« ブラッセル 豪華絢爛グランプラス 美食の街のムール貝 | トップページ | 今日の絵画 「  椿の実・油彩 」 »

2020年8月14日 (金)

ブラッセルの小便小僧 小さいけど歴史は長い そして小便少女!


ブラッセルの大広場・グランプラスから南西に200m、

街角に 「小便小僧 Manneken-Pis」 の像がある。

 

 

 

01.  ’世界の三大がっかり’ の一つ、

像は小さいが、人だかりがあるのですぐにわかる。
   


小さいとはいえ 小僧の歴史はかなり古く、

Petit Julian と呼ばれた初代の像に関する

記述は 1452年頃の文献に見つかる。 


子供とは言え 我々の 大・大先輩だ。

01_20200814150801

 

 

 


02.  この日 彼は裸ん坊だったが、 実は

800着以上の着替えを持っている。 スーツや

軍服、 帽子 ネクタイ 髭や眼鏡、、 時には

サンタになったり ミッキーになったり。


日本からも 兜や鎧が贈られている。

 


柵の掲示板に 今月のお着換え情報が載っていた。

02_20200814150801

 

 

 

 

03.  マヌケン・ピス はフラマン語で 小便をする小人

と言う意味。 この辺りは昔 なめし革屋が多く住む地区で、


おしっこに含まれるアンモニアが 革をしなやかにするので

子供に小便をかけさせた というまさか!の説や

03_20200814150801

 

 

 


04. 昔 戦で敵方が敗走と見せかけ街を出たものの

実は地中に爆薬を仕掛けていた。 導火線を走る火種を

少年がおしっこで消し止め 街を破滅から救った。

彼は英雄となり、  やがて銅像となった !

 


小便小僧には この他 いろいろな説がある ・・

 

因みに 小僧のおしっこの水が飲める時代もあり、

水汲みに来る者もいたようだ。

04_20200814150901


(  観光客が次から次 やって来ては写真を撮る )

 

 

 

 


05.  小便小僧は 17Cに仏軍の爆弾で壊されたり

何度か盗難にもあった。  1745年に英国兵に、 

1747年には仏国の近衛歩兵に 像は盗まれた。   

 

1965年とある寒い冬の夜中には アントワープの

学生が いたずらで像の足首から下を残し担ぎ出した。

身体全体が発見されたのは やっと一年後だった。

 

最近はカメラやセンサーなどセキュリティは万全だろう!

05_20200814150901

 

 

 

 

06.  2019年6月のお着換え、 寄贈者は 

フィリピン スロヴェニア ケベック ルクセンブルク 

セゴヴィアなど世界中から。    もちろん

地元のハードロック・カフェのオーナーからも ・・

 

赤い服の小僧像は 同年8月のとある日の様子。

06_20200814150901

 

 

 

 


07.    さて、ベルギーと言えばチョコレート、

07_20200814150801

 

 

 

 

08.  実際の像は 造り替えられる度に小さくなり

今は 55.5cmしかないのだが    恐らく

このチョコレート像は 本物より大きいだろう。

 


ところで 小便小僧の公認コピー像は 世界に7体、

うち 大阪(1928年)、名古屋(2015年) 

に2体あるそうだ。   

08_20200814150801

 

 

 

 

09.   王室御用達ベルギーチョコ Neuhaus 。


薬局を営んでいた 創業者 ジャン・ノイハウスは

薬が美味しく飲めるよう 薬をチョコでコーティング、 

それが ショコラトリーの出発点となった。

09_20200814150801

(  私のお土産は 運びやすいよう箱入りチョコ )

 

 

 

 


10.  さてこちらは 「小便少女 Janneke-Pis」


1987年製の新しい像で  名前からして小僧の

類似作品であることは間違いない。


しかし女の子となると 坊やほど大らかに見られない。

 

 

子供だと思えば どういうことはないのだが お股を

触る人が多くて 近年檻で塞がれてしまったようだ。

10_20200814150801

 

 

 

 


11.  ブラッセルは もともと炭鉱労働者の街、

移民も多く、近年はブラッセル発の多くのテロを生んだ。


一方で かつてはハプスブルク家の都であり 

アールヌーボー ・ アールデコ芸術を 育んだ街。

 

 

そして最近はジェンダーレス運動を国が認めていて

同性愛者には種々の権利があり 住みよい街である。
  

街には虹色の旗が掲げられ EC本部前の横断歩道も

7色に染められている。

11_20200814150901

 

 

 

 


12. 実は小便少女像は ホモやゲイが集まる

地区の袋小路に設置されている。  その地域で
 

いくつかのレストランを経営するオーナーが 

客寄せ話題作りを兼ねて 男女平等を表現したいと

設置したそうだ。

 


夜のグランプラスには 灯りが煌々と輝き

昼の顔とはまた異なる不夜城となる。

12_20200814150901

 

 

 

 

13.ブラッセル空港での 待合時間を利用して 

ブラッセル市内に繰り出した訳だが


ゲートインまでに 無事帰港、 

落ち着いて 成田行き便に乗ることが出来た。 

13_20200814150901

 

 


小便小僧君、 人魚姫やマーライオンと共に  

世界三大がっかりに入れられてしまっているが 、

 

どうして どうして なかなか奥の深い

 

歴史と様々な面白い物語に満ちておりました ・・

 

 

 


*     *     *     *     * 

 

 

 

 

 

 

« ブラッセル 豪華絢爛グランプラス 美食の街のムール貝 | トップページ | 今日の絵画 「  椿の実・油彩 」 »

ベルギー ブラッセル」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
ベルギー・ブラッセルの続きですね。
世界的に有名、かつ、”世界三大がっかりポイント”の一つでもありますが・・・、それでもやはりたくさんの観光客が訪れているのですね。
私は 04. の「昔 戦で敵方が敗走と見せかけ街を出たものの実は地中に爆薬を仕掛けていた。導火線を走る火種を少年がおしっこで消し止め 街を破滅から救った。彼は英雄となり、やがて銅像となった!」の話を聞いたことがあります・・・って、もしかしたら・・・bellaさんの過去のブログから・・・?

しかし私が住む名古屋にも、この小便小僧のコピーがあるとは?!ほんの5年前ですね。全く知らなかったです。名古屋のどこにあるのだろう・・・?調べてみます (^_^)ニコッ!

そして・・・、エッ?!まさか・・・まさか、”小便少女”が?!けど今は”檻”の中ですか?!なんとなく分かるような分からないような・・・けど、そうせざるを得ない・・・のかったのでしょうね。

乗り継ぎの短い時間でも充実した時を過ごされ、「さすが!bellaさん!」と思う次第です。
今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブラッセル 豪華絢爛グランプラス 美食の街のムール貝 | トップページ | 今日の絵画 「  椿の実・油彩 」 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック