« ドレスデン爆撃から復興した街・マイセンタイルに描かれた君主の行進 | トップページ | レジデンツ城の豪華なコレクション、やっぱりドイツ人ってすごい! »

2019年10月18日 (金)

ドレスデンは世界遺産を返上した! 貴族の権威を下支えしたのは馬!

 ドイツ東部にある街 「 ドレスデン 」 はエルベ川を挟んで

旧市街と新市街 (ノイシュタット) に分かれている。



 

 

01.   エルベ川に架かる 「 アウグストゥス橋 」 の左手の

旧市街には 大聖堂や宮殿・居城などが狭い地域にひしめいている。



写真左上の赤茶の屋根が 歴代のザクセン公の居城だった

「 レジデンツ城 」、その外壁に有名な君主の行進が描かれている。


橋に近いのが 三位一体大聖堂の塔 (86m) 

その左手が レジデンツ城の塔 (100m)

01_20191018161201




 


02.   写真右上に カローラ橋 アルベルト橋が見える。


かつてドレスデンは18kmにわたる川の流域の景観も含めて

世界文化遺産指定を受けたが、  中心から東に3km付近に 

新しいヴァルトシュレスヒェン橋が建設されたことで 

2008年 世界遺産指定が抹消された。

 


世界遺産の価値を守るか 市民の生活の利便・向上を目指すか、

橋の基礎部の工事を進めるか 中断して原状回復するか、 

国民投票で建設が採択されたのに 再投票の機運が起きたり、


すったもんだを繰り返えした挙句の 結論だった。

02_20191018161201

 




03.     川の景観は手前の聖母教会の塔から撮ったもの。

居並ぶ塔は まるで君主の行進の様でもある。

03_20191018161401






04.   さて、中心部のアウグストゥス橋は工事中だったが 

岸辺に遊覧船が停泊し  川面には筏も出ていた。


ブロイハウスマイセンという 15世紀からの歴史を持つ

ビールメーカーの筏、 櫓を漕いで一汗かいてビールを飲もう! 

という ” 筏フェスタ ” だろうかと想像した。

04_20191018161201





 

05.   さて 工事中のアウグストゥス橋を渡ってみた。

ヨーロッパのことだから 工事はのんびりと数年は続くだろう。


それでも 古い町のスカイラインパノラマは 値千金だった !

05_20191018161201

 

 

 


06.   橋を渡り切ると ノイシュタット側の入り口に

アウグストゥス強王の金ぴかの騎馬像があった。  ドレスデンを

これ程の城下町にしたのは 何といっても彼の功績だ。 

が、同時に   歩兵と比べて 王様が偉そうに見えるのは

かなり 馬のお陰もあるのでは、と思えてくる。

06_20191018161201

 

 

 

 

07.   騎馬像から北に伸びる ハウプトシュトラッセの雰囲気が

あまりにも素敵で、 ぶらぶらと往復してしまった。  

07_20191018161201




 

08.  旧市街に城などが築かれる前は もともと新市街側が

街の中心だったらしい。  緑地を挟んで大きな樹木が並び、


1階はお洒落なお店  その上はマンション、   こんな

ハウプトシュトラッセの高級住宅に住んでみたいものだ !

08_20191018161201
( 凸レンズガラス窓に木影が映る、、 レトロなトラック )

 

 

 

 


09.     ドレスデンにも アンと雪の女王が いました ・・ 

09_20191018161201




*   *   *   *   *   *

 

 

 

10.     さて再び旧市街にもどって、、 


ここはレジデンツ城内の厩舎 「 シュタルホーフ 」、 

真白の美しいアーチの歩廊広場を かつて宮廷の馬々が闊歩した。

 
壁の反対側には 代々の君主の馬上行進が描かれている。

10_20191018161201




 

11.      猫好き 犬好きなどと言うが、

ドレスデンは間違いなく  ” 馬好き ” だ。



レジデンツ城内には アウグストゥス強王と息子の 豪華絢爛、

珍らしいコレクションの数々が展示されているが、 とりわけ

武器室での 馬具 ・ 武具のコーナーは 華やかだった。

11_20191018161201




 

12.    中世フランスの貴族のスポーツ ’ トゥルノワ ’ 、

馬上で甲冑を着て 槍や剣を手にして 差し違える一騎打ちは

最も危険かつ最も高貴なスポーツとして 人々を熱狂させた。


そんな フランス宮廷文化はドレスデンにも及んでいた。

 


人馬共に 何とも華やかな装具に身を包んでいる !

特に  豪華かつ不自由な衣装を 着せられた馬たちの

忍耐力 賢さ けなげさに 憐憫と尊敬がわいてきた。

12_20191018161201



 


13.     通りでは 結婚式帰りの家族が歩いていた。

現代は 正装といっても身軽で助かります !

13_20191018161201



因みに トゥルノワは余りに危険で 多くの悲劇を生んだ為

危険緩和策や数々のルールが設けられたが、  1559年

フランスのアンリ2世が 折れた槍の破片が目に突き刺さり

短い生涯を終えてからは このスポーツの人気は凋落したという。

 

 

 

 


*    *    *    *    *    *    *

 

 

 

 

« ドレスデン爆撃から復興した街・マイセンタイルに描かれた君主の行進 | トップページ | レジデンツ城の豪華なコレクション、やっぱりドイツ人ってすごい! »

ドイツ ドレスデン・マイセン」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
ドレスデンの街がかつて世界遺産に登録されていたことは知っていました。そしてその後、新しい橋を建設し”世界遺産”を返上したことも新聞で読んだ記憶があります。
その時私は「ドイツにしては、意外な選択をしたなぁ!」と感じたものでした。最終的には、現状を選択した結果なのでしょうね。
旧・東ドイツの地域へは、まだ一度も足を踏み入れていませんし、ドレスデンの街はとても関心を持っていました。それだけに、興味深く記事と写真を拝見させていただきました。
次に海外へ旅する機会があるかどうか分かりませんが、訪れてみたい街の一つではあります。
今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドレスデン爆撃から復興した街・マイセンタイルに描かれた君主の行進 | トップページ | レジデンツ城の豪華なコレクション、やっぱりドイツ人ってすごい! »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック