« マンダレー 最後の王朝・旧王宮 川岸に住む人・川砂を採る人 | トップページ | ミャンマー カックー・パゴダ 信心深いパオ族と綺麗なお姉さん »

2020年3月 6日 (金)

ウー・べイン木橋・夕日の絶景 小鳥を空に放して功徳を積む

ミャンマー第2の都市 マンダレーの南12km付近に

かつての王都 「 アマラプラ 」 がある。


その町はずれのタウンタマン湖に 

「 ウー・べイン橋 」 という木橋が架かっている。

 

 

 


01.   160年前に造られたこの橋は 修復を重ね

ながら 現在でも対岸との往来に役立っている。 


ウー・べイン橋は 全長1.2km。

趣きあるこの木橋と夕日のコラボが絶景だ ! 

01_20200306104901

 

 


02.  12月中旬夕方4時半頃、 湖畔の観光ボート

の向こう側に 白いパゴダが輝いていた。    

お坊さんもスマホ中。

観光バスもつめかけていたが、 中には ”防長バス ”

など日本語をそのまま残すものもあった。

02_20200306104901

 

 


03.  この橋は アマラプラの市長だった

ウー・べインという人物が かつての王都インワから

チーク材を運び 造らせたものだ。


チークは材質が固く 収縮率が低く 水に強いので

もともと船舶 そして橋にも向いている。

 


雨季は橋の足元は水に浸かり こんな風に歩けない。

季節によって景観がだいぶ違うようだ。 

03_20200306104901

 

 


04.   橋の入り口で。

04_20200306104901

 

 


05.   観光ボートと漁師の船が混在している。

05_20200306104901  



 

06.   橋の所どころに 屋根付き・屋根なし休憩所

があり、観光客相手に いろいろなものが売られている。

06_20200306104901

 

 


07.   橋は向こう岸の町まで続いているが、

橋の景観そのものが目玉だから 観光客は

ある程度行ったら 引き返すことになる。 


写真の一団は 佇まいから 豊かな学生の様に見える。

07_20200306104901

 

 

 


08.   そろそろ もとの方向に踵を返えすことに。

ちょうど太陽も沈みかけだ ・・

 


橋の下にも いくつかのカフェや休憩所がある。

これはレストランの屋根で 熱帯植物の葉っぱ葺きだ。 

08_20200306104901

 

 

 


09.    橋から河原に降りる木の階段があった。


シルエットなら ヴェニスのゴンドラに負けてない。 

09_20200306104901

 

 

 


10.  赤い夕日は元より、 岸辺と 鏡の様な湖面が

入り組む風景があってこその 幻想的な一瞬だ !

10_20200306105001

 

 

 


11.   低い位置から見る 夕日と橋の影絵が

何故か謎めいて ロマンチック。

11_20200306105001

 

 


12. 日が沈み切ると 風景はグレースケールとなり、 

白いお寺が うす紫のシルエットとなった。

12_20200306105001

 

 


13.  さて 帰り道、 橋のたもとに女性が座っていて、

籠には ぎっしりとすずめが入っていた。

 


多くの仏教国で見られる  ’ 放鳥やさん ’ だ。

客は すずめを買い取って 空に放してやることで

功徳を積むことが出来る !

13_20200306105001

 

 


仏像に金箔を貼ったり、 托鉢のお坊さんに食べ物を

分けたり、     仏塔や仏像そのものを寄進したり、 

そして 小鳥を空に帰したり、、、


功徳を積む方法を 彼らは本当に真剣に模索している。

 

 

 

宗教心の薄い私などは ただ遠巻きに かごの鳥に

好奇の目を投げかけただけでありました ・・

 


 

*   *    *    *    *

« マンダレー 最後の王朝・旧王宮 川岸に住む人・川砂を採る人 | トップページ | ミャンマー カックー・パゴダ 信心深いパオ族と綺麗なお姉さん »

ミャンマー・マンダレー」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
ミャンマーの旅の続き、拝見しに来ました(^_^)ニコッ!
1.2Kmもの木橋、なかなか!ですね。映画”ビルマの竪琴”の中で、中井貴一さん演じる水島上等兵が所属していた部隊の捕虜収容所の街まで戻ったものの、翌日来た道を引き返す途中の橋で部隊の仲間とすれ違う様子を思い出しました。
学生たちの写真、みんな”指パッチン”しているような・・・?!
放鳥屋さん、あの籠に入っているスズメ、自力で捕まえて売っているのかな?小鳥大好きの私としては、とても信じられない光景です・・・(;_;)グスン!

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マンダレー 最後の王朝・旧王宮 川岸に住む人・川砂を採る人 | トップページ | ミャンマー カックー・パゴダ 信心深いパオ族と綺麗なお姉さん »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック