« 「ポルトガル・モンサント」 奇観!巨岩住居・ レストランでの話! | トップページ | 「ポルトガル・トマール」 騎士団の修道院・ポルトガルでユーカリの話 »

2018年1月26日 (金)

「ポルトガル・モンサント」 水は惜しみつつお使い下さい・コルクの木

   
ポルトガルの東部 スペインとの国境近くに位置するモンサントは


1991年、 国から 「 ポルトガルの歴史を物語る12の村 」 に

指定されて以来、  特に人々の興味を引くようになった。






01.     巨岩が折り重なる山肌に 未だに人々が暮らしている。


こんな細い山道にも 名前が付いていた。   ’ サルサ通り ’ 

01








02.      巨岩を壁とする家、 屋根とする家、 いろいろあるが

ドア枠を白く塗り 花を飾った家々には 人のぬくもりがある。

02








03.      山の頂上には 12世紀にポルトガルの王が築いた

古城と教会の遺跡がある。    19世紀には破壊されたが 

20世紀に修復が始まり、 1989年に一応終了している。

03








04.      如何にも頑丈そうな山城だ。  石器時代から人が住み、


その後 古代ローマ、 アラブ、 スペイン など様々な勢力が この山を

強固な守備の要として欲した理由が分かる気がする。

04








05.     少し幅広の通りに ゴミの集積場があった。


納得済みではあろうが、 生活のため村人が山道を登り降りする手間は

相当なものだろうと思う。

05








06.     さて 晩秋のこととて 山中で泊まれる宿は一軒だけだった。


泊めてもらえて安心したものの、  ホテルのベッドの毛布は薄く  

室内のエアコンやスチーム暖房は作動せず、 寒さでガタガタ震えた!


洗面所のぬるいお湯も 室内の冷気ですぐに冷や水となった。



ホテル全体でも 受付脇の薪ストーブが唯一の暖房器具だった ・・ 

06








07.     受け付けのお姉さんに頼み込んだが 暖房は付かないの

一点張り。     恐らく 彼ら自身が贅沢を排しているに違いない。



郷に入っては郷に従え、とはこのことだろう ・・・

07








08.      そして 彼女は一枚の紙を差し出した。   ” 当宿では

風呂桶にタンポン (止め栓) は使いません。 モンサントで水は貴重な

資源ですから 環境のためにも倹約しつつお使いください ”




震えて目覚めた朝、 丸いブラウン管テレビから 情報番組が流れた。


出演者は 煉瓦を両手にシェイプアップ体操していた。 全国放送でなく

恐らく地方キー局の番組だと思うが、 余りの素朴さに驚いた ・・

08








09.    宿を出る時、 たまたま受付嬢のお祖母さんが訪ねて来た。


編みかけを手渡し、孫娘に編み方を教える。 

カルチャースクール ・ ネットやマニュアル本を頼るのと違う世界、

家族の長老として 尊敬される様子が 手に取るようにわかった。




さらに 祖母と孫、従兄妹同士、なんども温かい抱擁を繰り返えす。


フランス人の 洗練されたエチケット抱擁と違い  ポルトガルの、

いまだ篤い家族関係が滲み出るような仕草だった 。。

09








10.    なるほど、 水や暖房を惜しむ気持ちと 固い家族の絆とは

深い所でつながっているのかも知れない。



帰り道、 まるで村のゲートのような二つの巨石に出会った。

10








11.      巨石の向かい側には 小さなお社と祭壇があった。


日本でもお地蔵様に果物をお供えしたり 赤いエプロンをかけるように 

この巨石に ロウソクや花を供える人もきっといるだろう。

11








12.     モンサントは 農地が少なく 羊 牛 豚 ニワトリなど動物が

たくさん飼われていて、 イノシシや鹿の肉など ジビエ料理も普通にある。



しかし ポルトガルと言えば 何と言ってもコルクの木だろう。  

我々が日常使うコルク栓は コルクの樹皮から作られる。   


樹皮は剥がされたあと 何年後かに再び復活する。

12

           ( 数字は 樹皮を剥がした年を メモライズしている )






13.      モンサントにやって来たなら 、 絶景ハンターのように

風変わりな巨岩家屋に目を丸くして 写真をバチバチ撮るばかりでなく、  
 

そこに住む人々の素朴な息遣いを 謙虚な心持で 感じてみたいものだ・・

13



モンサントの コルクと羊がいる風景は  何故かは知らねど、


ヨーロッパの 羊がいる他のどんな風景より 深く心に残ったものでした 、、、 








゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

« 「ポルトガル・モンサント」 奇観!巨岩住居・ レストランでの話! | トップページ | 「ポルトガル・トマール」 騎士団の修道院・ポルトガルでユーカリの話 »

ポルトガル鷹の巣城」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは
先週に続き、ポルトガル・モンサントですね。
世界は広いですねぇ~!古からこのような巨石を巧みに利用して、人々は暮らしてきたのですね。
私が数回訪れたネパール・ヒマラヤ山中の民家も、石を積み上げた造りが多かったので、イメージが似ていて興味深いです。
「暖房はつけられません」・・・村の様子を見ているだけでも寒さが伝わりますから、辛かったでしょうね。しかし「郷に入らば郷に従え」なのでしょうか・・・?!日本だったら間違いなくサービス優先でしょうね。
サービス業でも限りある資源を大切にする精神は、スゴイことだと思います。
ポルトガルのコルクは有名ですね。かつての愛知万博のポルトガル館でもコルク製品を見た記憶があります。
次も楽しみにしています

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「ポルトガル・モンサント」 奇観!巨岩住居・ レストランでの話! | トップページ | 「ポルトガル・トマール」 騎士団の修道院・ポルトガルでユーカリの話 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック