« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

セコイアの倒木 アートみたいな造形美 お腹の中も探検!

 
アメリカ セコイア・キングスキャニオン国立公園の セコイアの巨木は

現役の英雄ではあるが  朽ちてもなお魅力的な存在だ。






01.       セコイアの倒木  アートみたい、見事な造形美 ! 

しかも中に入れるなんて ちょっとした冒険心が湧いてくる ・・

01








02.     所どころ こうして朽ち果てた巨木が横たわっている。

こんな大木がどんな方向に倒れるかは運任せ。

02








03.      1937年に倒れたセコイアは 道を塞いだ。 

今や  「 トンネルログ Tunnel Log 」 として 名所となっている。

03








04.      くぐったからと言って どうということもないのだけれど、

何故かワクワクした !

04








05.      「 Life after Death 」  セコイアは倒れた後も

何十年、 いや 何百年・何千年も 森のベッドで休み続ける。 


パネルの説明によると、  パネル前の ’ 1900年に倒れた君主 

Fallen Monarch ’ は 百年前そのままの姿で横たわっている。

05








06.    こちらの倒木も  失礼してお腹の中探検させていただきます!

06








07.      小屋前に貼られたパネルの説明によると、


”  1872年 まだ国立公園となる前 倒木そのものを住居として 羊を

飼育する人々がいた。  1890年 国立公園になると 騎兵隊がやって来て 

馬の飼料などを小屋に蓄えた。 1902年から7年間  民間レンジャーが

小屋に住み 森を守るばかりでなく セコイアの種まき・植樹も行った。

07

 






08.      パネルを読み損なったが、 年輪で樹齢がわかるのだろう。

08








09.      セコイアの巨木・シャーマン将軍の近くは 観光客が最も多い。

木肌むき出しのこの倒木は 落書き専用として 身を捧げているかのようだ。

09








10.     落雷や山火事は セコイア国立公園にとっては重大事。


最近では2015年の火事が大きかったらしいが、 

雷を原因とする火事は 5~15年毎に起こるという。


黒焦げの幹の下で ピンクの高山植物が絨毯となって咲いていた。

ある種の生命の循環が起こる場合もあるようだ。

10








11.       こちらの倒木にも 失礼します ~

11








12.      切通しとなっていた。   落書きも一面に ・・

12







13.       こちらは ’ 生け花のオブジェ ’ としていかがでしょ。


日本では フラワーアレンジメントで 流木や木の根っこがモテモテだけど

こんな大きなオブジェ 使った華道家は恐らくいないでしょうね ・・・・・

13





倒木となったセコイアは 死ぬのでなく 森のベッドで眠り続ける、


たとえ朽ち果てても 森の糧となり、  人の眼も楽しませる、




偉大な循環を目の当たりにさせてもらいました ・・・









♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

2018年8月24日 (金)

シャーマン将軍・グラント将軍 セコイアの巨木を訪ねる

 
アメリカカルフォルニア州 セコイア&キングスキャニオン国立公園は 

ヨセミテ国立公園に近いものの 

交通の便が悪く、マイカーやレンタカー頼みとなる。



しかしジャイアントセコイアの巨木 特に ’2人の将軍’ に会うために

はるばる出かける価値は充分ある。






01.      北南に縦に並んでいる キングスキャニオン国立公園と

セコイア国立公園は ほぼ手つかずの巨大ナショナルパークで、 


人が出入りできるのは 3つのビレッジ・センターがある西側の一画のみだ。

01

                                      ( グラント将軍の足元 )






02.     キングスキャニオン国立公園内のグラントグローブ・ビレッジには

  巨大セコイア群を30分ほどで手軽に見てまわれる

遊歩道公園が整備されている。

02

 






03.     これが 1人目の将軍 「 グラント将軍の木 General Grant Tree 」

高さは81.7m 根元周りが32.8m 直径12.3m 樹齢は1800~3000年


     ( 因みに 屋久島縄文杉の高さは25.3m  根回りは 16.4m )

03








04.     この木には アメリカ軍の将軍であり 後に第18代アメリカ大統領と

なった 高名のグラント将軍 Ulysses S. Grant の名が付けられた。

04








05.     1926年4月 クーリッジ大統領によって Nation's Christms Tree 

として ここでクリスマス祭が行われることが承認され、   その後 


1956年3月には アイゼンハワーによって National Shrine として 

戦争で亡くなったアメリカ人を慰霊する場所と指定された。

05

                                             (  写真は 現地の写真集より )






06.      今日の研究では ほぼ1650歳と推定されているようだが、


いずれにせよ 死にかけた老将軍でなく 写真のように青々と葉が茂り、

まだまだ天を目指す意欲に溢れている様子が 何とも感動的だった !

06








07.      カルフォルニア州の山々は 如何にも水不足、

茶色く干上がっていた。          そんな風景と比べ 


4400mの霊峰を抱くシエラネバダ山脈の西側に広がる 

セコイア&キングスキャニオン国立公園の深い緑と巨木群の存在は 

一層謎めいて見えたものだった ・・

07








08.     これが2人目の将軍 セコイア国立公園内にある 

「 シャーマン将軍の木 General Sherman Tree 」。


高さは83.8m 根元周りが31.1m 直径11m 樹齢は2300~2700年

08








09.    南北戦争における北軍の指導者ウィリアム・シャーマンに因んで

この名が付けられた。  長く グラント将軍の木と世界一の座を巡り論争が

続いたが 1931年にシャーマン将軍の木が世界一と認められると

アメリカ人の間で 一層人気者となった。

09









10.     木の周り どこからでも写真は撮れるが、 プレートと共に記念撮影

したいのが アメリカ人の自然な願いに違いない。  この通り 長蛇の列 !

10








11.     大樹の場合、一体どのようにナンバーワンが決まるのだろうか。


  樹齢(3200歳) や樹高(95m) で言ったら グラント将軍・シャーマン将軍

を遥かにしのぐつわものが他にもいる。 

11

 






12.     直径で言えば  シャーマン将軍よりグラント将軍が優勢だが 

シャーマンが 最も偉大な木となった決め手は ’ 容積 Volume ’ だ。



実際切り倒すことはないが、 樹木はどれだけ
材として利用できるかが命、

シャーマン将軍の容積は1487m3   ( グラント将軍は1320m3 ) 


この現地のプレートによれば  アメリカのバスタブ9844杯分だと言う。 

                        ( ピンと来ないが ・・   ^&^ )

12








13.     セコイア国立公園のあちこちで 他にも 柵で囲われるでもなく

樹齢1000年以上のジャイアントセコイアの巨木が鎮座している。 


何番目に偉いか、は別として 彼らが存在し続ける限り

地球も無事でいられるのかも知れない。

13

     

空港やアヴェニューに偉人の名を付けるのは よくあることだが

セコイアの巨木に将軍の名を付けるとは 如何にもアメリカンだ 。



日本では 御神木か 今風にはパワースポットと呼ばれるかもしれない ・・・








...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

2018年8月17日 (金)

屹立するセコイアの巨木

 

残暑お見舞い申し上げます



Dsc_144110



猛暑に負けそうな今日この頃ですが セコイアの巨木に習い、 


背筋を伸ばして 凛と 居ずまいを正したいところですが、


なかなか ・・・・・








☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

2018年8月10日 (金)

フレズノ郊外 アメリカンフード ハイカロリーに挑戦!


ヨセミテ国立公園には 成田 ~ ロスアンゼルス ~ フレズノという

経路を辿り、 フレズノからはレンタカーで向かうことになる。


途中 田舎町で一泊したのだが、  

名も無き 普通のアメリカの風景と食べ物が 意外と印象的だった。






01.   バケツ一杯の、とは言わないけれど 大盛りのコーンスープ

これだけで ほぼお腹いっぱい !

01








02.    山盛り牛ほほ肉ワイン煮、     意外と美味しかった ・・

02








03.     ここは ヨセミテ国立公園手前の オークハーストという

小さな町のレストラン。  夕方のオープン前 行列が出来る人気店だ。

03








04.     ヨセミテ国立公園への空の玄関口は カルフォルニア州

「 フレズノ・ヨセミテ国際空港 」。  セコイアのオーナメントがお出迎え。

04








05.     オークハーストのB&B (ベッドとブレックファスト) で一泊。 
 

小高い山の上にあり 景色は素晴らしかったが、  夕食のため 町まで

山道を登り降りするのは 車でと言えど 少々遠かった ・・

05








06.        B&Bでの ブレックファスト

06








07.      巨漢のオーナー夫婦。  190cm超のご主人

細かい字でメモを書き留め 親切に道を教えてくれました。

07

   (  ワンちゃんの左手に ビッグカップルの結婚写真が。 )






08.        乾いた大地に 古い ’ アメ車 ’ 


アメリカの日常風景も それなりに新鮮です !

08








09.       スーパーマーケットの品揃えは 見事なほど。

09








10.       しかも大型ボトルが ノーマルサイズ。     そして

こんな小さな町のスーパーにも 日本酒が並んでました ・・

10








11.      カルフォルニアと言えば 空気も大地も本当に乾いている。


山火事のニュースは多々あれど、 小さな野火もそこかしこにあるようだ !

11








12.      アメリカのファストフード店、  こんな屈強な大男たちが

頬張るのと同じサンドイッチを  私も頬張るなんて !

12








13.       見るからにカロリーが高そうだ。  
 

でも ぺろりと平らげました。      郷に入っては郷に従え、 

せっかくのアメリカ、 ハイカロリーも体感しなければ ・・

13



バケツ・スープでも何でも 持って来い !



ダイエットは 帰国してからのお楽しみ 、いえ お苦しみ   ^&^









.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

2018年8月 3日 (金)

ヨセミテ・ネバダ滝トレイル 滝へ落ちるも落ちないも自己責任

 
  ヨセミテ国立公園を満喫する 人気のトレッキングコースがある。

バーナル滝とネバダ滝、  二つの滝を巡るコースだ。


今回は 「 ネバダ滝 」 方面に向かいます。






01.       ネバダ滝の滝口、 

水勢で削られた両岸の岩が丸く 如何にも滑りやすそうだ。 


一部に手摺があるが 安全確保は トレッカーの自己責任となっている。

01








02.      バーナル滝から このネバダ滝へは3.2kmほどある。 

ネバダ滝を目指して マーセド川のさらに上流へ向かう。      


ネバダ滝 西側の岩峰は 「 リバティ・キャップ 2157m 」。

02








03.     ネバダ滝に近づくと 真っ白い水煙りが木々の梢に充満していた。

03








04.      ルートは 初めはダラダラ坂だが、  

後半に 岩場での険しいスイッチバックが待っている。

04








05.      青空を背にした滝口から 水流が暴発する。


滝つぼ付近には 真綿のような霧が充満する。

05








06.      ネバダ滝の落差は 181m、 

ゴツゴツした岩とストライプ模様の滝筋が織り成す 美しい岩壁だ。

06








07.     滝口に到着。   最低限の手摺が設置されているが、

07








08.      岩の縁から 落ちるも落ちないも どうぞご自由に !

08








09.      何本か動画も撮ったが、 カメラマイクでしゃべった言葉は 

見事に 爆音でかき消されていた ・・

09








10.     渦巻く暴れ川  ちょっと足を滑らせたら ひとたまりもない !?

10






11.      縁ににじり寄って一休み。    これも 自己責任。

11








12.      滝が何段にもなって落ちる川は よくあるが、


181mのネバダ滝、 97mのバーナル滝、 これだけ見事な大滝を

マーセドという一河川で 二つ連続して見られるのは

世界でも珍しいことなのではないだろうか。

12

  






13.      ネバダ滝を後にして 帰路に就く。  

滝に見とれて一部コースを間違え 遠回りした部分もあったが、


「 ハーフドーム 」 の 絶壁部の反対側、丸いドームを眺めたり

勇壮なネバダ滝、カッコいいバーナル滝 二つを同時に眺められる地点に

立ったり、  楽しい後半戦だった。

13





ところで、 このトレイルにやって来たのは 殆どが欧米の若い人達。

最近日本では 山歩きは中高年の専売特許みたいな傾向がある。



日本の休暇は短く、 手軽な都市型スポーツは さて置き

若い人が スキーや登山など わざわざ山の中までやって来る余裕は 

心身共に無いのかも知れない ・・









゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック