« プラハ 旧市街広場・ヴァーツラフ広場 スラブ魂ってどこか違う! | トップページ | 菖蒲の季節  猫も守ってます・ソーシャル・ディスタンス »

2020年6月19日 (金)

クトナー・ホラ 納骨礼拝堂 骸骨アート・人骨シャンデリア


「クトナー・ホラ」 はプラハから東へ65km、 

13~16世紀に繁栄した 世界遺産の古都だ。


街の東側にある 「セドレツ納骨礼拝堂」 では

4万人分もの人骨が 見事に飾り付けられていた。

 

 

 

01.  他のカタコンベで見たこともない

ユニークなデザインは 芸術的でさえあった !
 

チェロ型の紋章に 様々なオブジェが見える。

骨盤が骸骨の襟になっており、少女や花も見える。

01_20200618135601

 

 

02.    人骨シャンデリア。

骸骨で出来た 天国への天使の階段。 

02_20200618135601

 

 

03.  入り口の十字架飾り、 見事な大型盃、

松葉杖や子供の人形も見える。

骸骨も 幼児から大人まで大きさを揃えているようだ。


ロープ状の骸骨レース飾りの先端にも

骨タッセルが下がっている。

03_20200618135601

 

 


04.  納骨堂はこの墓地教会に付随している。

この辺りは 何百年間も 戦争や疫病で亡くなった

人達の共同墓地だった。     ある時


どんどん広がる墓地の整理の一環として

人骨の分類分け 飾り付けが始まったと言う。

04_20200618135601

 

 

05.  骸骨には殺傷痕、手術の跡なども

見受けられる。   何万体の骨の山から 


同じ部位を集め  鉄籠に整然と積み重ね、

あるものには 芸術的なオブジェとなる運命を与え、


そうした作業には どれほどの

時間とエネルギーが必要だったことだろう !

05_20200618135601

 

 


06. 教会の後見 シュヴァルツェンベルク家の

依頼で 発掘 仕分けが始まったと言うが、 


多くの根気強い作業者に加えて、 活動の中心に

とてつもなくオリジナルな芸術的才能を持つ
 
’ 骸骨アーティスト ’ がいたに違いない!

06_20200618135601

 

 


07.   地下の納骨堂には 臨時に架けたと

いう風な 木の渡り板を歩いて入った。

たまたま 何かの工事中だったかと思いきや、

 

まだまだ 辺りに夥しい人骨が埋まっており

当分は 発掘作業が続くのだと言う。


百年後には  またデザインの異なる 

別のホールが出来てるかも知れない。

07_20200618135601

 

 

*    *    *

 

 


08.    次は街の東側にある

「 聖バルバラ教会 1388年創建 」 に移動。

 

クトナー・ホラは 13Cに良質の銀が発見されてから

繁栄が始まり、  王立造幣局が設立され、

国王がしばしば滞在するほどの立派な街となった。


この教会も プラハに負けじと対抗して建てられたものだ。

08_20200618135601

 

 


09.    天井に描かれた絵も美しいが、 


豪華祭壇の中心に据えられた ’最後の晩餐’ の

食卓を囲むイエスや使徒達の 見事な銀の衣装は

さすが 銀の特産地ならではの重厚感を放っていた。

09_20200618135601

 

 


10.   教会から 街の美しい風景が望めた。


左側は 旧イエズス会大学、  画面の奥には

鉱山博物館がある。  当時の銀鉱跡も保存され

ガイドツアーで見学できる。

10_20200618135601

 

 

 

11.  教会内には 17Cの炭鉱労働者像や

貨幣鋳造職人たちの フレスコ画があった。


聖バルバラは 石工 消防士 鉱夫など 鉱山や

火を扱う危険な場所で働く人々の守護聖人だ。

 


プラハに次ぐほどの栄華を築いたクトナー・ホラも 

16Cに銀が枯渇し始めると共に 街は衰退した。


銀の切れ目が 街の繁栄の切れ目だった ・・

11_20200618135601

 

 

 

12.  教会の外は 相変わらずの好天だ。 緑地に

何やら 高級そうなワンちゃん達が集って来ていた。 

12_20200618135601

 

 


13.  私・日本人に対してはとても好意的だったが

いかんせん 犬種についての会話はチンプンカンプン、


ボルゾイなど 頭が小さく 痩身で 脚が長く 背が高い

要するに 人間で言ったらスーパーモデルみたいな

カッコいい高級犬種の 特別なお集まりだったらしい。

13_20200618135601

 


カタコンベにも 色々な作り方があって、 

旅行先で それらを見て歩くのも 一興だ。

 

生々しく悲壮な死と カタコンベの骸骨たちの間には

時間空間の隔たりと共に 大きな概念の差がある。 

 

 

どうせなら セドレツ納骨礼拝堂みたく

アーティスチックな装飾法も有りだろう ・・

 

 

*          *         *         *         *

 

 

 

 

« プラハ 旧市街広場・ヴァーツラフ広場 スラブ魂ってどこか違う! | トップページ | 菖蒲の季節  猫も守ってます・ソーシャル・ディスタンス »

チェコ チェスキー・クルムロフと骸骨教会」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
・・・いやはや、ビックリしました (゚o゚)ナニッ!
このような礼拝堂があるとは?!死後、埋葬されたものの発掘・仕分けされこのようなアートに生まれ変わったのですね。これらの故人たち、喜んでいるかな?それとも・・・いろんな考え方があるでしょうね。

チェコスロバキアという国がそれぞれ分離独立して、もう2~30年経つでしょうか?「プラハの春」と呼ばれて以来、平和が続いているのが何よりです。

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プラハ 旧市街広場・ヴァーツラフ広場 スラブ魂ってどこか違う! | トップページ | 菖蒲の季節  猫も守ってます・ソーシャル・ディスタンス »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック