« カプツィーナ皇帝納骨所 仲良き夫と眠るマリアテレジアの豪華な棺 | トップページ | 音楽の都ウイーン・ 皇妃エリザベートが絶世の美女だったので・・ »

2019年7月26日 (金)

王宮で白馬の古典馬術・ウイーン少年合唱団 シェーンブルンの庭園


ハプスブルク家が 13世紀後半から20世紀前半まで 600年間

暮らした 「 王宮 Hofburg 」 は、 代替わりの度増改築され 

今や 18の棟が入り組む一つの街のようになっている。




 

01.     全体では2500室以上に及ぶ宮殿だが、 

皇帝の部屋などコースで見学する部分と、 

博物館や乗馬学校・国立図書館・王宮礼拝堂など 

個別に訪ねる部分とがある。  



王宮の外壁を飾る芸術作品、 アートの腕を磨く絶好のオブジェだ!

01_20190726112701





 

02.     街と王宮は境めが無いので  王宮の広場を斜めに

ショートカットすれば ウイーンっ子達も早めに家路に着けるかも ・・・

02_20190726112701

 





03.   「 スペイン乗馬学校 Spanische Reitschule 」 1572年

マリアテレジアの父親が作った 世界最古の乗馬学校。 

強靭なスペイン種馬を導入したことからこの名が付いたと言う。

 

白馬がワルツのメロディに乗って 古典馬術の演技を披露する

公演がある。     VIPのお客様はシャンパンでお出迎え !?

03_20190726112701





 

04.    ワルツが響くと 豪華なシャンデリアが青くライトアップされ 

上昇する。   そして馬たちが登場。 ( 演技は写真NG )



美しいメロディをバックに人馬一体でステップを踏む。 

これぞ 歴史と訓練が育んだ 優雅な貴族文化そのものだ。

04_20190726112701





 

05.   「 国立図書館プルンクザール Nationalbibliothek Prunksaal 」

20万冊以上の蔵書を持つ 豪華絢爛 ” 世界一美しい図書館 ”。



天井の華麗なフレスコ画には 迫力ある群像 絵に描いた!バルコニー

今にも落っこちそうな人々、     だまし絵の面白さ満載だ。

05_20190726112701





 


06.   図書館ホールの中央部に立つ神聖ローマ皇帝カール6世像。


オスマントルコ戦争関係 ・ マルティン・ルターの宗教改革関係の蔵書、

豊かな印刷技術を示すカラフルな挿絵付き楽譜 など

さすがハプスブルク家、 貴重且つ膨大な収蔵品の数々だ。

06_20190726112701

 




07.    「 王宮礼拝堂 Burgkapelle 」 でのミサコンサート。

王宮礼拝堂のミサで ウイーン少年合唱団が歌うというので 

取りあえず 最前列の切符を買った。


ウイーン少年合唱団は 1498年創設と言うから 相当な歴史だ。

現在は東洋系の子も数人在籍している。

07_20190726112701

 





08.     しかし 注意すべきだったことは、 これはあくまで

ミサであってコンサートではないという点だ。  少年たちは4階の

天井桟敷から文字通り天使の様に歌うばかりで 姿は見えなかった。



正面祭壇では ずっと国立オペラ座合唱団のおじ?さんたちが歌い、

やっとミサの一番最後に 

少年たちが ’ 地上に ’ 降りて来て一曲歌ってくれた。



ご覧の通り 指揮者も 4階と連携を取りながらの熱演だった !

もし少年合唱団が目当てなら 4階の切符を買うと良いらしい ・・

08_20190726112701


           

 


 *    *    *



 


09.    さて次は 「 シェーンブルン宮殿 Schloss Schonbrunn 」


市街の南西部に建つこの宮殿は 17世紀に離宮として建てられ 

18世紀中ごろ マリアテレジアの肝いりで 最高に美しく仕上げられた。

 

マリーアントワネットもフランスに嫁ぐ15歳までここで生活し      

6歳のモーツアルトもここで 女帝に演奏を披露したと言う。

09_20190726112701

 





10.     宮殿の部屋数は1441室もある。 模型の部分だけでも

馬鹿でかいが、 この何十倍と言う広さの庭園に囲まれている。



宮殿内は写真はNGだったが 豪華と言う点ではベルサイユと同じだ・・

10_20190726112701

 






11.  宮殿南側に ネプチューンの泉と軍事的記念碑・グロリエッテ

が聳えている。    丘を登って行くにも30分はかかる広大さだ。

植物園など経由で 観光プチトレインで回るのもいいだろう。



この日、   腰まで届くウエーブの金髪に白い肌、

何とも形容しがたい 一風変わった女性が 丘から降りて来た。


豊かな毛量とスカートの中に尻尾を隠し持つ 摩訶不思議な

森の妖精フルドラが思い出され、 眼を離すことが出来なかった !

11_20190726112701




 


12.      庭園の一角に 華やかなバラのアーチがある。


”  自撮り姫  ”

12_20190726112701







13.      「  シェーンブルン動物園 Tiergarten 」 1752年

マリアテレジアの夫フランツ一世が作った 世界最古の動物園。


当時は  庶民の、でなく 皇帝夫妻のための動物園だった。

中央には夫妻が動物を眺めながら朝食を取ったパビリオンがある。 



しかし今では パンダもいるし、 展示方法に工夫があり

ヨーロッパのベスト動物園に選ばれ人気だと言う。   

13_20190726112701



多分 動物園としては 質量共に上野動物園の勝ちだろうが

何はともあれ ハプスブルク家宮殿の庭にある動物園だ。



マリアテレジアのご威光には 

さすがの上野動物園も負けるかも知れない ・・・・・ ^&^

 





 

*    *    *    *    *    *    *

 

 

 

« カプツィーナ皇帝納骨所 仲良き夫と眠るマリアテレジアの豪華な棺 | トップページ | 音楽の都ウイーン・ 皇妃エリザベートが絶世の美女だったので・・ »

ウイーン 中欧・花の都」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
ウイーンはもちろん、オーストリアの国へ足を踏み入れたことがない私・・・、bellaさんのブログを拝見して「ドイツやスイスへ旅した時、もう少し時間があれば・・・」と思う次第です。
ハプスブルク家の王宮、そんなに広いのですか?!絵を描いている若い人たちがいる場所も王宮の敷地内・・・?
乗馬学校、あまりにも豪華です(゚o゚)スゲェ!さらに図書館も!!どちらも概念を超えていますよね。
ウイーン合唱団、日本人もいたことがありますが今はいるのかな?
シェーンブルン宮殿、あまりにも有名ですよね。外観の美しさはもちろん内部も贅の限りを尽くした豪華な造りになっているのでしょうね。
11.の写真の女性、たしかに興味惹かれます。私もその場にいたらその「異様さ」に目を奪われるかもしれません。
今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カプツィーナ皇帝納骨所 仲良き夫と眠るマリアテレジアの豪華な棺 | トップページ | 音楽の都ウイーン・ 皇妃エリザベートが絶世の美女だったので・・ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック