« 「ヘルシンキ」 北欧建築シンプルです & シベリウス公園 | トップページ | ノールウェー「裏見の滝スタインダール」「内陸の不思議な景観」 »

2019年1月25日 (金)

「ヘルシンキ」 ロシア正教会 マーケット広場で留学生に遭う

 
ヘルシンキ ⇔ 成田は9時間半、 日本からとても近いヨーロッパだ。


長く ハブ空港として珍重されて来たアムステルダム、 南周りのドバイ

と並んで ヘルシンキはハブ空港として目覚ましい発展を遂げている。






01.   ヘルシンキ市街東側 エテラ港に面したマーケット広場には 

果物や野菜 魚介類 工芸品などの露店が並んでいる。    


頭上のネットはカモメ避けだ。

01








02.     港には Sightseeing の遊覧船が停泊している。

イチゴは1パック6ユーロ。  北欧のカモメとカラスは やっぱり洋風?! 

02








03.     防御ネットもお構いなし 、、、   彼らは自由なカモメ 、、、 

03

   






04.        マーケット広場遠景

04








05.      マーケット広場の対岸・カタヤノッカ半島側。 

函館や横浜のように 港にお似合いの赤煉瓦の建物が続く。


半島へ渡る橋の欄干に鈴なりの錠前、 今や世界にありふれた風景だ。

05
( 
半島側から見たヘルシンキ大聖堂  )







06.      「 ウスペンスキー寺院 1868年 」     これも

赤煉瓦造りのロシア正教会。   ロシアの支配を受けた時代の証しだ。

如何にも頑丈そうな巨大岩盤丘陵上に建造されている。

06

                    (  手前は貸自転車  )







07.     イコノスタシス ( イコンで覆われた壁 ) に描かれている

キリストと12使徒のテンペラ画が見どころ。


聖堂の地下に、 第2次世界大戦時 ソ連軍の空爆から逃れるための

防空壕が掘られた。    あの岩盤なれば きっと頼りになっただろう。

因みに現在は コンピューターのサーバーが置かれているらしい。

07








08.    この聖堂は 別名 「 生神女就寝大聖堂 (しょうしんじょ

しゅうしん だいせいどう) 」 という。 生神女はカトリックで言うマリア、

就寝は昇天を意味する。  ロシアの正教会の興味深い呼び名だ ・・

08








09.       堂々たる正教会の姿

09








10.        街角風景

10








11.      さて昼時になったので、 先程のマーケットの屋台で 

サーモンソテー野菜添え、 種々の魚介入りシチューを食べた。


テント内は結構混んでいて、 一瞬のタッチで空きテーブルを確保した。

するとアジア系の女の子が 相席してよろしいですか、と聞いて来た。



しばらく英語で会話していたが 持ち物か何かで私が日本人と判明!

途端に日本語が炸裂 ・・   
 

彼女は関西の名門大学からヘルシンキ大学に来た留学生だった。

しかも 一年間の留学を終え翌日 日本に帰るところだという。

11








12.      彼女はものすごく上品で、 皇室の眞子さん佳子さんの

雰囲気によく似ていた。  翌日の帰国に備え 荷物・部屋を整理して

当日は友人の部屋に滞在中、 マーケット広場の見納めに来たそうだ。



何故ヘルシンキ大に、勉強はどんな感じ、友人は、気候は、食べ物は、

フィンランド語は身に着いたか、、 失礼ながら矢継ぎ早に質問を飛ばした。



たまたま前の客がテーブルに新聞を置いて行った。  フィンランド語は

maan taloudellinen kriisi 。。  lampenee edelleen suuntaus 。。

などと同じアルファベットが並び、 8種類ある母音も複雑に組み合わさる。


文法などレクチャーしてもらったが 全然呑み込めなかった。

12
( ヘルシンキ大学は 大聖堂前の元老院広場に面した建物だ )





彼女も残念ながら 一年ではフィンランド語を話せるまでに至らず 

そのうち是非再留学したいと言っていた。  



マーケットでイチゴを買って 一緒に分けて食べた。

さらに勉強を続け フィンランドでの素晴らしい経験が 

彼女の若い人生に 活かされて欲しいと心から願った。





         






13.       さて 私が 北欧旅行を終え成田に着くと、

何やら 到着した外国人にインタビュー中


” You は何しに日本へ ”  あの番組のクルーだった。

本当に突撃しているのだなァ ・・   この番組 私も嫌いではないが、

13




日本人ほど 外国人好きで 親切なお人好し国民はいないだろうし

日本人ほど 外国からどう見られているか気になり、  また

褒められたら嬉しくなる国民も いないかも知れない。



もし地続きで外国と接していたら 常に もっと緊張感と懐疑の心を

抱いているだろうし、   褒められても 子供のようにニコッとして

ばかりはいないだろう。



ヘルシンキに留学した彼女も 苦い経験も含めて 

どんどん大きく成長し、 

逆境に強い日本人になって欲しいもの ~~








********     ********      
 

« 「ヘルシンキ」 北欧建築シンプルです & シベリウス公園 | トップページ | ノールウェー「裏見の滝スタインダール」「内陸の不思議な景観」 »

北欧 フィンランド・ヘルシンキ」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは
ヘルシンキの街、私が訪れた真冬の季節とは全く様子が違います。
冬のマーケット広場は、テントの数もまばらで、ほんの数件ぐらいしか出ていませんでした。すぐそばにあるフィッシャーマンズワーフも、賑わいには程遠い状態でした。夏のヘルシンキの様子、人々の装いを知ることができ、とても嬉しいです。

かつて海外旅行でアジア系の人に逢うと、日本人が圧倒的に多かったのですが今は韓国や中国からの旅行者もかなり多いですから、出会った彼女もbellaさんたちを見て日本人かどうか自信がなかったのかな?1年間のヘルシンキでの留学生活、なんだか羨ましいです。
フィンランド語って語尾が 「i」 で終わる単語が多い印象を持っています。例ば”Hoteli”、”Kioski”など・・・。
「Youは何しに日本へ」、私もこの番組が好きでよく見ています。
う~ん・・・、確かにbellaさんがおっしゃる通り日本人って外国人に対してお人好しな国民かもしれませんね。江戸時代の鎖国政策が列強からの植民地化を避けることができ、さらに島国ゆえ他国とは海で隔たれ独自の成長を遂げた・・・そんな下地があるからなのでしょうね。

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ヘルシンキ」 ロシア正教会 マーケット広場で留学生に遭う:

« 「ヘルシンキ」 北欧建築シンプルです & シベリウス公園 | トップページ | ノールウェー「裏見の滝スタインダール」「内陸の不思議な景観」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック