« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月27日 (金)

「ポルト」 エッフェル社のドン・ルイスI世橋 ・ポルトで九死に一生!


                     ポルトガル北部・ポルトの旧市街は 「ポルト歴史都市」 として


世界遺産に登録されている。      






01.     日常の街角で こんな素晴らしい教会に遭遇する。

「 Capela das Almas教会 」  18世紀の初めに造られた

ポルトで最も美しい教会の一つだ。   



地下鉄駅に近く、 通勤を急ぐ現代のサラリーマンとの対比が面白い。

01







02.      総面積360㎡の外壁が 15,947枚のアズレージョタイルで

埋め尽くされたのは1929年のこと。  見事な出来栄えだ !  壁画には
  

アッシジの聖フランシスコ 聖女サンタ・カテリーナの生涯などが描かれている。

02








03.     街行くポルト人は 髪が黒みがかった褐色で、 少年たちは

どの子も カッコいいサッカー選手になれそうな風貌だ。

03
                                                      
                                                                                      (  マント姿は大学生  )







04.     さて ドロウ川を挟んで  南岸から北岸を望む、


これが ポルトの代表的風景。

04







05.      ドロウ川にかかる 「 ドン・ルイスI世橋 」

スペインからポルトガルを経て 大西洋に至るドロウ川は全長897km、 

ポルト市内では 新旧6つの橋が架っている。 



このドン・ルイスI世橋は エッフェルの弟子によって1886年に造られた

2階建ての鉄橋で、  橋の真ん中に電車が走り 

両側の歩道では 自転車が気持ちよさそうに行き交っていた。



手前側にはワイン醸造所が並び、 有名なポートワインの樽を乗せた小舟が 

観光用に停泊している ( 写真07 )

05







06.   上流には エッフェルが1877年に建てた 「 ドナ・マリア・ピア橋 」 

がある。     実はエッフェル社は それまでにヨーロッパの国々に 

たくさんの鉄橋を架けて来た。     



エッフェル塔が建てられたのが1889年、 かの有名なエッフェル塔は 

いきなり生まれた訳でなく、  こうした 数々の美しく強い橋が 

その実績・礎となったと言えるでしょう。




つまり、  世界に誇るフランス工業と科学技術の高さが

古来からの石の塔 石の橋に代わり、  風圧 重力への強度があり

しかも 地上に縛り付けられていた人間を高みへと開放出来て

さらに軍事上の用途にも適応できる鉄骨構造物を 生み出して来たのだ。

06
    






07.      話は変わるが、  今回我々がポルトに到着した際、 

九死に一生を得た出来事があった。 


ホテルの車庫に車を入れる寸前、 30cmもあろうかという工事用ボルトが 

いきなり 空から爆音と共に車に飛び込んで来たのだ !




ボルトは 後部座席左側の窓を突き破り、 左ハンドルの運転者・夫は

それこそ百分の一秒差で命拾いをした。

07
 タクシーの運転手さん )






08.      幸いなことに、 ホテルの部屋の改修工事をしていた職人が

すぐに飛び出してきてボルトの誤発射を認め、 工事責任者も率直に詫びた。



のらりくらり はぐらかされることだってあり得たが、 若い社長さんが紳士的で

物分かりが良く 英語も話せたため、 補償・修理を含め 代車として

観光タクシーも手配してくれた。 



ニコニコと愛想のいい運転手は 慣れた口調で 観光スポットを案内し

トヨタやホンダ、ニッサンなどの名を挙げ 日本びいきをアピールしていた。

08







09.  こんな細い道路の 左側の建物の最上階から ボルトが飛び込んできた。


    とんだ ポルトPorto の洗礼、 いえ ボルトbolt の洗礼でした !

09







10.       ここが Santa Catarina 通りに面した 

1921年創業・ポルトの老舗カフェ 「 Cafe Majestic 」,
 朝と夜の顔。        



世界で最も美しいカフェ トップ10に入っているが、  

カフェと言っても 豪華なメニューで食事を楽しむことも出来るし、 

一杯のコーヒーでくつろぐことも出来る。

10







11.     かつてこのカフェには 作家 政治家 芸術家 思想家など

街のインテリが集い 思想・情報を交換し合うたまり場だった。     



今日では 人々がコーヒーやチョコレートケーキをはさんでおしゃべりし、 

食事をし、 時には静かに読書する場だ。  ちょっぴりお洒落をして来ると

この優雅な雰囲気の中で 自然と振る舞いがエレガントになると言う ・・

11







12.      このカフェも 時と共に廃れ 忘れ去られた時代もあったが、

1994年に内部の改修が施され、 アールヌーボースタイルに彩られた

ベル・エポック時代の雰囲気を取り戻し、 再び繁盛店となったのだ。



今や有名となり 観光客が多く押し寄せてはいるが、  地元の人たちも

喧騒を避けるように 時と場を選んで ( カフェの裏手にテラスもある ) 

優雅なカフェ・タイムを楽しんでいるらしい。



因みに ディナータイムにはピアノの生演奏があり 素敵なムードだった。

12







13.        「 ボリャオン市場 」 


生鮮品から日用雑貨まで あらゆるものが揃っている。 

13



カフェ・マジェスティックで  私がいただいたディナーのご馳走も


彼らが運んできたお肉が使われていたかも知れない !! 








.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

2018年4月20日 (金)

「ポルト」 如何にもポルトガル、エキゾチシズム漂う歴史都市

 
  ポルトガル第2の都市ポルトは エンリケ航海王子が生まれた街だ。


1415年 彼の船はポルトを出航し 北アフリカのセウタを攻略、 以後

ポルトガル主導の大航海時代の幕が切って降ろされた。






01.    今日の旅人にとっては ポルトの 「 サン・ベント駅 」 が 

旅の発着・終着地となる。  これが駅だとは思えないほど芸術的だ。

01








02.    駅舎は20世紀初めの建設で、 アズレージョの壁画は1930年に

制作された。  近頃日本の駅でも ふるさと自慢の個性的な壁画が見られるが


ポルト人にとって この駅は掛け替えのない自慢の駅に違いない。

02








03.    ’ セウタ攻略 ’ ポルトガルの全盛期の基礎を築き上げた

’ ジョアン一世の入城 ’ など ポルトにまつわる歴史画が描かれている。

03








04.      ポルトは ドロウ川の北岸 丘陵地帯に発達した街だ。

道路が 勾配をものともせず直線的に伸びているので 起伏が相当きつい。


が、それが また何とも言えぬ風情を醸し出している。

04








05.      坂の上に 「 グレリゴス教会 」 と付属の塔がそびえる。


直線道路の効果は絶大だ ! 

05

 






06.     他国では見たこともないような アズレージョの美しい教会が

ポルトのあちこちに点在している。 

06

      






07.      「 レロ・エ・イルマオン 」   世界で一番美しい書店

2階に登る階段は ’ 天国への階段 ’ と称されるほど美しい。


欧州に豪華で歴史ある図書館は多いが 本屋さんというのがすごい。

07

                                                      ( 内部の写真は h・p から )






08.     酒 油 缶詰 瓶詰 ソーセージ 木の実 などの 乾物屋。


看板に ” CHA・シャ” とある。  日本のお茶と発音が似ている。

大航海時代 植民地化したマカオからお茶を輸入した際、 

広東語のチャという呼び名が そのまま用いられたらしい。     



因みに 福建語の ” TAI・テイ ” からは、 英語の Tea・ティーや 

フランス語の The・テが生まれた。

08








09.        ポルトの旧市街を走るレトロな市電。

09








10.       さて、 ポルト歴史地区とドウロ川を見下ろす丘に建つ 

ポルト最古の教会 「 カテドラル Se 」 のアズレージョも秀逸だ !


12世紀に建てられた要塞が 14世紀にゴシック様式の教会となり、

その際回廊が加えられ、 18世紀にその回廊にアズレージョが描かれた。

10








11.     回廊の2階にあるアズレージョ壁は オープンエアで明るいので 

絶好の記念撮影ポイントだ。

11








12.     カテドラルから 暮れなずむドウロ川と対岸の街並み

12








13.      「 サン・フランシスコ教会 」 14世紀、   ここでは特に

ターリャ・ドゥラーダと呼ばれる 金箔・金泥細工のバロック装飾が有名だ。

中でも ’ ジェッセの樹 ’ と呼ばれるキリストの系図 右上 は必見。



堂全体で使われた金は300kg以上と目され、 一般市民感覚から

浪費・贅沢との非難を恐れ、 ここを閉鎖した時代もあった。

13



金ぴかで豪華な内陣地下の墓地 Catacombs には フランシスコ会の

修道士や ポルトの有力な市民たちの棺が団地風に積み重なっていた。 


床にも全面棺が敷き詰められていて それらを踏みながら歩を進めると

ガラスの向こうに人骨がギッシリ収められたコーナーもあった。





リスボンから北へ300km、 商工業の中心地として栄えてきたポルトだが


これぞポルトガルと言えるエキゾチシズム溢れる 魅力的な歴史都市だった !





ポルト ・ つづく





。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

2018年4月13日 (金)

「ギマランイス城」 「ポルトガルのビデの話・米の話」


ポルトガル・北部 世界遺産登録の古都 ギマランイス


ポルトガル建国の原点ともいえるお城にやって来た。






01.    「 ギマランイス城  」  高さ28m 7つの塔を持つこの城は

バイキングなどの襲撃を防ぐため 959年に建てられた。

01








02.   銅像は 1110年にこの城で生まれ ポルトガルの初代国王となった

アルフォンソ1世。   後ろの ロマネスク様式の 「 サン・ミゲル教会 」 で

彼が洗礼を受けたとされる。

02








03.    巨大な岩盤を礎とする 如何にもポルトガルの山城らしい風景だ。

03








04.     手描き絵付けのギマランイス陶器は 洗練されていて美しい。


たまらず 受け皿付きのシュガーポットを 一つ購入 !

04








05.     城に別れを告げる頃、 雨が降って来た ・・

05








06.     肌寒いとトイレが恋しくなる。  でも、、、 男性が番人、、、

お金が要ることは珍しくないが、 こんなトイレに入る勇気はありましぇん。



どこの国か忘れてしまったが コインを払い、 トイレットペーパーを 番人から

50cmほど切って渡されたことがあった ・・!  トイレ事情は様々です~ 

06

    






07.     ここはギマランイスのホテル。 ポルトガルでは トイレと共に

’ ビデ ’ が必ず設置されている。    またがって使用することから

仏語の子馬を意味する ’ bidet ’ という名が付いたものだが、



フランスでは もともと 宮廷で貴婦人が清潔を維持するため 室内で使用

したことから普及し、 その後フランスの一般家庭で常識的なものになった。 



しかし、 最近のフランスのホテルからは ビデはどんどん消えつつある。


ダブルベッドを基本とする愛の国・フランスの一般ホテルは 部屋自体が

狭く、 バス・トイレ一体型水回りに ビデ設置は悩みの種に違いない。

07








08.    一方 ポルトガルで生真面目に ビデが鎮座していることに 

ある意味感動したが、   実はポルトガル・スペインなどで 1975年に 

ホテルでビデの設置が義務付けられたのだそうだ。


遅れてやって来た文化が このまま続くか興味のあるところだ。  



以前は フランスのホテルでは 使い方がわからず、 足を洗ったり

洗濯したり、 時には 局部に大火傷を負う人まで出たものだ。




日本のウオッシュレットは 純粋な発明品ではなく、 こうした

欧州の長いビデ歴史を踏襲し 考案・改良されたものと言えるでしょう。

08







09.      さて、 次はポルトガルの料理。   これは小豆の煮物。 

小豆と言えば 日本では甘いものだが、 西洋の料理は塩味だ。



昔 フランス人夫婦に茶碗蒸しを作って出したことがあるが、

甘いプリンという概念しかなかった彼らは 何とも言えぬ複雑な顔つきで、


スプーンがなかなか進まなかった。        ’旨み’ や ’ダシ’ 

という概念が発信され始まったのは やっとここ数年のことダシ ・・・

09








10.       ライスは ポテトと同じ付け合わせ。

10








11.      牛肉ピラフ と シーフードリゾット。  

白米は 根が素直だから 色んなものに順応します ~



実は ポルトガルでの米の消費量は欧州一 ! 

スペインやイタリアの上を行く。


日本の一人当たり年間消費量が57kgに対し、 ポルトガルは14.5kg、 

パンの国の割には相当食べていると思う。



日本人がポルトガルに親近感を抱く意外な理由の一つかも知れない。

11

( カツレツ(下左) は 油で揚げるのでなく フライパンで焼く。 )  







12.     こちらのシュリンプカクテル、 えびは蕪に刺さってました ・・


見栄えは見事、

でも皮を剝く手間から言えば シュリンプパスタの方が楽ちん !?

12








13.     上の シュリンプ料理は こちらのレストランで出されたもの。


大都市・ポルトで 1921年開業の 「 Majestic Cafe 」 、 

アールヌーボー様式の建物が 何とも言えず魅力的 !

13



次回は 大西洋に面した この歴史ある大都市・ポルトへ向かいます。








.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. 

2018年4月 6日 (金)

「ギマランイス歴史地区」 奥ゆかしく清潔好きなポルトガル人


ポルトガル北部に位置する 「 ギマランイス Guimaraes 」 は


歴史的文化遺産を残す旧市街が 「 ギマランイスの歴史地区 」 として

2001年 ユネスコ世界遺産に登録された 趣きある古い街だ。






01.     夕食のため街に出ると、  赤いポストと焼き栗屋さん、、


ポルトガル映画の一場面のような 郷愁を誘う光景に出くわした。

01








02.    「 聖グアルテル教会 Igreja de Sao Gualter 」 の背後

遥か 丘の上に 「 ギマランイス城 Castelo de Guimaraes 」 が見える。



ギマランイスは ポルトガル初代国王アフォンソ1世の生誕地であることから

ポルトガル発祥の地と呼ばれている。

02







03.    「 オリベイラ広場 」 に面した 夜の 「 旧市庁舎 」 。

当夜は 旧市庁舎隣の国営ホテル (Pousada da Oliveira) に宿泊。

古い建物だが清潔で心地よかった。   



広場に面する 「 ノッサ・セニョーラ・ダ・オリベイラ教会 」 の前には

アーチがあり、 一本のオリーブの木が生えていた。

03

 






04.     このアーチは ムーア軍を打ち破ったサラードの戦いの勝利を

記念して 1342年に造られたものだ。   アーチが完成した時、


教会前のオリーブの幹が 突然芽を吹いたという伝説から 教会は

「 オリーブの樹の聖母教会 Igreja N.Sra.da Oliveira 」 と

呼ばれるようになったと言う。

04








05.     早朝 放水車が出て 広場は清々しく掃除される。  


ジーンズ姿も小ざっぱりと 足早に通学する学生達 何となく真面目そうだ ・・

05








06.     南北に約850m 東西に約250mという狭い旧市街には

ポルトガル王国の建国後に建てられた歴史的建築物がそこここに並んでいる。  



向かって右側の数軒は14世紀に建てられた民家だ。

06








07.    ポルトガル側からのサンチャゴ・デ・コンポステーラへの

巡礼の道にあるギマランイスには 伝統的に篤い信仰心が満ちている。



街角の身近な祈りの場として キリスト受難の場面を再現したお堂が 

あちこちに配され、 花が飾られ 時に応じて開閉出来る扉で守られている。

07

               (  左手奥は アルベルト・サンパイオ美術館 )  






08.       聖母マリアを描いたアズレージョタイル画もあった。

08








09.      「 サンタ・マリア通り Rua de Santa Maria 」

アーチが架かる狭い通りの両側に 14~15Cの建物が並んでいる。



八百屋さんが店開きの準備中。        この通りには

祝祭時 美しい花びらが一筋の帯となって敷き詰められる。

09








10.    さて ギマランイスの街のショウウインドウは 祈りの街の優雅さを

物語る 想像以上にハイセンスで魅力的な品々が飾られていた。 



この 総柄の薬酒瓶には ポルトガル最大の詩人によって書かれた

雄大な叙事詩 「 ウズ・ルシアダス 」 の一連の物語が描かれている。



結構な値段だったので 私は この中の一本だけ買ったのだが

その時の 女主人の話しぶりが本当に奥ゆかしく、 昭和時代の

日本女性のような匂いを感じ取った ・・・

10







11.     通りでは 若い母親が 写真の邪魔になってはいけないと、

身をかがめた。    やはり奥ゆかしい ・・    



英国の新聞社による調査で、ギマランイスはポルトガルで2番目に

住みよい環境の町であると評価されたそうだ。  経済や環境やいろんな

ファクターがあるだろうが、 穏やかな人々の幸福感は高いに違いない。

11







12.    たまたま 後ろの教会を撮ろうとしていた時 一人の女性が転んだ。

旧市街の石畳は 歴史的ではあるが 歩きづらいし段差も危険だ。 

地元の人でも転ぶことがある ・・! 



通りがかりの男性が自然に手を差し伸べた。 犬だって心配気だ。


日本では 下町は別として、 ドライな都会人は一瞬傍観するかも知れない。

12







13.     赤いポストと焼き栗屋、、  働き者のポルトガルおっ母さん、、



どんなに時代が進んでも ポルトガルの街角はこうでなくては ・・・!!

13







次回は 丘の上のギマランイス城に向かいます。







・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック