« 小樽運河 武骨な倉庫群がロマンチックな名所になった! | トップページ | 「積丹半島」 神威岬のシャコタンブルー 奇岩が居並ぶ北の浜辺 »

2019年12月20日 (金)

「小樽ガラス館」「昆布館・七日食べたら鏡をごらん」「消防犬ぶん公」


01.   小樽ガラスと聞くだけで ロマンチックな響きがある。

小樽では ニシン漁で豊かな経済を謳歌した1900年頃から 

ガラス産業が始まった。


当初は 石油ランプや 漁のための浮き玉を作っていたが

時代と共に 食器やインテリアなどの工芸品へとシフトしていった。

01_20191219215801



 

02.   ここは 「 大正硝子館本店 」 明治39年築

小樽の歴史的建造物に指定された建物で 

主に和風のガラス器を扱っている。

02_20191219215801



 

03.  妙見川に面している店の裏口にも独特な趣きがある。

小樽の街中を流れるこの細い川に ちょうど鮭が遡上して来ていた。

この時は6匹程だったが 

多数の鮭が遡上した年は ニュースになったと言う。

03_20191219215801



 

04. さて ガラス産業の創業社と言えば 「 北一硝子 」。

この 「 北一硝子 三号館 」は 明治14年に建てられた

漁業倉庫を 店舗用に改築したものだ。

 


残された運搬用のレールが  レトロでお洒落だが

広々した売り場の方は 現代的に明るくレイアウトされている。

 04_20191219215801




05.   北一硝子は 今や小樽を代表する大企業となり、

三号館の他、 クリスタル館 ヴェネツィア美術館 北一プラザ 

酒蔵 飲食店等 市内だけでも10以上の直営店を持っている。

05_20191219215801




06.   こちらも 約100年前に建てられた 

歴史ある建物の 和ガラス屋さん

06_20191219215801

 



07.  小樽では現在79件が歴史的建造物に指定されている。

その中には 北のウオール街と称された街に相応しく 

金融関係の建物や庁舎が、そして倉庫や蔵が 含まれている。

07_20191219215801




08.  さてここは 「 日本銀行旧小樽支店金融資料館 」。

東京駅の設計者辰野金吾らによって設計された日銀小樽支店、

現在は資料館となって 様々なものを展示している。

08_20191219215801




09.  因みに小樽のような小都市に 7つの金融機関があった。

北海道銀行 三井銀行 北海道拓殖銀行 三菱銀行 第四十七銀行

第百十三銀行 郵政省小樽地方貯金局 など ・・・

09_20191219215801



 

10.   ここは昆布専門店 「 利尻屋みのや不老館 」

北前船が運んだニシンと昆布、 その利尻の昆布についての

見たことも聞いたこともないようなキャッチフレーズにつられ


私はつい ふらふらっと 店に入った。

10_20191219220401

 

 


11.   ” 楊貴妃は昆布を食べて見初められ ”

” 七日食べたら鏡をごらん ” ” お父さん預かります ”


三番目は お母さんが買い物してるあいだ お父さんに

お茶を飲ませて預かりますよ、 という意味らしい。



さて、美人になりそうなキャッチコピーに 昆布好きな私

しっかりお土産を買い込んだ。       そして

七日後に鏡を見たけれど う~ん綺麗になったかなあ・・

 


ポリ袋を見たら  ” 小樽 ホラ吹き昆布館 ” と

ちゃんと予防線が張ってありました~ !

11_20191219215901

 

 


12.   街角に 何やらワン公の銅像が立っていた。

台座の説明によると 彼の名は 「 消防犬ぶん公 」。



彼は焼け跡で消防署員に拾われ 大事に育てられた。

以後 署員と生活を共にし 火事があると消防自動車に

一番に飛び乗り 現場に着くと ホースのもつれを直したり、

野次馬を追い払ったりした。

彼の出動回数は やがて1000回を越えたのだ !
 

小樽の市民から熱烈に愛されたのは元より、ラジオ・新聞で

伝えられ 全国的にも大人気だったと言う。

12_20191219220001

 

 

13.   しかし、昭和13年2月3日 ぶん公は

悲しみに暮れる署員の胸に抱かれて 24歳で亡くなった。 

葬儀は消防組葬として行われ 多くの市民がつめかけた。


彼は剥製となって 生前の姿を留めているが 

絵本の中でも  変わらぬ消防活動を続けている。

13_20191219215901




同じく銅像になった渋谷のハチ公は 亡き主人を10年間

駅で待ち続け 昭和10年に亡くなった。


古き佳き時代のワン公たちの物語だ。 

 


これからも 渋谷のハチ公や小樽のぶん公みたく

気骨あるワン公の話は 聞かれるだろうか ・・・

 

 

 

 

*    *    *    *    *

 

« 小樽運河 武骨な倉庫群がロマンチックな名所になった! | トップページ | 「積丹半島」 神威岬のシャコタンブルー 奇岩が居並ぶ北の浜辺 »

国内旅行 北海道編」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
小樽の北一硝子・・・懐かしいです(^_^)ニコッ!小樽へ行く度にたいてい北一硝子へ行っていたような気がします。けど、大正硝子館は知りませんでしたし、北一硝子のどの店へ行ったのかも、もう記憶の彼方です( ^ω^)・・・!灯油ランプやタンブラー、オルゴール館でも買い物をしたことは覚えています。
旧札、懐かしいですね。”五拾円札”は見たことがありませんが、板垣退助の百円札に岩倉具視の五百円札、伊藤博文の千円札にさらには聖徳太子の壱万円札・・・どれも一枚ずつ残して保存しています。
昆布専門店があるのですか?!ハハッ!確かにキャッチフレーズ面白いです w(^o^)w!
消防犬ぶん公は初めて知りました。そのようなワンちゃんがいたのですね。こちら名古屋には盲導犬サーブの銅像がどこかにあったような・・・?

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小樽運河 武骨な倉庫群がロマンチックな名所になった! | トップページ | 「積丹半島」 神威岬のシャコタンブルー 奇岩が居並ぶ北の浜辺 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック