« 「ギマランイス歴史地区」 奥ゆかしく清潔好きなポルトガル人 | トップページ | 「ポルト」 如何にもポルトガル、エキゾチシズム漂う歴史都市 »

2018年4月13日 (金)

「ギマランイス城」 「ポルトガルのビデの話・米の話」


ポルトガル・北部 世界遺産登録の古都 ギマランイス


ポルトガル建国の原点ともいえるお城にやって来た。






01.    「 ギマランイス城  」  高さ28m 7つの塔を持つこの城は

バイキングなどの襲撃を防ぐため 959年に建てられた。

01








02.   銅像は 1110年にこの城で生まれ ポルトガルの初代国王となった

アルフォンソ1世。   後ろの ロマネスク様式の 「 サン・ミゲル教会 」 で

彼が洗礼を受けたとされる。

02








03.    巨大な岩盤を礎とする 如何にもポルトガルの山城らしい風景だ。

03








04.     手描き絵付けのギマランイス陶器は 洗練されていて美しい。


たまらず 受け皿付きのシュガーポットを 一つ購入 !

04








05.     城に別れを告げる頃、 雨が降って来た ・・

05








06.     肌寒いとトイレが恋しくなる。  でも、、、 男性が番人、、、

お金が要ることは珍しくないが、 こんなトイレに入る勇気はありましぇん。



どこの国か忘れてしまったが コインを払い、 トイレットペーパーを 番人から

50cmほど切って渡されたことがあった ・・!  トイレ事情は様々です~ 

06

    






07.     ここはギマランイスのホテル。 ポルトガルでは トイレと共に

’ ビデ ’ が必ず設置されている。    またがって使用することから

仏語の子馬を意味する ’ bidet ’ という名が付いたものだが、



フランスでは もともと 宮廷で貴婦人が清潔を維持するため 室内で使用

したことから普及し、 その後フランスの一般家庭で常識的なものになった。 



しかし、 最近のフランスのホテルからは ビデはどんどん消えつつある。


ダブルベッドを基本とする愛の国・フランスの一般ホテルは 部屋自体が

狭く、 バス・トイレ一体型水回りに ビデ設置は悩みの種に違いない。

07








08.    一方 ポルトガルで生真面目に ビデが鎮座していることに 

ある意味感動したが、   実はポルトガル・スペインなどで 1975年に 

ホテルでビデの設置が義務付けられたのだそうだ。


遅れてやって来た文化が このまま続くか興味のあるところだ。  



以前は フランスのホテルでは 使い方がわからず、 足を洗ったり

洗濯したり、 時には 局部に大火傷を負う人まで出たものだ。




日本のウオッシュレットは 純粋な発明品ではなく、 こうした

欧州の長いビデ歴史を踏襲し 考案・改良されたものと言えるでしょう。

08







09.      さて、 次はポルトガルの料理。   これは小豆の煮物。 

小豆と言えば 日本では甘いものだが、 西洋の料理は塩味だ。



昔 フランス人夫婦に茶碗蒸しを作って出したことがあるが、

甘いプリンという概念しかなかった彼らは 何とも言えぬ複雑な顔つきで、


スプーンがなかなか進まなかった。        ’旨み’ や ’ダシ’ 

という概念が発信され始まったのは やっとここ数年のことダシ ・・・

09








10.       ライスは ポテトと同じ付け合わせ。

10








11.      牛肉ピラフ と シーフードリゾット。  

白米は 根が素直だから 色んなものに順応します ~



実は ポルトガルでの米の消費量は欧州一 ! 

スペインやイタリアの上を行く。


日本の一人当たり年間消費量が57kgに対し、 ポルトガルは14.5kg、 

パンの国の割には相当食べていると思う。



日本人がポルトガルに親近感を抱く意外な理由の一つかも知れない。

11

( カツレツ(下左) は 油で揚げるのでなく フライパンで焼く。 )  







12.     こちらのシュリンプカクテル、 えびは蕪に刺さってました ・・


見栄えは見事、

でも皮を剝く手間から言えば シュリンプパスタの方が楽ちん !?

12








13.     上の シュリンプ料理は こちらのレストランで出されたもの。


大都市・ポルトで 1921年開業の 「 Majestic Cafe 」 、 

アールヌーボー様式の建物が 何とも言えず魅力的 !

13



次回は 大西洋に面した この歴史ある大都市・ポルトへ向かいます。








.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. 

« 「ギマランイス歴史地区」 奥ゆかしく清潔好きなポルトガル人 | トップページ | 「ポルト」 如何にもポルトガル、エキゾチシズム漂う歴史都市 »

ポルトガル北部 ポルト ギマランイス ブラガ」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは
ムフフ・・・ビデの話、私が初めてヨーロッパを旅した時のことを思い出しました ( ´艸`)プププ!
スイス・グリンデルワルトの小さなホテルに、それはありました。当時の私はビデというものを全く知らず「何だ、これ・・・?」と思ったものです。
そのホテルでは連泊予定でしたので、下着類を手洗いするつもりでいたので、ナント私はこともあろうか、ビデでそれらの洗濯をしてしまったのです (笑)!
いただいた料理、お米はサフランライスですか?シュリンプカクテル、すっごく美味しそう・・・(・_・)イイナァ!
今夜もおもしろ楽しくバーチャル旅行させていただきました。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ギマランイス城」 「ポルトガルのビデの話・米の話」:

« 「ギマランイス歴史地区」 奥ゆかしく清潔好きなポルトガル人 | トップページ | 「ポルト」 如何にもポルトガル、エキゾチシズム漂う歴史都市 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック