« ブダペスト ドナウの真珠とは彼女のこと?! | トップページ | 今日の絵画 「 スケッチ・椿の実 」 »

2020年7月24日 (金)

ブダペスト 事故直後だったけど ドナウクルーズ出かけました


ブダペスト市内の交通機関には 

トラム 地下鉄 バスなど 色々あるが、

 

 

01.   市民の足・郷愁漂うトラム

01_20200723112501

 

 


02.  街のあちこちにある地下鉄への入り口 


1896年開業の地下鉄1号線は ロンドン

イスタンブールに次いで 世界で3番目に古く、 

世界遺産に指定されている。


車体も駅舎も 超レトロな1号線と比べ

近年開業の4号線はデザインが超モダンだ。

02_20200723112501

 

 


03.  鉄道 「ブダペスト東駅 1881年~」


西欧の重要な駅舎はだいたい大きくて立派だ。

都市生活 ・ 文明の拠り所でもあり 

国威を見せつけるツールでもあるからだろう。

 


長らく 特に見せつける相手がいなかった日本の

駅舎とはマインドが全く違う。

03_20200723112501

 

 


04.  さて もうすぐ日没だ。 ドナウ川の

サンセット トワイライト ライトアップを狙って

ドナウクルーズに出かけることにした。

04_20200723112501

 

 

 


05. ブダペストのオールドタウンには4つの橋が

架かっている。 そのうち1番北の「マルギット橋

(マーガレット橋)」 から 遊覧船がスタート。 


2番目の 「くさり橋」 を越えた頃には 私は

もう シャンパンを片手に夕風に吹かれていた。

 


実はこの一週間ほど前に ここマルギット橋付近で

遊覧船が大型クルーズ船に衝突され 韓国人26人

が死亡するという事故があった (2019年夏)。


観光客には気になる事故で 私も大変不安だったが、

好奇心が勝った !

 

案の定 船はがら空きだった。

05_20200723112501

 

 

 

06.  3番目の 「エルジェーべト橋 

(エリザベート橋)」 を過ぎて 西側に現れた

のがゲッレールトの丘。  

丘の中腹に 聖ゲッレールト像がある。

 

彼は異教徒により 手押し車に張り付けられ

丘からドナウに落とされた。 西洋では 一体

何人の聖人が川に落とされれば済むのだろう!?

06_20200723112501

丘の上にそびえるのは シュラの葉を掲げる

「自由の像」。 ハンガリーをナチス・ドイツから

救ったソ連軍の慰霊碑だが、解放と同時にハンガリーを

支配した ソ連色を 今は取り除いている。

 

 

 

 

07.   4番目に現れたのが 「自由橋」。


ハンガリー建国1000年を記念して1896年に

造られた。 着工時 リベット用ハンマーのボタンを

押したのが 時の国王フランツ・ヨーゼフだった。

 


妻エリザベート橋の名は残ったが 夫ヨーゼフ橋

の名は 50年後に自由橋と改名されてしまう。

07_20200723112501

 

 

 

08.  自由橋を過ぎて しばらく走ったあと

遊覧船はUターン、再び くさり橋方面に戻った。


丁度その頃  ドナウの川幅いっぱいに 

ほのかな灯りが 鎖となってつながった。  

08_20200723112501
( ハンガリー王国の紋章と冠 ハプスブルクの鷲

を頂く自由橋 )

 

 

 

 

09. そして 夜景のハイライトが国会議事堂。


全長268m、幅118m、総面積18、000㎡

中央ドームの高さが96m、  外壁に88人の

歴史上の人物像が立ち並んでいる。

09_20200723112501

 

 

 

10. イタリア的でもあり 北欧風でもあり 

ドイツ的でもある。 内部は豪華なバロック様式。 


1922年に完成した新しい建物だから 

過去のあらゆる良きものが詰っているということだ。

10_20200723112501

 

 

 

11. ふと見上げるとくさり橋の真上に月が居た。

 

何事も起きず 無事 遊覧が終わりそう、、

お月さん ありがとう !

11_20200723112501

 

 

 

12.  出発地点のマルギット橋に戻った。


マルギット橋は1876年建造の ブダペストで

2番めに古い橋だが、 橋の落成当時 

欄干から 多くの自殺者が出たそうだ。 

 


19Cの社会背景があったことだろうが、 

華やぐ最先端の橋の上で 絶望の淵にあった人間を

ドナウがおいで、おいでと誘ったのかも知れない。 

12_20200723112501

 

 

 

13.  ドナウの悠久の流れには 殉教の聖人 

悲嘆にくれた市民 そして異国の多くの旅人、、

無数の命が呑み込まれて来た。 

 

川でなくても、 何処で暮らしても、

人生の流れとはそういうものだけれど ・・・

13_20200723112501

 

今回は 市内の各所をゆっくり回ることが

出来なかったが、 昔の記憶を辿ってみても

 


ブダペストでは

このドナウの流れさえ見ておけば充分な気がする。

 

 

 

 

*    *    *    *    *

 

« ブダペスト ドナウの真珠とは彼女のこと?! | トップページ | 今日の絵画 「 スケッチ・椿の実 」 »

ブダペスト ドナウの真珠」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
ブダペストでドナウ川クルーズ、いろんな思いが錯綜したクルーズだったようですね。
超レトロな地下鉄と超モダンな地下鉄、見てみたかったなぁ・・・(^_^;;ヘヘツ!
地下鉄の歴史、ロンドンの次はイスタンブール、そしてブダペスト・・・だったのですね?!初めて知りましたが、意外にも感じました。
ほんの1週間前に悲惨な事故があったら、やはり戸惑うでしょうが、さすがbellaさん、好奇心が勝ちましたネ!おかげで私もすっかりドナウ川クルーズ、楽しませていただきましたヨ(^_^)ニコッ!

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブダペスト ドナウの真珠とは彼女のこと?! | トップページ | 今日の絵画 「 スケッチ・椿の実 」 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック