 

 

 


08.    歯医者さん

’歯科’ は ’牙科’ って言うんですね!

08_20201120163401

 

 

 


09.  公衆トイレ 

ほぼ普通のトイレです ~

 


中国のトイレには 扉が付いてないとか、 

観光ツアー客は 野原に止めたバスから 一斉に

外へ散らばり 野原でオシッコをする、とか


そういう話は 徐々に昔話となるでしょう。

09_20201120163401

 

 

 

 


10.  さて次は 「ジョカン寺」 という

有名なお寺がある地区にやって来た。

10_20201120163401

 

 

 

 

11.  繁華街の飯店で昼食。

11_20201120163401

 

 

 

 

12. マニ車を手に お参りを終えたチベット人、


西洋人の観光客は これから目的地を目指して歩く。

12_20201120163401

 

 

 

 

13.  目指すは 「 ジョカン寺 」

例の ” 五体投地 ” で有名なお寺だ。

 


正門前は 巡礼者が五体投地を行う場所で、

石畳は摩耗して ピカピカに光っている。

13_20201120163401

 

 


ラサの象徴 ポタラ宮は 1994年に、

このジョカン寺は 2000年に

世界文化遺産に登録された。

 

 

 

 

ジョカン寺つづきます。

 

 


*    *    *    *    *

 

« ラサ ダライ・ラマのポタラ宮 チベット族コロナ前からマスクは必需品 | トップページ | ラサ・ジョカン寺  五体投地・深い信仰心と体力がカギ »

チベット自治区・ラサ ダライ・ラマの宮殿」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
チベット・ラサの続き、楽しみにやって来ました w(^o^)w!
20代前半のころ、旅仲間が訪れ私自身も「いつかは・・・!」と夢見た街!年齢とともに実現も難しく、そんな折ここで旅行気分を味わえること、とても嬉しく思います (^_^)ニコッ!

結婚式のカップル、赤い衣装がステキですね。花嫁さんの冠・・・スゴイ (゚o゚)ホエェ!きっとチベットでも有数の裕福な家庭の出身なのでしょうね。永作博美さんをちょっとぽっちゃりさせた感じの美人さんですね。
幸せをお裾分けしていただいた気分です (^_^;;ヘヘッ!

街角の人々の姿、なんだか一昔いや二昔かそれ以上か・・・の日本を思い浮かべたり・・・。けど、一気に高度成長した日本・・・実際にこんな光景ってあったかなぁ~?とも思います。
それでも日本の昭和の時代をつい感じる光景ですね。

中国の公衆トイレって壁がないとか言われていましたが、今はそうではないのですね。少しは世界水準になったのでしょうか?

ジョカン寺はたぶん川口慧海氏の『チベット旅行記』にも出てきたお寺だと思います。ふともう一度川口慧海氏の『チベット旅行記』を読んでみたい気持ちが・・・!そして第二次世界大戦中に密命を受けてチベット・ラサまで歩き続けた西川一美氏のドキュメンタリーも見たくなりました。

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラサ ダライ・ラマのポタラ宮 チベット族コロナ前からマスクは必需品 | トップページ | ラサ・ジョカン寺  五体投地・深い信仰心と体力がカギ »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド