« 今日の絵画 「 ドミティエンヌ 」 のパリ便り | トップページ | チャイティーヨーのゴールデンロック・落ちそで落ちない聖なる岩 »

2020年4月17日 (金)

ヤンゴン スーチーさんの住む家  落ちそうで落ちないもの!

ミャンマーの首都 ・ ヤンゴンには 1885年に 英国の

植民地となって以来の 「東の庭園都市」 と呼ばれる

美しい地域と 多民族が混在する雑多な市街地が存在する。

 

 

 


01.  ここが アウンサン・スー・チーさんが住む家


大学や大使館が建つ インヤー湖畔の高級住宅街にある。

スーチーさんの父 ・ アウンサン将軍の写真が掲げられていた。

01_20200417161701



 


02.  邸宅は 湖に面した広大な敷地の中にあり、

現在は 国民民主連盟 ・ NLDの本部となっている。


スーチーさんを守るのか 見張るのか分からないが

門前には警備小屋が建っていた。

02_20200417161701

 

 

 


03.  こちらは 街の中心部近くにあるレストラン

House of Memories。  かつてこの建物内に

ビルマ建国の父・アウンサン将軍の執務室があった。

 

彼は英国からの独立を目の前に 暗殺により非業の死を

遂げたが、今日でも国民から深い敬愛が寄せられている。

03_20200417161701

 

 

 


04.  一方 花の髪飾りが映える 長女スーチーは 

長く植民地支配を受けた英国へ留学  英国人と結婚、


帰国後の 軟禁生活に耐えた後の政治活動は
 
軍部との実権を巡る綱引きの末 国の民主化に頓挫、


仏教徒が多数を占るミャンマーに起きた イスラム系民族

ロヒンギャを巡る事件では 国際社会から糾弾され、 


ノーベル平和賞受賞後も 彼女には多難な人生が続いている。

04_20200417161701

 

 

 

 

05.   さて、街には 日本の中古車が結構走っていた。

’国分幼稚園’ とか  ’日本フルハーフ’ など 

日本語がそのままだ。


再塗装の費用もあるが 日本車への誇りもあるらしい。

05_20200417161701

 

 

 

 

06.    一番手前の車両も SUZUKI だ。


さてこれから ヤンゴンから180km北 ミャンマーを

代表する聖地 「 チャイティーヨー・パゴダ 」 に向う。

06_20200417161701

 

 

 

 

07.  ふもとの町で ’ トラックバス ’ に乗り換え 

40分程かけ頂上に向った。  バスは 急峻な山道を 


倒れそうで倒れない角度、  落ちそうで落ちない

ハラハラ絶妙のバランスで、  登って行った。

07_20200417161701

 

 

 

 

08.    山頂ターミナルに着くと 多くの駕籠かきが

待っていた。  あと一息 長い参道を歩かねばならない。


籠で 自分ちの椅子のように休憩する彼らを見て 正直

彼らの頭や尻と同じところに 座りたくないと思ったもの・・

08_20200417161701

 

 

 

 

09.  チャイティーヨー・パゴダの門まで 5~600m、

なんと お客一人を 駕籠かき4人で運んでる !

09_20200417161701

 

 

 

 

10.    お参りを済ませた人々、

バスターミナルの出店で 軽く腹ごしらえ。

10_20200417161701

 

 

 

 

11.  バストラックのターミナル風景は何とも興味深い。 


トラックの荷台には ぎゅうぎゅう詰めで座席が作られ、

もちろん通路はないから 乗客は 真横から跨いで入る。

11_20200417162001

 

 

 

 

12.  巡礼者も観光客も座席を確保してほっと一息・・


乗り場のプラットホームは背が高く 足元はスカスカで

ちょっとバランスを崩したら落ちそうだ。


でも慣れたミャンマー人、 落ちそで 落ちない !

12_20200417161701

 

 

 

 

13.  ここが チャイティーヨー・パゴダへの入り口。

ここから履物を脱いで裸足で進む。    この先に 

転げ落ちそうな危ういバランスで静止した 金色の大岩、

熱烈な信仰の対象 「 ゴールデンロック 」 がある。 

13_20200417161701

 

トラックと言い、  バスターミナルと言い、

ゴールデンロックと言い、

 


落ちそで 落ちないのが ここの文化だろか !?

 

 

 

 


*    *    *    *    *

 

« 今日の絵画 「 ドミティエンヌ 」 のパリ便り | トップページ | チャイティーヨーのゴールデンロック・落ちそで落ちない聖なる岩 »

ミャンマー ヤンゴンと郊外」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
ミャンマーの旅の続きですね。
アウンサンスーチーさん、ロヒンギャの問題はしばしば新聞で目にします。
とくにロヒンギャの問題は、今も深刻なようですね。
街なかを走る日本製のバスやトラックに書かれている日本の企業や幼稚園名、ネパールでもかつて同じような中古の日本車を見ましたよ。
06.の写真にKFCが(゚o゚)ナニッ!ミャンマーにもKFCがあるのですね。
チャイティーヨー・パゴダまで5~600mを駕籠かき4人ですか・・・(-_-)ウーン...?!
バスターミナルが面白いですネ!あのようなバスターミナルは初めて見ました。
バスと言ってもトラックの荷台ですもんねぇ!並んでいる一から皆一斉に跨いで乗り込むのかな?何だか面白そう・・・(笑)!

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の絵画 「 ドミティエンヌ 」 のパリ便り | トップページ | チャイティーヨーのゴールデンロック・落ちそで落ちない聖なる岩 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック