« 「マイセン」 錬金術師を幽閉して作り上げた白磁・双剣マークの変遷 | トップページ | 公道なんですけど!マリオカートツアー・コートールド美術館展も満喫 »

2019年9月27日 (金)

「マイセン磁器」私の趣味ではなかったが、気高さに敬意を表します

旧東ドイツ ドレスデンの北東15kmに位置するマイセンの

「 国立マイセン磁器製作所 」 を訪ねた。



 

 

01.   まずは 制作の実演エリアに入った。


磁器は陶器と違って ゆがみも個性のうちなどと言えないから

大部分は工場で厳密な規格を持って作られるはずだ。


ろくろによる手び練りでは きっと特別な作品が出来るだろう。

01_20190926210301








02.   こちらでは 花びらや人形の手足など 

小さく繊細なパーツを作っている。

02_20190926210301

      






03.    型押ししたり、 一片の粘土から指先で器用に

小花を生み出しては並べる作業を 見せてくれた。

03_20190926210301

 






04.  次は染付だ。「 ブルーオニオン 」と呼ばれる図柄。

中国模様のザクロを 玉ねぎと勘違いしたと言われる。

 


280年もの歴史がある伝統的デザインで、それぞれの模様が

豊穣 長寿 男性(陽)女性(陰)健康 高潔などの意味を持つ。

04_20190926210301





 


05.    花はマイセン磁器にとって重要な図柄だ。 

全部で36種の花がリスト入りしており、 組み合わせによって 

一つ花 二つ花 ・・・五つ花といったブーケが作られる。



写真では 一つ花スタイルのポピーが描かれる順番を見せている。

05_20190926210301





 


06.    オレンジと緑の粉末小瓶が転がっている。 溶剤で

それを練りながら絵付けする。  右上は四つ花 左下は五つ花。

 


プラントハンターが活躍したのが主に18C, それより以前に

チューリップやバラ ポピー 朝顔 アネモネ パンジー 矢車草

スミレ 勿忘草 すいせん マーガレット スイートピー あやめ

など、 36種の古典的花々が 既に生活に根付いていたと思うと

花の歴史の深さにも敬意を払わずにいられない。

06_20190926210301



 

*   *   *   *   *   *

 

 


07.    2階は博物館となっている。  マイセン白磁は

どっちみち王侯貴族のものだから、テーブルウエアばかりでなく

花瓶・時計・人形などの装飾品分野も 大いに発展した訳だ。

07_20190926210301




 


08.   中国 日本 インドなどからは図柄を導入し、

アラビアンナイト 妖精王オベロン シェクスピア劇などからは

魅力的な立体造形を作り上げた。 

08_20190926210301




 


09.    アールヌーボースタイル、 キリスト教聖人、

ワトーの貴族趣味の絵画からも インスピレーションを得ている。

09_20190926210301

 

 

 

*   *   *   *   *   *

 

 


10.    さて 最後は売店コーナーへ。

  
36種のいわゆる古典的マイセン図柄の花々は ぺインターが

勝手に描き変えることもなく、300年間定型で守り通されて来た。


例えばバラと言ったら これ、だ。      因みに、

 


マイセンと言えど 大量生産出来なければ世界に向けて輸出は

できない。 そこで相当早い段階から マイセンは転写シール

によるプリント絵付け アクアチンタ aquatinta を開発した。

10_20190926210301

 

 

 


11.   しかしアクアチンタと言えど 相当なお値段だ。


一つ花のポピーが 税込749eur、 中段 二つ花が646eur

三つ花が749eur、  下段 金ぴかコーヒーセットが799eur。

11_20190926210301

 



 


12.  話は脱線するが ポーセリン・白磁の絵付けスタイル

には 大雑把に分類して ヨーロピアンとアメリカンがある。


ヨーロピアンが 古典的で静的な図柄なのに対して

アメリカンは 絵画的でダイナミックな図柄 の場合が多い。

技法・溶剤・筆も ヨーロピアンとは大きく異なる。

 


今回マイセンで ”自然主義 ” という 少しアメリカンに

近いデザインの陶板画が飾られていたので 私は驚いた。 

12_20190926210301





 


13.     古典的バラとは明らかに違う 

” 自然主義ローズ柄カップ&ソーサー(左上) ” も

売られていた。  輸入品を日本で買うと10万円以上になる。  

 


私の手持ちのイギリス製大衆向けカップ (他の3点)

ぐらい安ければ 買わせていただきたいのですが・・!

13_20190926210301

 

 
正直言って マイセン磁器は 

私の感覚にはピンと来ない部分もあったが



マイセンの歴史の長さ、 気高い気品だけは 

しっかり感じ取らせていただきました ~

 

 




*    *    *    *    *    *    *

 

« 「マイセン」 錬金術師を幽閉して作り上げた白磁・双剣マークの変遷 | トップページ | 公道なんですけど!マリオカートツアー・コートールド美術館展も満喫 »

ドイツ ドレスデン・マイセン」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
マイセンの磁器製作所、興味深く拝見させていただきました。
それぞれの分野の職人の手による手作りの磁器・・・、もはや磁器というより芸術作品ですネ!
どの作業も「一瞬たりとも気の抜けない」手仕事でしょうし、繊細さを必要とされる仕事ですね。
装飾品は実物を見てみたいとさえ思いました。日本を含めアジアのデザインも取り入れているとは驚き!!です。
プリント絵付けのカップやソーサーでも、あのお値段ですか (゚o゚)ナニッ!1eur が120円弱ですから・・・どれも10万円近いお値段!!もし私が仮に買い求めたとしても、実際に使う勇気はないですぅ (。_。)ショボーン!
今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。
BGMは、NENAのCDでした (^_^)ニコッ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「マイセン」 錬金術師を幽閉して作り上げた白磁・双剣マークの変遷 | トップページ | 公道なんですけど!マリオカートツアー・コートールド美術館展も満喫 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック