« 「ノーベル博物館・山中博士のサイン椅子」「美しき旧市街・ガムラスタン」 | トップページ | 「 謹賀新年 」  空から富士山を拝む! »

2018年12月28日 (金)

ストックホルム運河めぐり 水上に浮かぶ古都晴れ晴れ!

 
ストックホルムに 船で運河を巡る  「 Canal Tour」 がある。

回る範囲 ・ 乗船時間などにより 何種類かあるが、 






01.    私は ’ Royal Canal Tour ’ 50分スタンダードコース

を選んだ。  パリのバトームッシュよりちょっと小型のボートが待っていた。

01








02.     出航して程なく  歴史あるシェップスホルムズ橋をくぐる。 

02









03.      次に 小さな入江に停泊して 再びお客を乗せた。

これで満席。 目の前にあったのが Royal Dramatic Theatre 1788年。  


ノルウェーのイプセン スウェーデンのストリンドベリなど、 北欧の演劇は

極夜の季節にも 人々の心を満たして来たのではないだろうか。 

03








04.     ホテルや美術館など瀟洒な建物と 小型帆船がマッチして

北欧の夏を彩っている。

04








05.      1800年代製造の 「 アフ ・ チャップマン号 」

実はこれ 結構歴史の古いユースホステルなのだ。   


夫 ・ bella-danna も 昔ここに泊ったことがある。 

未だ営業中とは、、、  懐かしさでいささか興奮気味 !



現在 内部は老朽化、 天井が低いとか 臭いとか狭いとか文句も

出るようだが、 ロマンチックだし 物価の高い北欧では相変わらず

庶民の味方であることに違いないようだ。 

05








06.     運河の幅が狭まると ボート遊びの人々と静かにすれ違う。

06








07.     ’ ピッツア・クルーズ ’’ ダイニング・クルーズ’ など

コースや時間帯によって 食べ物が出るツアーもある。     が、


私の50分コースはあっと言う間に終了、 ある意味お手軽で良かった。

07








08.      運河と言うより海溝といった 幅広の海域もある。

ドイツ教会など素晴らしい風景を楽しんでいると  


やがて大型客船が2隻 目に入った。  その名も ’ヴァイキング号’

このクルーズ船で 夕刻からヘルシンキに向かう予定になっている!

08








09.     楕円を描くように回った運河ツアーもそろそろ終盤。 旧市街

のあるガムラスタン島付近に戻った。  中央が大聖堂、右手が王宮。

09








10.     王宮では実際国王が執務しているが、一部見学も出来る。

王宮には600余の部屋があり、  時間により衛兵交代式も見られる。

10








11.      いよいよ出発地点に戻る。   船着き場に面した 

「 Grand Hotel 1874年 」 (右手) はストックホルム一の格式で、

ノーベル賞受賞者は たいていここに泊る。



ホテルの鏡の間は ノーベル賞が始まった最初の30年間 授賞式の

会場だったというから別格だ。   本所佑さんはじめ様々な受賞者が

今年も 赤絨毯が敷かれたホテルの玄関を出入りした。 

11








12.       船を降りると 私は荷物をまとめて 

いそいそと ヘルシンキ行き ヴァイキング号が待つ埠頭へ向かった。

12








13.     街の様子を見るのは 王宮の中を見るよりずっと楽しい。   


Sofia Matbutik ” 7~23 セブンイレブン ” 型店舗もあった。

13


さて 運河めぐりと言えばヴェニスだが ヴェニスは小さな人工島、 

ストックホルムは バルト海に広がる14のストックホルム諸島から成っていて

運河の幅が広い。     



ヴェニスの手漕ぎ運河めぐりとは 全く違う 伸びやかで

晴れ晴れしたクルーズだと 

( 期待外れにならないよう ) 報告しておきたい ・・・ 







********      ********    
 

« 「ノーベル博物館・山中博士のサイン椅子」「美しき旧市街・ガムラスタン」 | トップページ | 「 謹賀新年 」  空から富士山を拝む! »

北欧 スウェーデン・ストックホルム」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは happy01
ストックホルムの旅の続き、楽しみにやって来ました wink
前にも書きましたが、ストックホルムがたくさんの島々からなる街だとは知らなくて、運河をクルーズ船で周り街の様子を楽しめるのですね。歴史ある格調高い建物がクルーズ船からどれほどたくさん眺められたでしょうか?
「アフ ・ チャップマン号」、現役当時は帆船だったのでしょうか?それがユースホステルとして利用されているとは?!私がもし若ければ、ぜひ泊まってみたいと思うことでしょう。しかしこのユースホステルに、bellaさんのご主人様がかつてお泊りになったことがあるとは?!ベッドルームをはじめ中の様子に興味津々です smile
バイキングラインの大きなフェリー、ヘルシンキの港で見ました。とても懐かしいです。この大きくて豪華なフェリーの中の様子、それも楽しみです。
> 街の様子を見るのは 王宮の中を見るよりずっと楽しい。   
私も同感です。王宮や宮殿の中を見るのも楽しいのですが、それ以上にその街やそこで暮らす人々の様子を見るほうがずっと楽しいですよネ happy02
今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました confident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577816/67530839

この記事へのトラックバック一覧です: ストックホルム運河めぐり 水上に浮かぶ古都晴れ晴れ!:

« 「ノーベル博物館・山中博士のサイン椅子」「美しき旧市街・ガムラスタン」 | トップページ | 「 謹賀新年 」  空から富士山を拝む! »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック