« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月31日 (金)

今日の絵画 「 スケッチ・椿の実 」


赤い椿の実が手に入ったので スケッチした。

このあと 油絵に着手する予定だ。

 

 

 


1. 椿の実が こんなに可愛いとは知らなかった!

Photo_20200730104802

 

 

 

 

2. 椿の実が こんなに赤いとは知らなかった!

Photo_20200730104702

 

 

 

 

3. 椿の実が こんなに重たいとは知らなかった!


    だいたい玉子1個分はある。

Photo_20200730104803

 

 

 


4. 梅雨が終わりかける頃 赤い実を宿した

椿の枝が こうべを垂れていた。   

Photo_20200730104902

 

 

 

5. 日当たりの良い側面は 

子供のほっぺの様に赤く可愛いけれど、

Photo_20200730104801

 

 

 


6. 裏側は ハッとするほど色気がない。

Photo_20200730104703

 


実の表と裏、  陽と陰、 

 

その端境いの妙を捉えるのが 芸術の仕事で、 

同時に 芸術の醍醐味なのかも知れない。

 

 

 

 

7. 因みに 時期が来て実がはじけると

こんな種が現れる。 

 

この種を乾燥させ,  炒ったり 砕いたり 

絞ったりして 椿油を作り出すと言う。

Photo_20200730105101

 


自然は素晴らしい !

 

人間の知恵も素晴らしい !

 

 

 

*    *    *

 

2020年7月24日 (金)

ブダペスト 事故直後だったけど ドナウクルーズ出かけました


ブダペスト市内の交通機関には 

トラム 地下鉄 バスなど 色々あるが、

 

 

01.   市民の足・郷愁漂うトラム

01_20200723112501

 

 


02.  街のあちこちにある地下鉄への入り口 


1896年開業の地下鉄1号線は ロンドン

イスタンブールに次いで 世界で3番目に古く、 

世界遺産に指定されている。


車体も駅舎も 超レトロな1号線と比べ

近年開業の4号線はデザインが超モダンだ。

02_20200723112501

 

 


03.  鉄道 「ブダペスト東駅 1881年~」


西欧の重要な駅舎はだいたい大きくて立派だ。

都市生活 ・ 文明の拠り所でもあり 

国威を見せつけるツールでもあるからだろう。

 


長らく 特に見せつける相手がいなかった日本の

駅舎とはマインドが全く違う。

03_20200723112501

 

 


04.  さて もうすぐ日没だ。 ドナウ川の

サンセット トワイライト ライトアップを狙って

ドナウクルーズに出かけることにした。

04_20200723112501

 

 

 


05. ブダペストのオールドタウンには4つの橋が

架かっている。 そのうち1番北の「マルギット橋

(マーガレット橋)」 から 遊覧船がスタート。 


2番目の 「くさり橋」 を越えた頃には 私は

もう シャンパンを片手に夕風に吹かれていた。

 


実はこの一週間ほど前に ここマルギット橋付近で

遊覧船が大型クルーズ船に衝突され 韓国人26人

が死亡するという事故があった (2019年夏)。


観光客には気になる事故で 私も大変不安だったが、

好奇心が勝った !

 

案の定 船はがら空きだった。

05_20200723112501

 

 

 

06.  3番目の 「エルジェーべト橋 

(エリザベート橋)」 を過ぎて 西側に現れた

のがゲッレールトの丘。  

丘の中腹に 聖ゲッレールト像がある。

 

彼は異教徒により 手押し車に張り付けられ

丘からドナウに落とされた。 西洋では 一体

何人の聖人が川に落とされれば済むのだろう!?

06_20200723112501

丘の上にそびえるのは シュラの葉を掲げる

「自由の像」。 ハンガリーをナチス・ドイツから

救ったソ連軍の慰霊碑だが、解放と同時にハンガリーを

支配した ソ連色を 今は取り除いている。

 

 

 

 

07.   4番目に現れたのが 「自由橋」。


ハンガリー建国1000年を記念して1896年に

造られた。 着工時 リベット用ハンマーのボタンを

押したのが 時の国王フランツ・ヨーゼフだった。

 


妻エリザベート橋の名は残ったが 夫ヨーゼフ橋

の名は 50年後に自由橋と改名されてしまう。

07_20200723112501

 

 

 

08.  自由橋を過ぎて しばらく走ったあと

遊覧船はUターン、再び くさり橋方面に戻った。


丁度その頃  ドナウの川幅いっぱいに 

ほのかな灯りが 鎖となってつながった。  

08_20200723112501
( ハンガリー王国の紋章と冠 ハプスブルクの鷲

を頂く自由橋 )

 

 

 

 

09. そして 夜景のハイライトが国会議事堂。


全長268m、幅118m、総面積18、000㎡

中央ドームの高さが96m、  外壁に88人の

歴史上の人物像が立ち並んでいる。

09_20200723112501

 

 

 

10. イタリア的でもあり 北欧風でもあり 

ドイツ的でもある。 内部は豪華なバロック様式。 


1922年に完成した新しい建物だから 

過去のあらゆる良きものが詰っているということだ。

10_20200723112501

 

 

 

11. ふと見上げるとくさり橋の真上に月が居た。

 

何事も起きず 無事 遊覧が終わりそう、、

お月さん ありがとう !

11_20200723112501

 

 

 

12.  出発地点のマルギット橋に戻った。


マルギット橋は1876年建造の ブダペストで

2番めに古い橋だが、 橋の落成当時 

欄干から 多くの自殺者が出たそうだ。 

 


19Cの社会背景があったことだろうが、 

華やぐ最先端の橋の上で 絶望の淵にあった人間を

ドナウがおいで、おいでと誘ったのかも知れない。 

12_20200723112501

 

 

 

13.  ドナウの悠久の流れには 殉教の聖人 

悲嘆にくれた市民 そして異国の多くの旅人、、

無数の命が呑み込まれて来た。 

 

川でなくても、 何処で暮らしても、

人生の流れとはそういうものだけれど ・・・

13_20200723112501

 

今回は 市内の各所をゆっくり回ることが

出来なかったが、 昔の記憶を辿ってみても

 


ブダペストでは

このドナウの流れさえ見ておけば充分な気がする。

 

 

 

 

*    *    *    *    *

 

2020年7月17日 (金)

ブダペスト ドナウの真珠とは彼女のこと?!

 

ハンガリーの首都・ブダペストは ドナウの真珠と

称えられる美しい古都だ。  ドナウ川を挟んで 

西岸と東岸では この街の景観は全く異なっている。

 



01.  ブダと呼ばれたドナウ川の西岸(左側)は

小高い丘となっていて ハンガリー王国の王宮がある。

平坦な東岸側には ペストと呼ばれるオールドタウンがある。



北部の地域・オーブタを含め 3つの街が統合され

「ブダペスト」 となったのは1873年のことだ。

01_20200717105001

 




02.  船で行き来していたブダとペストを結んだのが

この 「 くさり橋 」 1849年。



ハプスブルク家下のオーストリア軍 ナチ下のドイツ軍

そして社会主義のソ連軍、 破壊や再建はあったが

数々の軍団や戦車が 轟々とここを渡った。


橋の両端 計4頭のライオンがその歴史の目撃者達だ !

02_20200717105001

 




03.  ドナウ西岸の丘 王宮の北側にあるのが

「漁夫の砦」、  戦いの砦ではなく 始めから

美しい景観を楽しむ都市デザインの一環だったようだ。


銅像は ハンガリー建国の父・聖イシュトヴァーン。

03_20200717105001

 




04. 漁夫の砦へは 長い階段を登って行くのだが

回廊からの眺めは 最高に素晴らしい。

04_20200717105001



 


05. ドナウ川を挟んで 堂々たる国会議事堂が

姿を現す。 大きな中央ドームと 幾つもの尖塔が

天を突き、真白き躯体は優雅なレース模様のようだ。

05_20200717105001



 


06.  さて、三位一体広場を挟んで 漁夫の砦の

向かいに 「マーチャシュ教会」 がある。

 

13C   創建時処女マリアに捧げられたこの

カトリック教会は 16Cのオスマントルコ占領時代

には モスクに模様替えされた。

 

17C再びカトリックとなると 内装も新たに

ハプスブルク帝国兼ハンガリー王国の皇帝ヨーゼフ一世と

皇妃エリザベートの戴冠式が行われた。

06_20200717105001


( 指輪をくわえたカラスは 幼少期 囚われ人と

なったマーチャシュ王が 自分の指輪をカラスに

咥えさせて飛ばし、自分の無事と居場所を母に

知らせたという伝説によるもの。 )

 

 

 



07.  戴冠式当日の 皇妃エリザベート


ドナウの真珠とは貴女のことだろうか・・・!?

07_20200717105301

 




08. 絶世の美女エリザベートは 姑とは折り合い

が悪く 厳格なウイーン宮廷生活とも肌が合わず、

心身の療養のため旅行に出ることが多かった。

 

とりわけ彼女が好んで滞在したのがハンガリー。

彼女は難解なハンガリー語を完璧にマスター

ハンガリーの文化も深く理解し、 結果

シシーというハンガリー語の愛称で呼ばれる程 

国民から愛された。

 


戴冠式には ハンガリー貴族の出身 リストが

戴冠ミサ曲を作曲・指揮を行った。

アラベスク模様のように 繊細で美しい旋律だ ・・

08_20200717105001

 




09. ドナウ川には 真っ白なエリザベート橋 ↑

も架かっている。    私はこの後 例の

くさり橋を通って 東岸のペスト街に移動した。

09_20200717105001

 




10.  ペスト側も 歴史ある古都だが 

実際に人々が生活している雰囲気があった。



ショーウインドウや看板にも 興味を引かれたが

ハンガリー語には 全く歯が立たない !

エリザベート先生にお願いしたいところだった。

10_20200717105001

( 街中にレトロな郵便ポスト? があった )

 

 




11.  商店・ホテルなどが入ったレトロなビル

11_20200717105001

 




12.  ハンガリー語が読めなくても 

女性たちの可愛らしい姿に 翻訳は要らない。

12_20200717105001

 




13.  ブダ王宮も13Cの創建以来 数々の

侵略や破壊の洗礼を受けた。 二つの世界大戦でも


大打撃を蒙ったが、  再建のお陰か ケーブルカー

も設置され 河岸から訪れやすくなっている。

13_20200717105001




さて 夕刻となり 間もなく日没だ。


ドナウクルーズを楽しむことにしよう ! 

 

 



*    *    *    *    *

 

 

 

2020年7月10日 (金)

スロバキア・ブラチスラヴァ 一度は訪れたいドナウ川の古都


スロバキアは 1993年 かつて社会主義国だった 

チェコスロバキアから分離独立、主権国家となり


2004年にはEU加盟  その後

ユーロ導入も果たし 観光客も入りやすくなった。

 

 

 


01. ここは スロバキアの首都ブラチスラヴァ。


スロバキア人に馴染み深い アンデルセン童話の

銅像がある静かな緑地道路、神戸牛の店もあった。

01_20200708142601

 

 

 

02. ブラチスラヴァはウイーンの東60km、

国土は日本の8分の1、  どんな街なのか 


想像もつかぬまま 通りに入ると、  突然

道幅一杯に 大柄な人々の列が押し寄せた。 

ものすごい風圧だ !

02_20200708142601

 

 

 

03.  私は たじろいで後ずさったが

待っても待っても 列は途切れない。

 

これだけの人々を一気に吐き出せるうつわ、と

言ったら船しかないだろう ・・

03_20200708142601

 

 

 

04. そう、ブラチスラヴァはドナウ川に面し

ウイーン~ブダペスト間を クルーズする船の

またとない寄港地。  ドナウ川は昔も今も


オーストリア スロバキア ハンガリー 

3か国をつなぐ 太いパイプだ。

04_20200708142601
 ( 左端が 聖マルティン教会 )

 

 

 

 

05.  ドナウの丘には 「ブラチスラヴァ城」 が

聳える。 12C来改築を重ねた城、 今は4本脚を

”ひっくり返したテーブル ” と呼ばれている。



チェコスロバキアは 長くハンガリーの支配下にあって

ブラチスラヴァがハンガリーの首都だったこともある。


聖マルティン教会では  ハンガリー王11人 

マリア・テレジアを含む女王7人の戴冠式が行れている。

05_20200708142601

 

 

 

06. かつて 旧市街は城壁に囲まれていたが

唯一残っているのが この 「ミハエル門」。


街の発展を妨げるとして マリア・テレジアが 

殆どを撤去させたらしいが、 現在 もっと

残っていたら 良い観光資源になっただろう。 

06_20200708142601

 

 

 


07.  「フラヴネー広場」 が街の中心だ。

この広場に 先進国のような豪華さはないが、  

面白い像でキャラクタライズされている。


左は街に幸せを呼ぶという 実在したおじさん

「ショーネ・ナーツィの像」。

07_20200708142601

 

 

 

08. マンホールから上半身を乗り出している

「 配管工・チュミル像 」

08_20200708142601

 

 

 

09.  彼はブラチスラヴァで一番の人気者だ。

どの観光客も 同じ写真を撮ってるに違いない。

09_20200708142601

 

 

 


10. フラヴネー広場に面した日本大使館。


「見張りの家と像」 は元々城壁脇に立っていた

護衛兵の像で 大使館を守ってる訳ではない。


格の高い大使館ほど 首都の高級地に置かれるものだが

広場に面した日本大使館は 悪くない立地かも・・

10_20200708142601

 

 

 


11.  スロバキアは西欧と中欧のほぼ中心に位置し

黒海とバルト海、ロシアとボヘミアを結ぶ交易路にあり 

加えてウイーンとブダペストの文化圏にあった。


ブラチスラヴァに行き交ったのは 物産ばかりでなく

有名な人々も数多 訪れたり 逗留もした。


ベートーヴェンやモーツアルト リスト 、、

ロシアからは 作曲家ルービンシュタインが来ている。

11_20200708142601

 

 

 


12. 「オペラ座」 この広場には スロバキアの

詩人・フビエズドスラヴの名が付けられている。

 

模様敷石の花の中心 マンホールの蓋が開けられた。

子供が遊んだら危ないけど ・・!

 

実はこれは クリスマスに 大きなモミの木を

差し込む穴なのだ。  広場には電飾が輝き

それはそれは楽しいクリスマスとなるに違いない。

12_20200708142601  

 

 

 


13. 「聖アルジュベタ教会 別名・青の教会 」 


旧市街を出て 少し東へ歩くと  住宅街に

何とも愛らしいお菓子のような青い教会があった。


内部もパステルブルーを中心に 白と金色の装飾が

軽やかに施され 明るい気持ちになる。 

13_20200708142601

 

20世紀初頭に建てられた新しい教会だが、

 

若い頃の私なら  教会に通いたいばかりに

クリスチャンになってしまうかも知れない・・ 

 

 

 

*    *    *    *    *    

 

 

2020年7月 3日 (金)

遊覧船で港めぐり かもめのエサは ’かっぱえびせん’


01.   ここは千葉港、

たまには 潮風に吹かれるのも悪くない 。

01_20200703104301




02. コロナの影もなく まだ自由に出歩けた夏

港めぐりの遊覧船に乗った。

02_20200703104301




03.  港を出港すると 

早速 かもめが付いて来た。

03_20200703104301

 



04.  夏休みの始まり、

大勢の子供たちが 歓声をあげる。

04_20200703104301

 

 


05.  かもめの方も よく知っている。

05_20200703104301

 

 


06.   こんな知恵者もいる !  

06_20200703104301

 

 


07.  船の中でエサを売っているのだが、

エサは なんと ’ かっぱえびせん ’ 。

 

海老で鯛を釣る、でなく えびでかもめだ ! 

07_20200703104301



 

08.   君たち 特等席だね。

自前のクルーザーで バカンス中みたいな・・

08_20200703104301

 



09.  ああァ もう終わっちゃった。 


1時間半ほどの遊覧クルージング、

楽しかった ! 

09_20200703104301

 



10.  今夏 遊覧船の運行はあるだろうか・・

 

新型コロナの2波 ・ 3波は

散りじりに砕けて 波間に消えて欲しいものだ。

10_20200703104301

 

 

 


*    *    *

 

 

 

 

 

 

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド