« 古代水道橋「ポンデュガール」 フランスの子供達によい歴史教材! | トップページ | 「南仏アヴィニョンの橋」「アヴィニョン捕囚」 疑問が解けました~ »

2017年12月22日 (金)

「古代遺跡の街ニーム」 タイヤがパンク!お陰で色んな人に会いました

 
南フランス 「 ニーム Nimes 」 は 古代ローマ時代からの都市で 


今なお 数多くの遺跡が残っており 現代の街角に溶け込んでいる。







01.     「 円形劇場 Arenes 2C 」   世界遺産に登録。


完全にぴったりと切り揃えられ、 組み立てられたアーチや回廊は

見事と言う他ない。      車が行き来する大通りに面していて

今なお闘牛やコンサートに使われている現役だ。

01








02.       華やかな榎の並木の大通りの先、  そして広場に 

ローマ時代の門や神殿がひょっこり現れる。

02








03.    「 メゾン・カレ Maison Carree 前16C 」  現在は美術館。


あらゆるローマ神殿の中で 最も完璧な保存状態で残っている。

03








04.     一方、  街中では あちこちで道路工事が行われていた。

片側通行部でのすれ違い様、 女の子の鋭い視線が突き刺さった。



しかし、 この時突き刺さったのは 視線ばかりではなかった ・・・ !

04








05.     高校 Lycee 前、 丁度学生たちの下校時だった。  日本なら

普通は 制服姿だけれど 自由な私服だなァ などと思っていると 、、、



我々の車の 多分タイヤから 何か異常な音が聞こえて来た。

05

 






06.      取りあえず ガソリンスタンドに入った。  スタッフを探していると


このトラックの運転手夫婦が声をかけてくれた。

06








07.      あの付近で突き刺さったのは ’視線’ と ’ビス’ だった !  


タイヤからビスを抜くと 空気も抜けた。   ジャッキで車体を上げる。

タイヤを外して スペアタイヤを付けた。  一つだけ特殊なビスが足りないと言う。


そこで 専門のガレージに行くことになり、 トラックマダムが地図を書いてくれた。



ニームでパンクして、、   トラック夫婦に助けられ、、 
 

異国でトラブる。  やっぱり 楽しいばかりが旅ではありません ~

07

 






08.      さて、書いてくれた地図が実に大雑把。  

実はその後 ガレージを探し当てるまで 相当さ迷った。   

しかし  何とか閉店前に飛び込めて 本当にホッとした。



ガレージ・マダムは 凄いおしゃべり。  ビックリするほど早口でまくし立てた。


” 8月に スペインで3週間のバカンスが待っている。 日頃どこにも行かず

ひたすら ガレージで仕事をしているから 当然のご褒美よ ・・ ”  

08

  






09.      タイヤもすっかり治ってほっとした。  このガレージ夫婦、

フランソワ Francois と フランソワーズ Fransoise という名前だ。


よくある名ではあるが、 偶然の一致が嬉しく誇らし気なのが伝わって来た。



美容室に相当お金をかけてそうな 美しい金髪のフランソワーズ、  

相当なグラム数の 高そうな金鎖を付けたフランソワ、


会社が順調に回っていることがよく分かる。   良いバカンスを !!

09








10.     さて、 思わぬ時間を食ってしまったので  次の予定地に

辿り着けず、  街道筋のホテルに泊まることにした。    


長いスロープに プロヴァンスのラベンダーが咲いていた。

10








11.      特別有名だったり ミシュランの星が付いてたりしなくても

地元で支持されていれば フランスのホテルやレストランはたいていOKだ。

料理もワインも美味しかった。



隣のテーブルはオランダ人夫婦だった。 アムステルダム在住の彼らは

ニースに別荘を持っている。       年に2~3回やって来るが 

彼らの子供たちの方が より頻繁に別荘を使うと言う。   


別荘をベースに 南仏旅行に出ることもある。  とにかく素敵な人生だ!

11

      






12.     別のテーブルでは バスをチャーターしてやって来た 近隣の

町内会の団体さんが飲んでいた。   料理はほぼ済んだが 

みんな ワインを心ゆくまで楽しみ続ける。  



何と言っても ’ 会話がつまみ ’、    さすがフランス人だ !

12








13.     前日 道端の露店で買ったサクランボを ホテルできれいに洗い、

ドライブの道中で食べようと バスケットに用意した。  


プロヴァンスの人々は 手を真っ赤にして サクランボの種を抜き 

ジャムを作る。         甘酸っぱくて 最高に美味しいのだ !  

13


街道を行く 風力発電の 長~~~~~~いプロペラと 一緒になった。


こんな風に運ばれて行くのだなァ 



台車のタイヤが釘を踏んづけたりしないよう、 気を付けて進んでください。


プロペラ君、 よい旅を Bon Voyage !








♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

« 古代水道橋「ポンデュガール」 フランスの子供達によい歴史教材! | トップページ | 「南仏アヴィニョンの橋」「アヴィニョン捕囚」 疑問が解けました~ »

南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは
古代ローマの遺跡はフランス南部にもたくさん残っているのですね。
それほど当時のローマ帝国が強大だったのだと改めて知る思いです。
ローマのコロッセオ、ギリシャのパルテノン神殿にも負けない遺跡ではありませんか?
「日本に紀元前の遺跡があるかなぁ・・・?」と考えたら、
本当にとてつもなく頑丈なものを古代ローマ人たちは築き上げたのですね。

二人の女の子の視線・・・なんか怖いですね
あんな視線で見られたら「何か悪いことでもしてるのかな?」と悩みそうです

そしてタイヤがパンク・・・でしたか?!災難でしたね。
しかし早めに気づいてスペアに履き替えて良かったと思います。
一つ間違えば、事故につながりかねませんから!
予期せぬアクシデントで出会った人たち、それも何かのご縁だと思います。
次の予定地まで行けなかったものの、きっと何かしらのトラブルも考えて、
余裕あるスケジュールを立てていたのではありませんか?
それにしても料理が・・・メチャ美味しそう・・・食べたい・・・

今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました

こんばんは(^o^)/!
今年も1年間お世話になりました。
ありがとうございました。
どうぞ良い年をお迎えください。
来年もよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 古代水道橋「ポンデュガール」 フランスの子供達によい歴史教材! | トップページ | 「南仏アヴィニョンの橋」「アヴィニョン捕囚」 疑問が解けました~ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック