« ドレスデンは世界遺産を返上した! 貴族の権威を下支えしたのは馬! | トップページ | ツヴィンガー宮殿とアルテマイスター絵画館 あの有名な天使がいた! »

2019年10月25日 (金)

レジデンツ城の豪華なコレクション、やっぱりドイツ人ってすごい!

ドレスデンにあるレジデンツ城には アウグストゥス強王らが

集めた 4000点余の豪華絢爛なコレクションがある。

 

 

 


01. 真っ暗な部屋の 奥の壁に嵌め込まれた防弾ガラスケース、

411個の装飾ダイヤモンドに囲まれて 世界最大41カラット

( 8.2g インド産 ) のグリーンダイヤモンドが鎮座していた。


王様の帽子飾りに使ったというが きっと重かったことだろう。



2000年には 米国のHarry Winston社の手によって

スミソニアン博物館で展示されており 門外不出ではなさそうだ。

01_20191025110901





 

02.  マイセン磁器が普及する前 宮廷で使ったのは

金彩エナメル装飾された 豪華極まりない カップアンドソーサー

シュガーポット プレートなどだ。

  02_20191025110901





 

03.  繊細な装飾模様が施された ガラスの水差しやゴブレット。

金・エメラルド・ルビー・トルコ石などの細工が超絶技巧だ。

03_20191025110901

 





04.  18C初頭 ザクセン公は自らの権勢財力を誇示するため

こうした品々を集めたのは確かだが、同時に アルプス以北の国々の

誰しもが夢見た 華やかなイタリアの芸術への憧憬もあった。



そこで彼は 各地から才能ある彫刻家 金細工師 絵師を呼び寄せ

切磋琢磨させたのだ。   錬金術師を幽閉して マイセン磁器を

作りだしたアウグスト強王らしい 芸術志向の国策と言える。

04_20191025110901

 

 

 

 

05.   巨大なオウム貝やオストリッチの卵に 金銀の装飾が

施されたゴブレット。 貝や卵は大きいほど希少で貴重だったという。

(  右はビーナスの沐浴をテーマとしている。 )


シルエットも優雅、 ほのかに透けた光が何とも言えず美しい。

05_20191025110901

 



 


06.    イタリアに伍する芸術を目指しつつ やがて

それに勝るとも劣らない芸術作品がドイツ人の手で生み出された。



もともと 几帳面なドイツ人の能力が高かったこともあろうが 

中世時代から続いて来た ありとあらゆる分野の職人徒弟組織、

” マイスター制度 ” の効果が  長い歴史の中で結実した

一例だろうと 私は想像した ・・

 06_20191025110901

 



 


07.      「 ムガール帝国の宮廷ジオラマ 」


場所は 当時底なしの財力を誇ったムガール帝国の首都デリー、

ラージャと呼ばれる 6代目皇帝 Aureng-Zebの 

1700年頃の 誕生祝いにまつわる宮廷生活を模型にしたもの。 

07_20191025110901




 

08.   華やかな宮廷生活とそれにまつわる人々が登場する。


金ぴかの玉座に座る皇帝の下に居並ぶ家臣  美しい姫君達

象を連れて貢物を献上する人々  日除け付きの輿に乗る客人  

皿一杯の金貨を量る人々   ご馳走を用意する人 

黒板で何かを説明する役人、、、 


いつまでも 見飽きることのないジオラマだ !



全体では 16個のパール 160個のルビー 

164個のエメラルド サファイヤ1個 カメオ2個

4909個のダイヤモンドが使われている。

08_20191025110901


   

 


09.    動きを感じるデザインの 美しい貝の象嵌 

09_20191025110901

 




10.   装飾品ばかりでなく 別の階には馬具武具の展示

宮廷の衣装の展示もあった。 男性・女性・子供の衣装は


どれも立派ではあったが 当時の不便さが偲ばれた。

この立派なマント どれ程重たいことだろう ・・

10_20191025110901



 


11.   さて、これがレジデンツ宮殿の外観 ( 上の右側 ) ↘

中庭の景観など。  この宮殿も1945年の空爆で破壊され 

1985年から再建が始まった。 積み石の色が違う部分がある。

11_20191025110901




 


12.   話は変わるが、 レジデンツ宮殿から南に数百メートル

下がると 聖十字架教会があり、 向かいにこんな像が建っていた。

12_20191025110901







  
13.   この教会付属の ’聖十字架少年合唱団 ’ は

500年以上の歴史を持ち 合唱団の子供から多くの有名な

音楽家が輩出された。 彼らを指導した18世紀のドイツの作曲家

ユリウスオットーへ 敬意を表した像と思われる。

 


青い服の少年は 明らかに後代に作られたもので 

一体 彼が何者なのか 謎のまま!

13_20191025110901

 

 

 


結局 レジデンツのコレクションは 滞在中 2度訪れて

計3~4時間を費やしてしまったが  


意外にも!? 

ドイツ人の凄さを思い知らされた結果となりました。

 


 


*    *    *    *    *    *    *

« ドレスデンは世界遺産を返上した! 貴族の権威を下支えしたのは馬! | トップページ | ツヴィンガー宮殿とアルテマイスター絵画館 あの有名な天使がいた! »

ドイツ ドレスデン・マイセン」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
ドレスデンのレジデンツ・・・いやはや、その美しさと豪華さに目を奪われますネ!
カップ&ソーサーだけでなく水差しにまで繊細で美しい装飾が!
ブログの写真で拝見しているだけでもため息が出そうですから、実際にご覧になったbellaさんはその場でもっとため息をついたのでは?
ムガール帝国のジオラマも興味深いです。かつてのインドの宮廷の様子を知ることができました。
レジデンツの外観、ヴュルツブルクのレジデンツと比べると、ずいぶん立派ですネ!歴史的重みを感じます。

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。
やはりドイツはイイナァ(^_^)ニコッ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドレスデンは世界遺産を返上した! 貴族の権威を下支えしたのは馬! | トップページ | ツヴィンガー宮殿とアルテマイスター絵画館 あの有名な天使がいた! »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック