« サンチャゴ・デ・コンポステーラ、 古い街並と 奇抜な二人のマリア | トップページ | 北スペインからポルトガルへ入る  欧州のレンタカーとカーナビの話  »

2020年10月16日 (金)

サンチャゴ・デ・コンポステーラ、 中世の修道院に泊りました !


01.  サンチャゴ・デ・コンポステーラを目指して歩く

巡礼者の定番スタイルは  リュックに杖、 

聖ヤコブの象徴・ホタテ貝、 瓢箪 (ペットボトル用!)

 

 

道標もホタテマークだ。

右下は 私が買い求めたお土産。

01_20201015114001

 

 

 

 


02.  サンチャゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路は

フランスからピレネーを越えて 北スペインを進むのが


定番コースだが、  今や スペイン ポルトガルからも

サンチャゴへの道が 血管の様に張り巡らされている。

02_20201015114001

 

 

 

 

 

03.  私の宿は 大聖堂が建つオブラドロイ広場の西側に

面したパラドール・ホテルだ。   ここはかつては修道院で、

巡礼者のための宿泊施設・王立救護院でもあった。 

 

 

今では このパラドールは 世界に類を見ない価値ある

文化財ホテルとして スペイン観光事業の一翼を担っている。

03_20201015114001

 

 

 

 

 

04.   たまたま館内は ウエディングセレモニー用の

飾りつけがなされていた。 白百合と淡いピンクの薔薇の

 

香りが 修道院の古家具に心地よく漂っていた。

04_20201015114001

 

 

 

 


05.  夕方になると花嫁が到着。 弦楽の生演奏と

共にパーティが始まった。  泉には花びらが蒔かれ、


壁や階段に沿って置かれたキャンドルの灯りは

細いネックレスのように揺れていた。

05_20201015114101

 

 

 

 


06.  さて ディナーは地下のレストランで。 


もともと修道士たちの食堂だったところで、 

天井の石積のアーチが古めかしい。

06_20201015114101

 

 

 

 


07.  格式が高く 客もボーイもきちんとしていて

ワイン込みのガリシア料理のフルコースは 値が張った。

 

 

’ パラドール Paradores’ は  特に歴史ある文化財

を ’国が’ 管理・経営するホテルを意味する。

 

スペインに90か所ほどあり、 当たりハズレもあるが

パラドール巡りをするのも楽しいことだ。

07_20201015114101


 

 

 

 


08.   食後 夜風に当たろうと外に出た。

時は10月末 大学の卒業祝いの学生さん達がいた。 

理系の学部、それも オナー付きの名誉を得たらしい。

 

 

ほぼ誰でも卒業出来る日本と違い 卒業までの

道のりは 遠く険しいのが普通だ。 脱落者も多い。

 


ワッペンの一枚一枚は 4~6年間の学業や諸活動での

優等・褒章の積み重ねを意味している。


すごいね、お兄さんたち !

08_20201015114001

 

 

 

 

 


09.  さて、パラドールには 4つの美しい回廊がある。

 


修道士は回廊を巡りながら 聖書を読み 瞑想し

神への信仰を深めたと言われる。 


小窓の一つ一つに 修道士達の人生があったはずだ。

09_20201015114001

 

 

 

 


10.  古い家具が並べられた廊下は 骨董屋さんの

匂いがした。               そして 

各々デザインが異なる回廊は 正に中世そのものだ。

 

一方 現在はホテルなので 当然宴会場もある。

10_20201015114001

 

 

 

 

 

11.  ここが 私達の部屋。  恐らく修道士が

高い窓越しに 朝夕祈りを捧げたのだろう。

 

あまり豪華でない スタンダードルームを注文したが、

それで正解だったと思う。


15世紀の修道士の影を踏みつつ ・・ 

11_20201015114101

 

 

 

 

 


12.   ところで 肉食人種の朝食が素晴らしかった!


野菜やキッシュ パン類など 迷うほど品数が並んでたが、

 

特に 惜しげもなく補給されるハモンイベリコやサラミは 

さすが スペインのスター食品だ。

12_20201015114101

 

 

 

 

 

13.  出発の朝、 パラドールの真上を飛行船が

飛んだ。  このあと マラソン大会があったらしいが、

 

まるで 私達を見送ってくれるようだった。

13_20201015114101

 


 
苦しい徒歩巡礼の対極にあるような 優雅な訪問では

あったが、      きっと 

 

聖ヤコブは 何らかの恵みを施してくれたと思う。

 

 


素晴らしい  サンチャゴ・デ・コンポステーラでした !

 

 

 


*    *    *    *    *

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« サンチャゴ・デ・コンポステーラ、 古い街並と 奇抜な二人のマリア | トップページ | 北スペインからポルトガルへ入る  欧州のレンタカーとカーナビの話  »

スペイン サンチャゴ・デ・コンポステーラ」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
サンチャゴ・デ・コンポステーラの続きですね。楽しみにしていました (^_^)ニコッ!
聖地目指して歩くザック背負った巡礼者の後ろ姿、私自身の若いころの旅の姿かも・・・と思いながら見ていました。10数回旅した北海道、3回訪れたネパール、ザック背負って旅していましたヨ!
宿泊されたホテル、元は修道院なのですか?スゴイですね。数百年前に建てられた修道院が今はホテルとして活用されているなんて!!中世の時代、木造建築主体の日本と石造建築主体のヨーロッパとの違いが感じられます。そのようなホテルでのひと時、タイムスリップした気分も味わえたのでしょうね。イイナァ!
食堂の雰囲気、そして美味しそうな料理・・・朝食なんてもう私にとってはよだれが出るほどですよ(^_^;;ヘヘッ!あれほどのハムやサラミ・・・、いくらでもパンとともに食べられます。食べたいなぁ~・・・(・_・)イイナァ!

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。
いつかオイラも連れてって!なんちゃって (^_^;;ヘヘッ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サンチャゴ・デ・コンポステーラ、 古い街並と 奇抜な二人のマリア | トップページ | 北スペインからポルトガルへ入る  欧州のレンタカーとカーナビの話  »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド