« 「セゴビア」 ローマの水道橋・仔豚の丸焼き料理屋に入店 | トップページ | 白雪姫のモデル「アルカサル城」 は 素晴らしき八方美人! »

2018年11月30日 (金)

「仔豚の丸焼き・コチニーリョ」 母乳を飲んで2週間で料理となる!

 
セゴヴィア名物料理 仔豚の丸焼き 「 コチニーリョ Cochinillo Asado 」

を食べようと,  その専門レストラン ホセ・マリア Jose Maria にやって来た。







01.      店のショウウインドウに 仔豚が飾られている。

生れて2~3週間の乳呑み子だ。  眉間の赤いマークは電気ショックの跡


瞬殺は仔豚のためでもあるが、 

暴れることで 肉が固くなるのを防ぐためでもある。

01








02.      メダルを首にかけたホセ・マリア氏、 2002年には専用の

仔豚牧場を作り 安定的に高品質の仔豚ちゃんを生産している。


因みに 1930年代にコチニ―リョを創案したのが ローマの水道橋そばの

レストラン・Candido。  コチニ―リョ・レストランの印しを 初めて

地図 Map上に登場させたのは Candidoだが、  後発組とは言え 


Google Map上にアイコンを登場させたのが Jose Maria と言われている。

02

 






03.     仔豚は3~4kgまでの大きさで、 生後 母親の母乳しか

飲んでない時期のもの。  結局牧場では  出産から母乳まで 

むしろ母豚の成育環境に 大きな注意が払われていると言えそうだ。

03








04.     さて7時半頃のレストランは閑散としている。 通常ディナーは

9時頃から始まるからだ。    私達は無理を承知でお願い入室、 

前菜などからゆっくりと 時間を稼ぎながら過ごした。




ある旅行サイトで、  セゴヴィアのレストランで 7時に入店を断られ

7時半に出直したが メニューは持って来ず サービスも悪く放っておかれた、 

との日本語クレームが載っていた。      



一方あるアメリカ人ルポライターは 郷に入っては郷に従え、 どんなに

飢え死にしそうなくらいお腹が空いても starve to die !  9時まで待とう!

それまでは どうせメニューもサービスも貧弱に決まっているから ・・

と書いていた。

04

    






05.       仔豚の丸焼きがやって来た。

05








06.      先ずは背骨から 手足へ、  10秒以内に手際よく

サックサックとお皿で切り分けるのがプロの業。  ナイフより皿の方が 


真上から力が入り 軽快でダイナミックな作業が出来るし、

お客にとっても 特別なアトラクション感が得られる ・・

06








07.      皮がパリパリ 肉は柔らかく美味しかった。  しかし、

物珍しさを凌駕するほどの美味しさか、というと まあそれほどでもない。



因みに 切り分けたあと お皿を床に放ってガッチャーンと割る儀式、

いつでも どこでもやる訳ではない。    あれ、相当破片が飛び散る !



破片の掃除がしやすい部屋、 大人数や団体が相手の時、 しかも

どこの国とは言わないが、 カメラを構えたり キャーキャー大騒ぎで

喜びそうな観光客が来た時、 接客のプロは適格に判断するに違いない。

07

(      尻尾もチョロッと 巻いてます )







08.       この日は仔豚の6分割のうち 2ピース分18ユーロ、

前菜やスープ ハモンイベリコ ワイン デザート等々 60ユーロほど。

08

 






09.      いつの間にか お客が満杯になっていた。 


料理やワインのメニューを読み込む姿は 受験生のように真剣だ。 

09








10.     満腹を抱えつつ帰路に就く。 ここはイタリアンレストラン。  

あとでネットで調べたら スゴい酷評が載っていた。  



真偽のほどは別として、 旅行の場合は一発勝負だから なるべく

美味しいレストランに当たりたいものデス ・・・

10








11.        仔豚を食したあと、、、    牛革、、、 靴屋のショウウインドウ

11








12.        翌朝 セゴヴィアの街角で、  
 

世界ネコ歩きじゃあないけれど 

なんだか ネコがいるとそれなりの雰囲気が出るものです。

12








13.       次回は 石畳の古い街並みを歩いて 

街の西端、  アルカサル城を訪ねます。

13




生れて2週間  ママのおっぱいだけ飲んで 人間の料理になる子豚ちゃん ・・




人間はいろいろな命の恩恵で生きていけるのですね ・・









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« 「セゴビア」 ローマの水道橋・仔豚の丸焼き料理屋に入店 | トップページ | 白雪姫のモデル「アルカサル城」 は 素晴らしき八方美人! »

スペイン マドリッド・セゴビア・アビラ・サラマンカ」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは
オォーッ!ついに出てきました、子豚の丸焼き・・・
あんな風にレストランのショーウインドーに飾られ、そして料理されて出てくるのですね。
外はパリパリ、中はジューシー・・・といったところでしょうか?
バンコクで食べた子豚の丸焼きは、美味しいハムのような印象だったような気がします。むしろ、ドイツのアイスバインに近いかもしれませんね。
しかしせっかく生まれてきた子豚ちゃん、まさかほんの2週間でこのような運命になるとは・・・
私は「郷に入っては郷に従え」、それが当然だと思います。海外へ行って、その国の習慣やモラルを知らずクレームをつけること自体、傲りであると思います。知らなかったことは仕方がないとして、一つその国のことを知ったと思えばいいし、次からそれに倣えばいいだけのこと。そうすれば、気分よく旅できますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「セゴビア」 ローマの水道橋・仔豚の丸焼き料理屋に入店 | トップページ | 白雪姫のモデル「アルカサル城」 は 素晴らしき八方美人! »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック