« ベルゲン・ブリッゲン地区、木肌が魅力 世界文化遺産木造建築  | トップページ | 「ツヴィンデの滝」「ホテル・スタルハイム」フィヨルドの話あれこれ »

2019年2月15日 (金)

ベルゲン魚市場 物価高・串焼きとジュースで食事代6800円

 
ノールウェーの古都 ・ ベルゲンの歴史地区、 ヴォ―ゲン湾沿いに

魚市場がある。 1276年のオープン以来730年以上も続いている。


ノールウェーの海の資源がどれ程豊かで、 国民生活と産業に

どれ程重要な役割を果たして来たかを 物語る歴史の長さだ。 







01.     笑ってるみたいな大口のアンコウ、 サーモン マス

タラ オヒョウ ナマズ 多くの甲殻類などが ケースに並べられていた。


切り身も無い訳ではないが 多くは 丸ごと、またはフィレ状で売られる。

01








02.       農地は国土の3%しかないけれど、  ’北海’ が 

原油と水産物という 2大資源を生み出してくれるお陰で ノールウェーは

大黒字国家、今や EUにも加盟せず 悠々と高福祉国家の道を歩んでいる。

02








03.     今日 日本のスーパーでは サーモン 鯖 ししゃもなど 

ノールウェー産の水産物が 当たり前のように並んでいる。  一方


ベルゲンの魚市場では 寿司職人が海苔巻きや握り寿司を作っていた。 


世界ではとんでもないアレンジ寿司が横行しているが、   ここのは

産地直送・ネタも良く 正統的で美しく 美味しい寿司だと評判だ。

03








04.     ハンザ同盟を下支えした歴史ある産物 「 干し鱈 」 は

ノルウェー北部で獲れた鱈を塩漬けにして干した 昔ながらの保存食、

今なお名物だ。    ゆっくり水で戻したものを改めて調理して食べる。

04








05.     さて フィッシュマーケットで 軽く食事をとることにした。

05








06.     ムール貝の酒蒸し(2384円) と エビ ほたての串焼き

(2つで3504円) を頼んだ。    単純な料理なのに、 
  

レモンを絞って頬張ったら  天にも昇る幸福感が降りて来た !   

しかし 値段も天にも昇るほどお高い ・・

06








07.     地元で一番人気 アップルとブルーベリーのジュース

’ Gudvangr ’ も 併せて一瓶注文した (料理注文割引で944円)。 
 

計4品で427クローネ、 2018年の換算レートで 6、832円也 !

日本で フレンチのランチ・コース2人前ぐらいは 食べられそうだ。

07

 






08.     屋台は 透明のシートで覆われていた。  夏はまだしも、 

秋・冬・春 極寒の季節は シートがなかったら凍てつくことだろう。


湾沿いに セグウェイ・観光ツアー の一団が通っていった。

08








09.   パンケーキ(1枚480円)の 美味しそうな匂いが漂って来た。 

串焼き1本ぐらいでは まだまだお腹は満たされない ・・

09








10.      パンケーキを買ったものの ジャムやクリームを見て

一瞬たじろいだ。  クリームが垂れて ジャムが飛び散っている !


不潔かも 、、、、  エエーイ、 ここで怯んではならない。 

汚れてなさそうなところを選んで ケーキにトッピング。 

10

 






11.     一方 マーケットのトイレは  殺菌作用のブルーライト。


日本よりカード社会が進んでいて 使用料は小銭でなく カードだった。 

お陰で 扉を開けるまで結構 頭を使いました !

11








12.      ノールウェーは 平均寿命 教育 所得 医療 

生活水準などから算出される 豊かさ指数が12年連続で世界一だ。


しかし 出産や医療・教育費が無料という高福祉国家の裏には 

高い税金があるし、 女性の議員や教師の数が多い男女平等社会には

女性にも徴兵制が課せられるなどの側面もある。 


何事も ’ほどほど’ の日本社会と比べたら 興味深いことだ。

12








13.      フィッシュマーケット越しに 

丘を逆登って重なる 街の教会やホテル 家々が見える。 


遠近が短縮されているが、 フィヨルド地形のごく僅かな平地部に 

街が作られたことが よく分かる。

13

 


因みに 現金払いでなく トラベラーズチェックや カード払いでは

もう少し換算率が良くなる場合もあるし、

換算レート自体 日々変動している。  




が、 いずれにせよ 北欧では

旅行者の財布に 北風がピューっと吹き付けることは間違いない。







********      ********    

 

« ベルゲン・ブリッゲン地区、木肌が魅力 世界文化遺産木造建築  | トップページ | 「ツヴィンデの滝」「ホテル・スタルハイム」フィヨルドの話あれこれ »

北欧 ノールウェー ベルゲン」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは
ノルウェー・ベルゲンの街第二弾、物価のお話ですね。
北欧は福祉が進んでいる代わりに物価が高いとよく言われますよね。
確かに私が訪れたフィンランドも、食べ物は高かったです。レストランではなくファーストフード店のようなところで食事をしたような記憶です。
しかしノルウェーの物価はもっと高いようですね。写真のあの串焼きが1本1750円ほどなのですよね?!日本だったら「ぼったくり過ぎだろ?!」と突っ込み入れたくなります
パンケーキだって、あれで480円とは ?!
ノルウェー国民にとっては福祉が進み教育や医療費が無料である分、他が高くても気にならないのでしょうね。それゆえに幸福度も世界一なのでしょう!
逆に子供がいない人や健康で病気知らずの人にとっては、かえって住みにくい国とも言えるのでは?と思います。旅行者にとっても、物価の面で厳しい国ですね。
今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベルゲン魚市場 物価高・串焼きとジュースで食事代6800円:

« ベルゲン・ブリッゲン地区、木肌が魅力 世界文化遺産木造建築  | トップページ | 「ツヴィンデの滝」「ホテル・スタルハイム」フィヨルドの話あれこれ »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック