« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月27日 (金)

インレー湖 縦の糸はロータス・シルク 鏡餅!5体の金箔仏像

ミャンマー中央部 シャン高原にある 「 インレー湖 」 、

沿岸地帯には   いくつかの伝統工芸品があるが

” ロータス・シルク ” は その一つだ。

 

 

 


01.   シルク、 っと言っても 正体は蓮の繊維。


蓮の茎から繊維を剥ぎ取り 紡いで糸にするという

超絶繊細な作業が 現在でも 手で行われている。

01_20200325160701

 

 


02.  インレー湖西岸には  仏教寺院や伝統工芸の

工房などが 多く点在し、  染色・織物工房もある。

02_20200325160701

 

 


03、  さて、 剥ぎ取られた 30~50cm位の

蓮の繊維は  昔ながらの糸車を回しつつ 

ベテラン職人の指先で紡がれ 1本の糸になる。


どれ程 熟練の技が必要なことだろうか !

03_20200325160701

 

 


04.  ここは  「 ミャー・セッチャー工房 」

1932年来 約100人の職人が働いている。 

04_20200325160701

 

 


05.   機織り機越しに 湖面と小舟が光る。


縦の糸がロータス、 横の糸が木綿

逢うべき糸に  出逢えることを

人は仕合わせと呼ぶ ・・・


そして 織りなす布は さすがに高く、

行きずりの客は 気軽に買えない ・・

05_20200325160701

 

 


06.   ” 自家用車 ガレージ  ” 

06_20200325160701

 

 


07.    次は 有名なパゴダに向かう。

この辺り、
ヴェニスの運河風景を彷彿とさせる。


大運河 小運河 そしてリアルト橋みたいな架け橋 、、

船や橋の素材は違っても 水に生きる人の営みは同じ。

07_20200325160701

 

 

 


08.   「 ファウンドーウー・パゴダ 」 着。

都会的なお姉さん、 お洒落 !

08_20200325160701

 

 

 


09.    1955年に新築されたこのパゴダは 

豪華絢爛、鄙びた田舎を見た後では目が覚めるようだ!

09_20200325160701

 

 

 


10.  建物は新しいが、 12Cにバガンの王が

残したとされる5体の仏像が 本尊として祀られている。


皆 裸足になって祈りを奉げる。

10_20200325160701

 

 

 


11.  五体の仏像に金箔を貼り 功徳を積むのは

男たち。 女性は台座に上がることを許されてない。


仏塔ではどこでもそうだから  ミャンマーで

目くじらを立てる女性はいないようだ。

11_20200325160701

 

 

 

12.  ところで、 5体は当初 小さい木彫りの

仏像だったらしい。    1934年の写真では 

法衣を着せられ、まだ仏像らしい形態を留めている。

 


それが2019年末 鏡餅みたいなこのお姿はどう!

12_20200325160701

 

 

 


13.  ビルマ (ミャンマー) の歴史的 社会的

経済的変遷を経て  お参りに来る人たちの人数は

昔より 何倍にもなったに違いない。

 


100年後は 

どんな ’ 球体 ’ になっているだろうか!?

13_20200325160701

 

それにしても この煌びやかで 華やかな装飾は

なんて魅力的なのだろう ・・

 


侘び寂びを良しとする日本人にも  

こんな 率直な 
愛らしい装飾への憧れが 

少なからず心に潜んでいると思う 。

 

 

 

 


*    *    *    *    *

2020年3月20日 (金)

ミャンマー・インレー湖 水上生活と浮き畑 子供はミャンマーの宝


ミャンマー中央部 シャン州シャン高原の

標高900mあたりに 「 インレー湖 」 がある。

 

 

 


01.  南北に22km 東西に6kmの細長い湖、

先進国と一味違う 穏やかで美しい沿岸風景が広がる。


湖の東岸に 観光スポットは少ないが、 人々の

一風変わった住まい方を 垣間見ることが出来る。

01_20200320135901

 




02. 水上生活をする彼らの足は 手漕ぎボートだ。

02_20200320135901



 


03.  乾季なら水深2m 雨季なら6mくらい、


湖水に突き刺さる幾百の木材は 水に強いチーク材

だろうか。 家屋の構造や暮らし方に 経験から得た

彼ら独特の工夫が 施されていることだろう。

03_20200320135901



 


04.   水道・電気 パラボラアンテナもある。

猫だって 自家用ボートを持ってマス !?

04_20200320135901



 


05.  インレー湖の農地は 独特な ” 浮き畑 ” だ。

湖に植生する浮草を大量に集め、その上に湖底の土を載せる。


浮草農地は水位に応じて浮き沈みはするが 水中に没して

しまうことは無い。   トマト ナス 稲などの植え付け 

収穫作業は 全て船に乗って行われる。

05_20200320135901

 

 


06.   子は宝、 そして 素晴らしいバランス力

06_20200320135901

 




07.    ” 行ってらっしゃい ! ”

07_20200320135901

 




08.   ここは ミャンマー版 ’ 学童保育  ’。


みんな 意外とちゃんと 勉強している 、、 

子供はミャンマーの宝。

ミャンマーの時代は 遠からず きっとやって来る ! 

 

 

ノートを見せてもらうも ミャンマー文字の壁で苦戦!

08_20200320135901

 

 

 


09.     薄暗くて  少々ピンボケ、

でも子供達の元気は伝わる !?

09_20200320135901

 

 

 


10.     湖面を彩る可憐な蓮の花

10_20200320135901

 

 

 


11. さて 水上生活の家々は大変興味深かったが、

実際のところは 当然ながら 普通に陸地で暮らす

人々の方が多い。        そして、

 


彼らの暮らしぶりも 水と密接に結びついている。

家のそばを流れる水路は 生活の要だ。 

11_20200320135901

 

 

 


12.    ”  あっ 危ない、 落ちる !!  ”

12_20200320135901

 

 

 


13.   いえいえ、 これは インター族の漁の仕方。

片足のみでバランスを取ることによって

漁の自由度が増すのだそうだ。

13_20200320135901

 

因みに インレー湖観光には 観光用のボートがある。

漁師の船と比べ  細長い点は同じだが

一列に綺麗な座席が並び モーターも付いている。

 

 

インレー湖の主な観光スポットをボートで巡ったが

飛沫を上げながら 凄いスピードで走るので

めっちゃ爽快だった ~ !

 

 

 

引き続き 南岸 西岸の観光スポットを巡ります ~

 

 

 

 

*    *    *    *    *

2020年3月13日 (金)

ミャンマー カックー・パゴダ 信心深いパオ族と綺麗なお姉さん

ミャンマーの中央部 シャン州シャン高原の山間部に 

「 カックー 」 という

2478基の仏塔が建つ不思議なムードの聖域がある。

 

 

 


01.    カックーに入るには 

手前の町タウンジーで入域料を支払い、地元パオ族の

ガイドが同行することが義務付けられている。


ガイドは英語を話せる大学生など インテリだ。


’タナカ’ を塗る現地人と比べ 化粧も上手で 

現れた時は ハッとするほど綺麗に感じた。

01_20200313104001

 

 


02.   レストランで 頭飾りを巻いて見せる。


パオ族は龍の子孫を自認しており、ターバンは龍を

意味している。     黒い服も民族衣装だ。

02_20200313104001

 

 


03.   いよいよカックーの仏塔寺院遺跡

「 カックー ・ パゴダ 」 にやって来た。


仏塔建設は12世紀に始まり 16~18世紀に最盛期を

迎えたが、   1975年の大地震で崩壊したり

2016年の台風で被害を受けたりした。

まだ 一部尖塔が曲がっているものもある。

03_20200313104001

 

 

 


04.    航空写真にある通り (右上) ↘

2478基の仏塔がびっしりと遺跡を埋め尽くしている。
 

搭の形や 搭内部の仏像は 部族や個々の家系により

多種多様で とても個性的だ!


金色の仏像も鎮座していたが 銃をもった兵士も鎮座。

部族間の争いや 中央に反する分子がいるのか不明だが、 

写真をお願いすると 銃を背中にどけてくれた。

04_20200313104001

 

 

 


05. 仏塔は 当時の王朝から 各家庭で一基づつ

寄進するよう命ぜられたもので、 寄進者の種族 

地位 財力に応じた特徴が出ているが、全体的には

彫像や装飾に インド仏教の影響が見られる。

 


このパゴダ遺跡、 外国人に開放されたのが

2000年で、 まだメジャーな観光地ではない。

05_20200313104001

 

 

 


06. 地域のパオ族の暮らしも 少々垣間見てみた。


綺麗な現地ガイドのお姉さんと違って、

村には 現実的な ありのままの生活があった。

06_20200313104001

 

 

 


07.    素朴な家の作りの割に、

大きく立派な神棚に 驚かされた。

07_20200313104001

 

 


08.  裸電球と囲炉裏、部族の長らしき人物の写真。

鍋の湯気と煙が漂う 薄暗い室内。 
   

質素ながら堅実で信心深いパオ族の生活の一端を見た。

08_20200313104001

 

 


09.   入域料を支払った町、 タウンジーの賑わい。

09_20200313104001

 

 


10.     パオ族の肝っ玉母さんたち

10_20200313104001

 

 


11. モーターバイクの広告塔が 何だか 別世界的 !

11_20200313104001

 

 


12.    さて、こちらは地元の公立小学校。

本当に可愛らしい !

12_20200313104001

 

 


13.   カックー・パゴダの門前で出会った子供達。  

制服を着ているところを見ると、多分私立小学校だろう。


もしかして 仏教寺院が経営する私立校かも知れない。

ある程度 経済的に恵まれた家の子たちだろう。

13_20200313104001

 


カックー ・ パゴダという 稀有な遺跡を見に 

一日がかりで やって来た奥地だったが、 


思いがけなく パオ族の現代生活を垣間見られ

大変面白い旅となった。 

 

 

 


*   *    *    *    *

 

 

 

 

 

 

2020年3月 6日 (金)

ウー・べイン木橋・夕日の絶景 小鳥を空に放して功徳を積む

ミャンマー第2の都市 マンダレーの南12km付近に

かつての王都 「 アマラプラ 」 がある。


その町はずれのタウンタマン湖に 

「 ウー・べイン橋 」 という木橋が架かっている。

 

 

 


01.   160年前に造られたこの橋は 修復を重ね

ながら 現在でも対岸との往来に役立っている。 


ウー・べイン橋は 全長1.2km。

趣きあるこの木橋と夕日のコラボが絶景だ ! 

01_20200306104901

 

 


02.  12月中旬夕方4時半頃、 湖畔の観光ボート

の向こう側に 白いパゴダが輝いていた。    

お坊さんもスマホ中。

観光バスもつめかけていたが、 中には ”防長バス ”

など日本語をそのまま残すものもあった。

02_20200306104901

 

 


03.  この橋は アマラプラの市長だった

ウー・べインという人物が かつての王都インワから

チーク材を運び 造らせたものだ。


チークは材質が固く 収縮率が低く 水に強いので

もともと船舶 そして橋にも向いている。

 


雨季は橋の足元は水に浸かり こんな風に歩けない。

季節によって景観がだいぶ違うようだ。 

03_20200306104901

 

 


04.   橋の入り口で。

04_20200306104901

 

 


05.   観光ボートと漁師の船が混在している。

05_20200306104901  



 

06.   橋の所どころに 屋根付き・屋根なし休憩所

があり、観光客相手に いろいろなものが売られている。

06_20200306104901

 

 


07.   橋は向こう岸の町まで続いているが、

橋の景観そのものが目玉だから 観光客は

ある程度行ったら 引き返すことになる。 


写真の一団は 佇まいから 豊かな学生の様に見える。

07_20200306104901

 

 

 


08.   そろそろ もとの方向に踵を返えすことに。

ちょうど太陽も沈みかけだ ・・

 


橋の下にも いくつかのカフェや休憩所がある。

これはレストランの屋根で 熱帯植物の葉っぱ葺きだ。 

08_20200306104901

 

 

 


09.    橋から河原に降りる木の階段があった。


シルエットなら ヴェニスのゴンドラに負けてない。 

09_20200306104901

 

 

 


10.  赤い夕日は元より、 岸辺と 鏡の様な湖面が

入り組む風景があってこその 幻想的な一瞬だ !

10_20200306105001

 

 

 


11.   低い位置から見る 夕日と橋の影絵が

何故か謎めいて ロマンチック。

11_20200306105001

 

 


12. 日が沈み切ると 風景はグレースケールとなり、 

白いお寺が うす紫のシルエットとなった。

12_20200306105001

 

 


13.  さて 帰り道、 橋のたもとに女性が座っていて、

籠には ぎっしりとすずめが入っていた。

 


多くの仏教国で見られる  ’ 放鳥やさん ’ だ。

客は すずめを買い取って 空に放してやることで

功徳を積むことが出来る !

13_20200306105001

 

 


仏像に金箔を貼ったり、 托鉢のお坊さんに食べ物を

分けたり、     仏塔や仏像そのものを寄進したり、 

そして 小鳥を空に帰したり、、、


功徳を積む方法を 彼らは本当に真剣に模索している。

 

 

 

宗教心の薄い私などは ただ遠巻きに かごの鳥に

好奇の目を投げかけただけでありました ・・

 


 

*   *    *    *    *

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド