« 「小樽ガラス館」「昆布館・七日食べたら鏡をごらん」「消防犬ぶん公」 | トップページ | 「迦葉山 5m!赤鼻の大天狗」 「玉原ラベンダーパーク」 »

2019年12月27日 (金)

「積丹半島」 神威岬のシャコタンブルー 奇岩が居並ぶ北の浜辺


積丹半島は 北海道西部の 日本海に突き出した半島で、

シャコタンと言う名前はアイヌ語に由来している。



 

01.  半島の各所に見どころがあるが、 何と言っても

半島の突端にある 「 神威岬 かむいみさき 」 は秘境だ。


この 「 神威岩 」 という一列に並ぶ岩礁が 

アイヌにとって 神聖な信仰の対象だった。

01_20191227101801



 

02.  岬の入り口の門には、 逆光で見えずらいが

” 女人禁制の地 ” と書いてある。 禁制の理由は

アイヌの首長の娘・チャレンカの悲恋だとか

和人からニシン漁を守ろうとしたアイヌの策とか 言われるが

いずれにせよ1855年に 女人禁制は解かれている。

02_20191227101801



 


03.  ” チャレンカの道 ” と名付けられた遊歩道は

770mあり、 突端まで 歩いて2~30分の道のりだ。 

03_20191227101801

 

 


04.   突端の海は ’シャコタンブルー’ に染まっていた。

彼方の水平線が 地球が丸いことを教えてくれる ・・

04_20191227101801



 

05.    突端から引き返す時 再び灯台を通った。


明治21年に初めて灯りがともされたこの灯台

今は無人化されている。 

05_20191227101801





06.   半島の付け根の小湾にも 

漁村集落につながる堤防や漁港があり、

岩礁が一本 突き立っている。

06_20191227101801

 

 


07.  半島はニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定されている。


突端から半島の西側の海岸線を下ると  こんな奇岩が

いくつも迎えてくれる。 荒波に崩れ易そうな組成の岩だ。


近海では ヒラメ イカ ウニ スケトウタラなど 豊富な

魚介類が獲れるが、 特に昭和初期まではニシン漁で栄え、

かの有名な 「ソーラン節」 が生まれたのもこのあたりだ。 

07_20191227101801



 

08.   神威岬から神恵内村・泊村にかけての海岸一帯、

凍てつく真冬の日々 極北から襲いかかる風雪は 

どれ程激しいのだろうか ・・

08_20191227101801

 

 


09.   とある港に イカ釣り漁船が停泊していた。 

意外と華やかで ある種モダンアートのようでもあった !

09_20191227101801

 



10.   夜の海で イカ釣り漁船の灯りは煌々と輝く。

その昔 小樽ガラスは無くてはならない実用品だっただろう。  

10_20191227102201

 



11.    キタキツネにも出会った。 


菌を持っているから 触れてはいけないと言われるが、

成る程 キツネのしっぽは立派な襟巻になるのだなあ ・・

道路際の雪よけパネルも 北西の風の激しさを偲ばせる。

11_20191227101901

 

 


12.  積丹半島の付け根 共和町付近で 大勢の人が名水を

汲んでいた。 大型のペットボトルにどんどん水を汲む。


北海道の大自然の恵み、ご飯もコーヒーもさぞ旨かろう ・・

12_20191227101901



 

13.   さて今回 実は積丹半島を一周したのだが 

半島の東沿岸にある 有名な 「 ロウソク岩 」 は見逃した。 


この岩を見るには メインの道路から港まで降りて、

余市町の豊浜町沖550m先に  肉眼では 結構小さな

その奇岩を見つけねばならない。 

13_20191227101901



ましてや 朝日が昇って 高さ45mの岩の先端に 

ロウソクのように輝く時を待つなんて無理なことだ ・・





今回は余市町のホームページから写真をお借りした。

本当に素晴らしい !

そして ローソク岩ばかりでなく 多くの奇岩が

積丹半島に突き立っていることも 今回分かったのだ。

 

 

以上  10月のある日、 北海道の秘境・積丹半島を

巡った  素敵な思い出の1ページでした ・・・

 

 

 

*    *    *    *    *

 

 

 

« 「小樽ガラス館」「昆布館・七日食べたら鏡をごらん」「消防犬ぶん公」 | トップページ | 「迦葉山 5m!赤鼻の大天狗」 「玉原ラベンダーパーク」 »

国内旅行 北海道編」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
今回は積丹半島ですね。十数回も北海道を旅していながら積丹半島は訪れたことがないのです(^_^;;アセッ!余市のニッカウヰスキー工場の試飲コーナーで酔っ払って・・・( ´艸`)!
冗談はさておき、神威岬のローソク岩は、旅仲間から写真が届いて見たことがあります。本当にロウソクのような岩ですヨ(^_^)ニコッ!
岬までの遊歩道、柵がなければずいぶん危険でしょうね。しかしその先には美しい海と一列に並ぶ岩礁・・・、まるで”絵葉書”ですね。
キタキツネ、”エキノコックス”と呼ばれる菌だったと思いますが、潜伏期間が長くなかなか気がつきにくい病気だと聞いたことがあります。
四つ足で凛と立っているキタキツネ、尻尾がホント立派ですネ!

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。

こんばんは(^o^)/!

旧年中はお世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。
(昨年、母が亡くなり喪中ですので、このような挨拶にしました)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「小樽ガラス館」「昆布館・七日食べたら鏡をごらん」「消防犬ぶん公」 | トップページ | 「迦葉山 5m!赤鼻の大天狗」 「玉原ラベンダーパーク」 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック