« チェスキークルムロフからプラハへ ヴルタヴァ川からモルダウ川へ | トップページ | プラハ カレル橋 聖人が橋から投げ落とされた場所はここです »

2020年5月29日 (金)

プラハ城と聖ヴィート大聖堂 王の道を辿ります


チェコの首都 プラハのシンボルと言えば 

ヴルタヴァ川の西岸、フラッチャニの丘に聳える

「 プラハ城 」 だ。

 

 


01. 城の中心に建つ「聖ヴィート大聖堂」 は

丘からさらに100m分 尖塔を空に伸ばしている。

 


堂々たる大聖堂は 圧倒的な威容を誇っており、

さらに ミュシャの絵画を彷彿とさせる

いかにもボヘミアンなムードも漂わせていた。

01_20200529100101

 

 

 

02.   丘の上では プラハ城の建物が 

一艘の船のような形で 大聖堂を取り囲んでいる。


旧王宮 宮殿 教会 修道院 美術館等の建物の他

現在の チェコ共和国の大統領府も置かれている。

 


一方 丘から見た市街地の眺めも素晴らしい !

02_20200529100201

 

 

 


03. 左に大聖堂 右に大統領府、 正に写真通り

プラハ城は常に 宗教と政治 両方の中心地だった。 

 


ナチスの時代 共産主義時代 プラハの春以降も

政冶の本部はここに置かれた。     写真は

チェコスロヴァキア共和国時代の大統領入城の様子。

03_20200529100201

 

 

 


04. 宗教的にも 大国の勢力争いに翻弄されて

きたチェコだが、神聖ローマ皇帝 ハプスブルク家 

オーストリア皇帝など  歴代の主はこの聖堂を

信仰の拠り所として来た。


つまりプラハ城は いつの世も 聖・政の要だった。

04_20200529100201

 

 

 


05.  プラハ城の隣に 大司教宮殿がある。

丁度 大聖堂に向けて大司教がお出ましになった。


シンプルながら 高貴で華やかないでたちだ。


大道芸人さん 色合いは似てますが ・・・

05_20200529100201

 

 

 


06.  城の内側から 城の正門を見る。

「戦う巨人たち」 の彫像が有名だ。

06_20200529100201

 

 

 


07. 正門の外側 衛兵が直立不動で立っている。


午前中の衛兵交代式は ごくささやかだったが、

毎日正午の交代式は もっと華やかだそうだ。


ベレー帽の兵士は 実務的な警備に就いている。

私も衛兵を追いかけての再入場を阻止された !

07_20200529100201

 

 

 


08.  さてこれから 「王の道」と呼ばれる

2.5kmにわたる歴史的な道を降りて行く。


1458年から1836年まで 時代が変わる度、

歴代の王が華やかな戴冠パレードを行ってきた道だ。

08_20200529100201

 

 

 


09. 実際の入城パレードは 下町から丘へ進んだ。


かつての城門だった火薬搭を起点として、 

520mのカレル橋を渡り 写真のネルドヴァ通り

の坂道を越え プラハ城に至るコースだ。 


行列も祝う市民も それはそれは盛大で華かだった!

09_20200529100201

 

 

 


10. 当時住所には番地がなく、王の道に面した

家々は 正面に様々な紋章を付けて目印とした。


一角獣 鷲 赤獅子 白獅子 太陽 ゴブレット

ぶどう 羊 金の熊 等々 見つけるのも一興だ。

10_20200529100301

 

 

 


11.  「マラー・ストラナ広場」 まで降りると

プラハ城は 既にずっと上の方に見えた。

11_20200529100301

 

 

 


12. カレル橋手前の小広場を クラシックカーの

10台ほどの軍団が走り抜けた。 観光ツアーだ!


商売のカメラマンを従えて ウエディングドレス撮影

風景も あちこちにあった。

 

同じアジア人でも こういう撮影は 

最近 日本人の中では流行らないように思う ・・

12_20200529100301  

 

 

 


13. いよいよまずは 目玉のカレル橋に到着した。

王の道はまだ道半ば。  続きが楽しみだ。

13_20200529100301

 

それにしても 観光客がワンサといるようだ。

 


多分 それも楽しく面白いことだろう !

 

 

 

*    *    *    *    * 

 

« チェスキークルムロフからプラハへ ヴルタヴァ川からモルダウ川へ | トップページ | プラハ カレル橋 聖人が橋から投げ落とされた場所はここです »

チェコ プラハ」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
プラハの続き、楽しく拝見させていただきました。
私が子供のころは、と言うか学生時代のころも、チェコではなくチェコスロバキアという国でした。
民族間の紛争などで、国が分裂し今に至っていますね。
20年ほど前だと思いますが、あるTV番組でプラハの様子が映し出されていました。
若い学生たちが自由を楽しんでいるような映像でした。
今はさらに自由を楽しんでいるようですね。

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チェスキークルムロフからプラハへ ヴルタヴァ川からモルダウ川へ | トップページ | プラハ カレル橋 聖人が橋から投げ落とされた場所はここです »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック