« ミャンマー・インワ 女たちは船を待ち、男たちは馬車で待つ | トップページ | ウー・べイン木橋・夕日の絶景 小鳥を空に放して功徳を積む »

2020年2月28日 (金)

マンダレー 最後の王朝・旧王宮 川岸に住む人・川砂を採る人


ミャンマーのほぼ中央部に ミャンマー第2の都市

「 マンダレー 」 がある。    当時のビルマが

英国の植民地となるまで ここに王朝が置かれていた。

 

 

 

01.   「 旧王宮 」、    1858年に即位した

ミンドン王は それまでアマラブラに置かれていた首都を

マンダレーに移すことを決め 王宮を始め仏塔や寺院など

壮大な建物を 街のあちこちに建設した。

01_20200228153001

 

 


02. この旧王宮は第二次大戦で焼失後 復元された

もので、見事な外観だが 内部に見るべきものは少ない。


英軍が奪った当時の財宝の一部は ロンドンの

ヴィクトリア&アルバート美術館に収蔵されている。


それに 現在も 大部分は軍事施設となっていて 

観光客が入れるのはごく一部分だけだ。

02_20200228153001

 

 


03.   これがミンドン王。  ’ 王様と私 ’、

シャム王を演じた 渡辺謙に似た風貌だ !

03_20200228153001

 

 


04. 1885年 王宮完成の僅か24年後 後継者

ティーボー王の時代に 宮殿は英国の支配下に置かれた。


当時インドシナ半島は ヨーロッパ列強による植民地化が

進んでいて、 イギリスはインドに続いてビルマまでを 

フランスは カンボジャ ラオス ベトナムを獲り、 

緩衝帯的存在となったタイは 植民地化を免れた。

 


ティーボー王は捕えられインドに幽閉され 王朝は消滅。

今でもインドのラトナギリに王の子孫が住んでいると言う。

04_20200228153001

 

 


05.  王宮は 一辺が3kmの正方形をしていて、

高さ8mの城壁と 幅70mの濠に囲まれている。


五層屋根の建物が 中央王宮、

手前の白い建物は 王が使ったプール。


赤い屋根が 碁盤の目のように整然と並んでいて、

いにしえの奈良の都 さらに長安が 頭に浮かぶ。

05_20200228153001

 

 


06.   ミャンマー伝統の巻きスカート ・ ロンジー、

若いお嬢さんたち ウエストも細くスラッとしている!


ロンジーは筒状になっていて 身体を通したら 男は前 

女は横で 余った布を締めて固定させる。

06_20200228153001

 

 


07.   マンダレーの市街地も 碁盤の目のように

東西南北規則正しく 整然と区割りされているが、


通りの店々からは 東南アジアの国らしく

雑然としたエネルギーが溢れ出している。

07_20200228153001

 

 

 


08.  ホテルの窓からも コンクリートのビル、

仏閣、 門前のゴミ、 そして手押し屋台など 

渾然雑多なものが 目に入った。

08_20200228153001

 

 


09.  さて 王宮の西方にはエーヤワディー川が

流れているが、 川岸に なにやら生活の匂いがした。

09_20200228153001

 

 


10. 川岸にしゅんせつ船が停泊し 川砂を採っている。

10_20200228153001

 

 


11.   川底から パイプで土砂が吸い上げられ,

砂は残り、 水分は再び川に流れ帰る。

11_20200228153101

 

 


12.   砂山を背にした土手には 鍋 バケツ等が

ずらりと並び、すっかり ’自宅の ’ 台所と化している。

 


川岸の小さな小屋群は もしかして 川砂を採る人々の

家だろうか・・        いずれにせよ、  


川沿いに 無断で!?暮らす 人々がいるようだ。

12_20200228153101

 

 


13.   このあと 160年の歴史を持つ木橋、

ウー・べイン橋に 夕日が沈むのを見に行く。

 


バスの日除けの青いガラス越しに 乗合トラックが

並走するのが見えた。  お坊さんの一群だ ・・

13_20200228153101

 

 

どんな木橋だろうか ・・・


どんな夕日が見られるだろうか ・・

 

 

 

*    *    *    *    *

 

 

 

« ミャンマー・インワ 女たちは船を待ち、男たちは馬車で待つ | トップページ | ウー・べイン木橋・夕日の絶景 小鳥を空に放して功徳を積む »

ミャンマー・マンダレー」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
ミャンマー第二の都市マンダレー・・・ミャンマー自体、私には未知の国。マンダレーの地名さえ知りませんでした。
旧王宮、すごく立派ですね。七重の塔が権力の強さを物語っているような・・・?!
碁盤の目のように造られた街は、古の中国の時代(隋や唐など)の影響でしょうか?
通りの様子は、「これぞ”東南アジア”!」と言った雰囲気が感じられます。人々のエネルギーが伝わってきますよネ!
川岸で暮らす人々の様子も、やはり同じ雰囲気ですね。
私がかつて3度も訪れたネパールの雰囲気にも似ていて、訪れたことがないのにも関わらずとても懐かしく思いました。

今夜もバーチャル旅行、楽しませていただきました。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミャンマー・インワ 女たちは船を待ち、男たちは馬車で待つ | トップページ | ウー・べイン木橋・夕日の絶景 小鳥を空に放して功徳を積む »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック