« ウイーン驚きのカフェ5選。 トルテ戦争・ザッハートルテのお味は! | トップページ | 王宮で白馬の古典馬術・ウイーン少年合唱団 シェーンブルンの庭園 »

2019年7月19日 (金)

カプツィーナ皇帝納骨所 仲良き夫と眠るマリアテレジアの豪華な棺


ウイーンのカプツィーナ教会の地下にある ハプスブルク家の墓所、 

「 カプツィーナ皇帝納骨所 Kaputinergruft 」 には 


12人の歴代皇帝・18人の皇后を含む138体の棺と 

4つの遺灰壺  5つの心臓壺が安置されている。





 

01. 「 エリザベート・クリスティーネ Elizabeth Christine 1750没 」


マリアテレジアの母親の棺。 中央に彼女の肖像を掲げる天使、 

棺の四方に弔意を表す精霊が 配されている。   

中でも 深い悲しみをうかがわせるベールを被る像が印象的だ。

01_20190719114501

 





02.      「 ヨーゼフ一世 Joseph I  1711没 」

マリアテレジの父親の棺。 骸骨が頂く王冠は権力の象徴。



10のセクションに分かれた地下納骨所の中で、  棺の装飾は

時代が新しくなるに連れシンプルになる。 しかし ハプスブルク家が 

勢力を拡大しつつあったこの時代の棺は 実に華やかだ。

02_20190719114501





 

03.      時代は逆行するが、 この墓所で最も古いのが

「 アンナ・フォン・チロル 1618没 」 の獅子足型の棺。




続いては、 何度も 画家ヴェラスケスによって描かれた王女

「 マルガリータ・テレジア Margarita Teresa 1673没 」 の棺。  
 

マルガリータは 22歳で亡くなるまで 6子の妊娠・出産を経験し

身体はボロボロだったと言う。  黄色い花が手向けられた 彼女の

棺を前に 愛らしく幼い王女のその後の生涯に思いを馳せた。

03_20190719114501

 

 


 

04. これが 「 マリアテレジア Maria・Theresa 1780没 」 の棺。 
 

想像を絶する豪華で華やかな棺だ!

棺という概念を超えており 芸術作品そのもの。

 

しかも興味深いのは、 王侯の身でありながら 一般庶民の夫婦のように

仲むつまじく一つの同じ墓に収まっている。 殆ど聞いた試しがない。

04_20190719114501

 




 

05. 「フランツ一世 Franz・Stephan 1763没」 とマリアテレジア

は 当時珍しい恋愛結婚で結ばれ 夫婦仲もすこぶる良好だった。



男5人 女11人 合計16人もの子供を 毎年のように産み続け、

早死にする子もいたものの、  ブルボン家一族等との婚姻によって 

戦争によらず ハプスブルク帝国の勢力を広げる原動力と成したのだ。



マリアテレジアは 夫の死後も女帝として国政に関わる一方、

最後の十数年は 黒い喪服を着続けた。

05_20190719114501




 

 

06.  子供達のうち15番目が かのマリーアントワネットだ (下)。


フランスに嫁いだあと 娘の生活態度や浪費癖について 頻繁に

心配の手紙を送ったマリアテレジア (上) だったが、 
 

娘の悲劇的最後を見ずして世を去ったことは 

不幸中の幸いだったかも知れない。

06_20190719114501





 

07.   一方 「 Joseph 2世 1790没 」 の棺はシンプルだ。
 

母親マリアテレジアも かなり先進的な考え方の持ち主だったが

それを上回る ’変わり者’ つまり啓蒙専制君主と呼ばれたのが

長男・ヨーゼフ。


普通保守的であるはずの君主が自ら近代化を進め、 農奴を解放、

諸派の宗教上の平等を定め、 学校や病院を創設し、近代化に

努めたのだ。 飾り気のない棺はそんな彼に相応しいかも知れない。 

07_20190719114501




 


08.        04.とは反対側から棺を見る。 


右手コーナーには マリアテレジアの家族たちの棺が並んでいる。

08_20190719114501





 

09.    マリアテレジの第三子 「 Maria Caolina 1741年 」 


世継ぎとなる男子でなく 期待外れにも女子だったため 親は大変

がっかりしたというが、 この 1歳で旅立った愛らしい子の寝姿像には 

親の深い愛情が感じられ、    私はことさら胸打たれたものだ。


右下の小さな棺は マリアテレジアの第一子 Maria Elisabeth 7歳

09_20190719114501




 


10.  ヨーゼフ2世の最初の妻 「 Maria Isabella 1763没 」(右)


ヨーゼフは美しい彼女に一目で恋に落ち、 義母マリアテレジアにも

ことさら気に入られたマリア・イザベラだったが

天然痘と出産の肥立ちにより 22歳の若さで亡くなった。



               *   *    *



ヨーゼフ2世の二番目の妻 「 Maria Josepha 1767没 」(左)


夫のヨーゼフ2世は 悲しいかな 最初の妻・美女だったイザベラを 

生涯愛し続け、 背が低く太っていて不美人だったヨーゼファには

目もくれなかったと言う。


ヨーゼファも28歳で天然痘で亡くなったが 夫は葬式にも現れなかった。

この美しい棺からは想像もできないような 切ない悲話である ・・

10_20190719114501

 





11.    さて 多くの皇帝の棺を通って 8番目のセクションへ。


ハプスブルク家の勢力地図も広がり、諸々の経緯でメキシコ皇帝となった 

「 マクシミリアン Maximilian 1867没 」、 


政情不安が渦巻くメキシコの治世に身を投じたものの 僅か3年で

メキシコ内戦の狭間で 共和国軍に捕らえられ銃殺されてしまった。 



メキシコから逃げ去らなかったロマンチストの皇帝に、 

労働者や農民・貧民にまつわる進歩的改革を果たしたマクシミリアンに、

今でも多くの花が供えられている。

11_20190719114501

( マネによる絵が有名だ。 実際は 射手とはもう少し離れていた。)




 


12.      いよいよ近代に入り、  三人の家族のセクション、


「 かの美しき皇女エリザベート Elizabeth 1898没 」  

「 その夫フランツ・ヨーゼフ一世 Franz-Joseph I 1916没 」

そして息子の 「 皇太子ルドルフ Rudolph 1889没 」 が並んでいる。



三人の人生は それぞれ興味深い逸話に満ちており、

また 回を改めて出直した方が良いかも知れない。

12_20190719114501







13.     美の追求に人生を掛けたエリザベートは 今日でも大人気。

花やリボン、 I love you などのメモ書きが添えられていた。 

13_20190719114501  



ハプスブルク家の歴史は偉大過ぎて  墓所を回ってもただため息が

出るばかりだった。  一族のあいだでも 似たような又は同じ名前が

繰り返し使われ 混乱することもある。



少々予習して来ても良いし またはぶっつけ本番でも

ウイーン来訪の折りは  この墓所だけは絶対見逃さないで欲しい ・・

 





*    *    *    *    *    *    *

 

« ウイーン驚きのカフェ5選。 トルテ戦争・ザッハートルテのお味は! | トップページ | 王宮で白馬の古典馬術・ウイーン少年合唱団 シェーンブルンの庭園 »

ウイーン 中欧・花の都」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
ハプスブルク家の名はもちろん、中世ヨーロッパで栄華を誇ったことも聞いたことはあります。教会の地下にこれほど立派な納骨所や棺があるとは?!どの棺も、棺というより”芸術品”ですね。
マリア・テレジアの名も聞き覚えはありますが、どのような方だったかは・・・???です (^_^;;ハズイ!マルガリータは22歳までに6人もの妊娠・出産で体はボロボロ・・・なんだか悲しくなります (;_;)グスン!かの有名なマリー・アントワネットもこのハプスブルク家出身だったのですね。勉強になります(^_^;;ヘヘッ!
今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウイーン驚きのカフェ5選。 トルテ戦争・ザッハートルテのお味は! | トップページ | 王宮で白馬の古典馬術・ウイーン少年合唱団 シェーンブルンの庭園 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック