« 今日の絵画 「 Kazuma 」 人生で一番美しい時 | トップページ | シュテファン寺院で石打ちの刑を偲ぶ。大観覧車で異臭の思い出。 »

2019年6月28日 (金)

ウイーンと東京でクリムト・シーレを観る。ウイーンで菩提樹に遭う。


ウイーンの 「 ベルべデーレ宮殿 Schloss Belvedere 」 は

フランス人貴族によって1723年に建設された後 ハプスブルク家の

夏の離宮となり、 華やかな歴史を紡いで来たバロック様式の宮殿だ。 





 

01.    1903年に宮殿の一部が美術館となって以来、

国家買い上げの クリムトの 「 接吻 」 は 超目玉作品として 

ずっと同じ位置に君臨している。

01_20190627104101  

 

 


02.    近年のクリムト人気で 美術館はいつも長蛇の列

季節によっては 何十分も 順番待ちしなければならない。 



門扉からの景色が オーストリアの20セントユーロコインの

デザインとなっている。    ユーロは国毎に裏面のデザインが

違うので 気を付けて見てみたい。

02_20190627104101



 


03.     折しも 2019年夏 日本とオーストリアの国交樹立

150年を記念して 東京都美術館と国立新美術館 両方で 

クリムト、シーレなどの展覧会があった。         実は肝心の



ウイーンで クリムト作品が手薄になっていたらどうしようと 心配も

したが 杞憂だった。  少々の作品放出で本家が貧するはずもなかった。

03_20190627104101   

                    (  フリッツア・リドラーの肖像 )





04.       館内は写真OK。 入場数制限のお陰で 

思いの外ゆっくり見られたが、  小学生や青年達の校外学習は 

欧州各国の例に似て  相変わらず盛況だった。

04_20190627104101




 

05.     グスタフ・クリムト (1862~1918 ) の芸術と生涯

については 多くが語られているので ここでは遠慮するが、



このように 顔などは写実的に、 それ以外は装飾的なデザインで

描くのが 正にクリムト的と言える。

05_20190627104101

                          「 花嫁 」






06.     「 アダムとエヴァ 」 (左)    美人さんもパチリ!  

06_20190627104101





      🎨           🎨



07.   次は エゴン・シーレ (1890~1918)。  彼はクリムトを

師として、  魂をえぐる様な 錯綜的・独特な絵を描いた画家だ。

07_20190627104101
                    「 エディス・シーレの肖像 」

 




08.     シーレは スペイン風邪によって28歳で早世するまで、

性病で亡くなった父 後年正気を失った母、 のようになるのでは

ないかという恐怖に 常に苛まれていた ・・

08_20190627104101
      「 抱擁 」 (上)   「 編集者 Edua 」 (下左)

 




09.    ベルべデーレ美術館では クリムトへの期待が大きかったが

想像以上に エゴン・シーレの大作が充実していた !



因みに 小品はさらに魅力的なのだが 世界最大のエゴン・シーレ

コレクションを持つ レオポルド美術館は 残念ながら定休日だった ~

09_20190627104101

                        「 死と乙女 」





10.      実に暗く汚れた色だが、 

それがまた とてつもない迫力を放っていた。

10_20190627104101
              「 家族 」   「 二人の子と母」 

 




11.     さて 私は クリムトとシーレの熱狂的な!?ファンの一人

であるが、   実は 二人の風景画が ことのほか大好きだ。  



根暗なシーレの風景画 、  楽天的なクリムトの風景画 、、 

自分のスクリーンセーバーはクリムト版で 作ってある。

11_20190627104201

                       「 シェーンブルン公園 」




 

12.     キラキラ輝く緑の木々、 細かい筆致で蒔き放たれる

色の点、    クリムトにとっての原風景は 一体何なのか、 

私は6月のウイーンを訪れて、 もしかしてこれ? っと気が付いた。

12_20190627104201  

                                  「 公園 」




 

13.      それは 街や公園のそこかしこに植えられていて 

6月に黄色い花を付ける ” 西洋菩提樹 ” だ。 



丸い葉っぱが 一粒ひとつぶの筆致で、 そこから漏れる幾千の

光の粒と影の集合体が クリムトの風景画の原点ではないだろうか。



お釈迦様のインド菩提樹とは違う  ” ウイーンの菩提樹 ” だ

13_20190627104201




今回 あるオーストリア人が言っていた。

” 菩提樹は 我々オーストリア人の魂の樹です ”   と。

 




6月に 上野と六本木とウイーンを訪れ クリムトとシーレの絵を

存分に鑑賞出来て大変幸せだったが、  私にとって最高の歓びは 

 

黄色い花を咲かせた 光り輝く6月の菩提樹に巡り合ったことだった。






 

*    *    *    *    *    *    *

 

« 今日の絵画 「 Kazuma 」 人生で一番美しい時 | トップページ | シュテファン寺院で石打ちの刑を偲ぶ。大観覧車で異臭の思い出。 »

ウイーン 中欧・花の都」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは(^o^)/!
絵画をはじめ美術に疎い私は、クリムトもシーレも存じませんでした (^_^;;ハズイ!
子供たちらの校外学習、私もローテンブルクの博物館で遭遇したことがあります。その時引率の先生は、子供たちが私の見学の邪魔をしていると思ったのか子供たちに注意し、ある子が「Entschuldigen(ごめんなさい)」と言うので私は「Kein problem(大丈夫だよ)」と答えたことを思い出しました。
『美人さんも・・・』って、ホント美人さんですネ (*^o^*)!頭の上に乗せたサングラス(?)がいいですネェ!
最後の「公園」の作品と西洋菩提樹がある公園・・・、私も拝見して「確かにそうかも・・・?」と納得しました(^_^;;ヘヘッ!
今回はバーチャル旅行と言うより、バーチャル美術館訪問させていただきました。
ありがとうございました (^_^)ニコッ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の絵画 「 Kazuma 」 人生で一番美しい時 | トップページ | シュテファン寺院で石打ちの刑を偲ぶ。大観覧車で異臭の思い出。 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック