« 屹立するセコイアの巨木 | トップページ | セコイアの倒木 アートみたいな造形美 お腹の中も探検! »

2018年8月24日 (金)

シャーマン将軍・グラント将軍 セコイアの巨木を訪ねる

 
アメリカカルフォルニア州 セコイア&キングスキャニオン国立公園は 

ヨセミテ国立公園に近いものの 

交通の便が悪く、マイカーやレンタカー頼みとなる。



しかしジャイアントセコイアの巨木 特に ’2人の将軍’ に会うために

はるばる出かける価値は充分ある。






01.      北南に縦に並んでいる キングスキャニオン国立公園と

セコイア国立公園は ほぼ手つかずの巨大ナショナルパークで、 


人が出入りできるのは 3つのビレッジ・センターがある西側の一画のみだ。

01

                                      ( グラント将軍の足元 )






02.     キングスキャニオン国立公園内のグラントグローブ・ビレッジには

  巨大セコイア群を30分ほどで手軽に見てまわれる

遊歩道公園が整備されている。

02

 






03.     これが 1人目の将軍 「 グラント将軍の木 General Grant Tree 」

高さは81.7m 根元周りが32.8m 直径12.3m 樹齢は1800~3000年


     ( 因みに 屋久島縄文杉の高さは25.3m  根回りは 16.4m )

03








04.     この木には アメリカ軍の将軍であり 後に第18代アメリカ大統領と

なった 高名のグラント将軍 Ulysses S. Grant の名が付けられた。

04








05.     1926年4月 クーリッジ大統領によって Nation's Christms Tree 

として ここでクリスマス祭が行われることが承認され、   その後 


1956年3月には アイゼンハワーによって National Shrine として 

戦争で亡くなったアメリカ人を慰霊する場所と指定された。

05

                                             (  写真は 現地の写真集より )






06.      今日の研究では ほぼ1650歳と推定されているようだが、


いずれにせよ 死にかけた老将軍でなく 写真のように青々と葉が茂り、

まだまだ天を目指す意欲に溢れている様子が 何とも感動的だった !

06








07.      カルフォルニア州の山々は 如何にも水不足、

茶色く干上がっていた。          そんな風景と比べ 


4400mの霊峰を抱くシエラネバダ山脈の西側に広がる 

セコイア&キングスキャニオン国立公園の深い緑と巨木群の存在は 

一層謎めいて見えたものだった ・・

07








08.     これが2人目の将軍 セコイア国立公園内にある 

「 シャーマン将軍の木 General Sherman Tree 」。


高さは83.8m 根元周りが31.1m 直径11m 樹齢は2300~2700年

08








09.    南北戦争における北軍の指導者ウィリアム・シャーマンに因んで

この名が付けられた。  長く グラント将軍の木と世界一の座を巡り論争が

続いたが 1931年にシャーマン将軍の木が世界一と認められると

アメリカ人の間で 一層人気者となった。

09









10.     木の周り どこからでも写真は撮れるが、 プレートと共に記念撮影

したいのが アメリカ人の自然な願いに違いない。  この通り 長蛇の列 !

10








11.     大樹の場合、一体どのようにナンバーワンが決まるのだろうか。


  樹齢(3200歳) や樹高(95m) で言ったら グラント将軍・シャーマン将軍

を遥かにしのぐつわものが他にもいる。 

11

 






12.     直径で言えば  シャーマン将軍よりグラント将軍が優勢だが 

シャーマンが 最も偉大な木となった決め手は ’ 容積 Volume ’ だ。



実際切り倒すことはないが、 樹木はどれだけ
材として利用できるかが命、

シャーマン将軍の容積は1487m3   ( グラント将軍は1320m3 ) 


この現地のプレートによれば  アメリカのバスタブ9844杯分だと言う。 

                        ( ピンと来ないが ・・   ^&^ )

12








13.     セコイア国立公園のあちこちで 他にも 柵で囲われるでもなく

樹齢1000年以上のジャイアントセコイアの巨木が鎮座している。 


何番目に偉いか、は別として 彼らが存在し続ける限り

地球も無事でいられるのかも知れない。

13

     

空港やアヴェニューに偉人の名を付けるのは よくあることだが

セコイアの巨木に将軍の名を付けるとは 如何にもアメリカンだ 。



日本では 御神木か 今風にはパワースポットと呼ばれるかもしれない ・・・








...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

« 屹立するセコイアの巨木 | トップページ | セコイアの倒木 アートみたいな造形美 お腹の中も探検! »

アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは
将軍の名を冠したセコイアの巨木、いやはや・・・デカイ
高さは屋久島の縄文杉の3倍以上、根元の太さは2倍・・・スゴイ
それにしても80mもの高さの木って・・・想像ができません
しかも、まだまだ成長途上・・・!本当に凄いですネ!
もし屋久島の縄文杉に、これに倣って名前を付けるとしたら・・・
bellaさんでしたらどんな名前を付けますか?
私・・・?だったら・・・鹿児島ゆかりの「西郷どん」かなぁ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャーマン将軍・グラント将軍 セコイアの巨木を訪ねる:

« 屹立するセコイアの巨木 | トップページ | セコイアの倒木 アートみたいな造形美 お腹の中も探検! »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック