« ポルトガル 「ナザレの女」 何ともエキゾチック! | トップページ |  コシヒカリの里・上越国際スキー場から純白の冬山風景 »

2018年2月23日 (金)

「ナザレ」聖母マリア断崖の奇跡・巨大波サーフィン世界記録はナザレで 

 
  • ポルトガルの小さな漁村、ナザレには 崖の上と下とに街がある。


    今回は 崖の上の旧市街 オ・シーティオ地区を見てみよう。






    01.     海岸部のア・プライア地区から ケーブルカーが登り出した。


    両脇のアロエの茂みが南国的だ。 ナザレの緯度は 日本の秋田付近と

    同じだが、 ポルトガルには大西洋の暖流が流れている。

    01








    02.     広場では 早速 民族衣装のナッツ売りを見つけた。


    試食してみて、と 一つまみのピスタチオを渡された。

    02








    03.     広場の脇にあるのが 「 ノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会 

    Igreja Nossa Senhora da Nazare 1377年建立、 現在のは17世紀 」



    ナザレという地名は 8世紀 ロマノという僧がガリラヤのナザレから 

    マリア像を携えてやって来たことに由来する。

    03

     








    04.      崖から望む 素晴らしいコスタ・デ・プラタ (銀海岸) 風景

    04_2








    05.     打ち寄せる波が織りなす 繊細な 白いレース模様 ・・



    ところで ガリラヤの僧が持ってきたマリア像は 崖の洞窟の中に隠され、

    468年後、 12世紀に羊飼い達に発見される。  すると ある奇跡が

    起き、 それによってこの地は聖地として一躍有名になった。

    05








    06.   『 1182年のある霧の朝、 ある城主が馬に乗って狩をしていた時、

      追っていた獲物の鹿が 岬の端でハタと姿を消す。 不意を食らった馬は 

    後ろ足のみで断崖で踏ん張るが 前足はすでに空を切る。 眼下の大海原に

    落ちんとしたまさにその時、 聖母マリアが現れ 馬を押し返した。 』



    九死に一生を得た城主は その加護に感謝して礼拝堂を建てたという。


    その 小さな礼拝堂の内部はアズレージョタイルで装飾されていた ・・

    06








    07.        「 メモリア礼拝堂 Capela da Memoria 」


    内部にイエスに乳を与えるマリア像があり、 外壁のアズレージョタイルには

      崖から落ちんとする騎馬を マリアが救う場面が描かれている。

    07








    08.     聖母マリアの奇跡、 その場面が目に浮かぶような断崖だ ・・

    08








    09.     聖母マリアの奇跡の後 巡礼者たちが押し寄せるようになり

    ナザレ村は大きく発展し 03.の 教会が建てられるほどになった訳だ。


    巡礼者の中には あの ヴァスコ・ダ・ガマもいたと言う。

    09








    10.      ナザレの女は働き者と定評があるが、  この老婦人も

    せっせとお客の対応に余念がなかった。

    10








    11.      一方 ナザレの男たち、 展望台で悠々と海を眺め

    話に興じていた。     飼い犬たちも オスに違いない !?

    11

     






    12.      さて 話は変わるが、 この青く輝く穏やかなナザレの海に

    冬場 巨大波が出現し、 冒険サーフィンのメッカとなることは 

    あまり知られてないかもしれない。



    2017年の1月、 Benjamin Sanchis というフランス人サーファーは ハワイで

    大きな波を待っていた。 しかし、 数日中にポルトガルのナザレで巨大波が起きる

    と言う天候予測をキャッチ、 急遽ポルトガルに向けて飛行機に乗り込んだ。 




    乗り換えなどで 2日間ろくに眠れないまま 何とかナザレにやって来た彼は 

    1月18日木曜日、彼のサーファー人生一の 25mの巨大波を制覇したのだ !

    12








    13.     その時の様子を伝える画像・動画などが ネットで紹介されている。


    見物人たちは 断崖の突端、今は灯台が立つ17世紀のサン・ミゲル要塞に

    集まった。  1月のこととて 皆冬服だ。



    因みに 2011年11月に 伝説のアメリカ人 Garrett McNamaraが 

    マークした当時の世界記録23.77mも ここナザレの大波がもたらしたものだ。

    13



    ’Ouest France ’ の情報記事は  『  65歳のパラシュート退役軍人は 

    見るだけでアドレナリンが身体じゅうに充満する、 彼は狂気のサーファーだ !


    69歳の漁師は この四分の一の高さの波だって 自分なら船を出さない、 

    彼は向こう見ずなヤツだと言うしかない。   しかし、

    彼のお蔭で ナザレは有名になったけどね ・・ 』  などと伝えている。





    ナザレで 巨大波が発生するのは10月から2月頃とされている。


    興味のある方はお出かけしては ・・  



    サーファーとしてか、 見物人としてか はお任せしますが !








    ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
       

« ポルトガル 「ナザレの女」 何ともエキゾチック! | トップページ |  コシヒカリの里・上越国際スキー場から純白の冬山風景 »

ポルトガル中部・ナザレ ファティマ トマール」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは
今夜もバーチャル旅行を楽しみにやって来ました
先週のブログで「世界にはこんな地形のところがあるんだ!」と思いましたが、
このような素敵なビーチ、背景には街があり更に山が・・・!
そのうえ、間近には巨大な断崖絶壁が
見れば見るほど興味惹かれます
こうしてブログで紹介して頂けるだけで、私自身の見聞が広がり、
見知らぬ土地へとバーチャル旅行させていただけること、本当に嬉しく思います。
それにしても、あの大波・・・スゴイですねぇ...!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ポルトガル 「ナザレの女」 何ともエキゾチック! | トップページ |  コシヒカリの里・上越国際スキー場から純白の冬山風景 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック