« 「天狗の社・古峰神社」 天狗の御朱印30種余あります! | トップページ | ミャンマー・バガン タナカ美人・巨大パゴダでの祈り方 »

2020年1月31日 (金)

ミャンマー・バガン 川岸の巨大黄金の塔・あちこち犬だらけ


ミャンマー中部 エーヤワーディ川沿いにある 「バガン」 は 

2019年に ユネスコ世界遺産に指定されたばかり。


1000の仏塔、3500の仏教建造物が点在する

世にも珍しい 千年の仏教の都だ。

 

 

 

01.   町の南部 ・ ニューバガンにある 1059年建立の

黄金の 「 ローカナンダー・パゴダ 」 は  川岸にあるため

灯台のような目印となり、 王朝の最盛期には 国内外からの

多くの貿易船が この岸辺に 都に運ぶ物品を下したと言う。

01_20200130163501

 

 

02.    黄金のパゴダへ向う途中にも、  星の数ほど分布する

様々な形の塔が 道路際から 次から次へと目撃された。

02_20200130163501




03.   ここはお寺。  門前を飾るのは ’ 木の化石 ’。

そして 犬。

03_20200130163501

 



04.   仏教国 ・ ミャンマーでは 犬が大切にされている。

街中にネコがいる話は よく見聞きする、、  犬は ・・・


どの犬も痩せているが、安心して暮らしている様子ではある。

04_20200130163501



 

05.   乗り合トラックの足元にも 犬たちがいる。

05_20200130163501

 

 

06.   ”  もう い~~かい !    ま~だだよ  ”

06_20200130163501

 

 

07.   ここは 修行僧が学ぶ小学校。

校庭と校門、 オープンスペースの教室などがあった。

07_20200130163501

 

 

08.  いよいよ 「 ローカナンダー・パゴダ 」 への入り口。


ミャンマーのどこでもそうだが、 寺の敷地に入る時は

裸足にならなくてはいけない。 靴下もダメ。

もちろん タンクトップやショートパンツもダメ。


現地の人達は いつも素足にサンダル履きなので手軽だが、  

日本人にとっては 靴を持ち歩く方法など 一考が必要だ。

それに 安心して 裸足で歩けるほど清潔ではない ・・

08_20200130163501

 

 

09.   金箔で覆われた搭は とても千年も前のものと

思えないほど金ぴかに輝いている。 


実は バガンには4つの ’ 巨大黄金の塔 ’ が存在する。

このローカナンダー・パゴダは そのうちの一つだ。

09_20200130163601

 

 


10.   巨大仏塔には 一般的に仏陀の歯が収められている

とされ、 中には入れない。  人々は外側から祈りを奉げる。

犬も祈る 。。 

人形の担ぐ鐘は 日本の神社の鈴の役割と似ている。

10_20200130163501

 

 

11.   四大仏塔の一つとは言え、 ここには 観光客は

あまりやって来ない。  地元の人達が参る現役の仏塔として

重要な役割を果している。


素足で祈りを奉げる若い人たち。 

日本のように ブームでやって来ている訳ではない ・・

11_20200130163601

 

 

12.      さて エーヤワーディ川の岸辺、 

渡し船の船頭が お金を徴収していた。  犬もいる。

 


川向こうの 小高い丘にも 金ぴかの仏塔が見える。

四大仏塔の一つ 「 タンチータウン ・ パゴダ 」 だ。

バガン王朝の勢力が いかほど大きかったか 偲ばれる。

12_20200130163601

 

 

13.   スタイルの良い女性を目で追うと   彼女は

川岸から 一たんポチャっと足を水の中に入れてから 船に

乗り込んだ。     足が濡れることを誰も気にしない。

13_20200130163601




12月のバガンは 乾季で 気温30度くらいだが

日差しがきつい。



熱帯気候下での 鷹揚な暮らしぶりがうかがえた。

 

 

 


*    *    *    *    *

 

« 「天狗の社・古峰神社」 天狗の御朱印30種余あります! | トップページ | ミャンマー・バガン タナカ美人・巨大パゴダでの祈り方 »

ミャンマー バガン・千の仏塔がある古都」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
今回はミャンマーですか?初めてではないでしょうか?
私自身は一度も訪れたことはなく、未知の国です。
ミャンマーと言えば旧ビルマ。やはり映画”ビルマの竪琴”が思い浮かびます。
あの映画は戦争がテーマでしたので、街の様子など知る由もありませんが、岸辺の写真を見ますと主役の中井貴一さんが仲間がいる捕虜収容所へと歩き続けるシーンを思い出します。

ミャンマーの仏塔、ホント金ピカですね。全体が黄金に!バンコクやカトマンドゥでも全体が黄金の仏塔は見たことがありません。当時の王朝の勢力が窺い知れますね。
そして人々の服装を見ると、民族衣装のようなものが多く、伝統文化を継承し続けている印象を受けました。

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。
続きも楽しみにしています(^_^)ニコッ!

*送信前に「確認」をクリックしたら、投稿者の名前が反映されませんでした。
大丈夫かなぁ・・・?一応・・慕辺未行です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「天狗の社・古峰神社」 天狗の御朱印30種余あります! | トップページ | ミャンマー・バガン タナカ美人・巨大パゴダでの祈り方 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック