« 今日の絵画 「 牧童の夢 」 | トップページ | 南仏「カルカソンヌ」 鉄壁の二重城壁、塔からブタが投げ落とされた! »

2017年11月24日 (金)

南仏アルビ 「ロートレック美術館」  だってフランス人だもの!


南仏タルヌ県にある 「 アルビ Albi 」 は    ローマ・カトリックと

厳格な規律を持つカタリ派との激しい宗教抗争が続いた時代、

十字軍の派遣などによる戦乱期、  などを経て


ルネッサンス期に 商業・産業の繁栄を謳歌した街だ。







01.     「 サント・セシル大聖堂 Cathedrale Ste.Cecile 13C 」


天に伸びる塔を持たない 城塞のような独特の外見だ。   これは

現実的権威と威光を 民衆や内外の諸勢力に見せ付けんと意図したもの。



創建の300年後に ベッドの天蓋みたいな入口ポーチが付け加えられた。 

とにかく 全体が馬鹿でかい。

01








02.      傑作大壁画 「 最後の審判 16C 」     


上段は 黄金の後光を持つ使徒、 すでに教会に迎えられた聖人

中段は 自分のこれまでの行いをまとめた報告書を持ち審判を待つ人々

下段は 地獄に落ち 罰を受ける人々


さて、 私なら どんな報告書を書くのだろう ・・・



聖堂内部は 全面美しい装飾模様が施されている。  個人的には

ストラスブールと並んで フランスの最も美しい聖堂の一つだ。 

02








03.     アルビに 種々の繁栄をもたらした 「 タルヌ川 Le Tarn 」 


手前が 「 古代橋 Pont-Vieux 」、 向こうが 占領ドイツ軍が撤退した終戦の

記念として 名づけられた 「 1944年8月22日橋 Pont 22Aout 1944 」



ポン・ヴィユーや旧市街の町並みは アルビの司教都市として、 

ユネスコの世界遺産に登録されている。

03








04.     アルビの家々は タルヌ川流域で取れる粘土を原料としてつくる

バラ色の煉瓦で覆われている。 南仏の強い日差しにお似合いの色だ !



アルビ帽は アルビジョワ Albigeois 独特のムードを醸し出している。

04








05.      さて ” 煉瓦色の肌 ” を持つこちらの男性は如何でしょ。


話しかけるのも恐ろしかったけれど、     彼は親切に道を教えてくれ 

ちょっとした荷物を わざわざ階段下まで運んでくれました ~

05








06.    「 サン・サルヴィ回廊 Cloitre Saint-Salvy 」  清楚な白い花が

咲き乱れる中庭で遭遇したのが  熱狂的三島由紀夫ファン。


ミシマ!ミシマ!  彼はいいよ、凄いよ、 日本人なら知ってるだろー



しかし その人は相当酔っていた、、  絡まれそうだ、、  危ない、、

日本びいきのフランス人は ある種インテリだ。


でも ここでは 申し訳ない、  私は一目散に逃げました ~~

06








07.      とある街角、 少々奥まった広場で 幼稚園の発表会

07








08.       お兄ちゃんの発表会について来た弟くん。


今は ぬいぐるみなんかを抱いてるけど、 もうすぐ 可愛い女の子を

その腕に抱き寄せるに違いない。      だってフランス人だもの !

08








09.       とある街角、  ワン公の落し物、   坊や 無事通り抜けました ~

09

 






10、      とある街角、  こちらでは 盆栽と盆栽本が売られていた。

少々 作りのあまい仕立てではあるけれど 日本人としては何だか嬉しい。



さらにロートレック美術館の入口にも 竹ささが植えられ灯篭が置かれていた。

10








11.    13世紀に建てられた司教館 「 ベルビー宮 Palais de la Berbie 」 が 


今は その 「 ロートレック美術館 Musee Toulouse Lautrec 」 になっている。

11








12.      さて、 美術館に入ったのが 11時25分。  昼休みがあるなんて

想像だにしなかったが、  11時55分には 追い出しをくらった!


あれよあれよという間に 行く手のドアが閉められ 通路に鎖が張られ

私達は出口へと誘導された。  



ランチタイムは働くスタッフにとっての権利だし、  甘い顔をしていたら

観光客は永遠に出て行かないことを彼らは知っているのだろう。


きっちり合理的だ。        だってフランス人だもの !

12








13.     この美術館に収蔵された 1060点の作品は ロートレックの母親

アデール伯爵夫人がアルビ市に寄贈したものだ。



ツールーズ伯爵家の跡継ぎとして 父親がロートレックに寄せた期待が大きかった分

不具となった息子への落胆ぶりは甚だしく、  父子はほぼ絶縁状態。


唯一母親が 陰ながらロートレックを支えたと言う。

13




有名な多くの絵画やポスターの中で 特に この母の像が私の心に残った。 



ロートレックは あんなに小柄で 確かに不遇の人生だった。



でも パリでは絵を描き 人と交わり 美食にこだわり、 

不幸の裏側で 濃密なバラ色の人生 La vie en rose を送ったかも知れない。  



だってフランス人だもの !








.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
   

« 今日の絵画 「 牧童の夢 」 | トップページ | 南仏「カルカソンヌ」 鉄壁の二重城壁、塔からブタが投げ落とされた! »

南仏画家の町」カテゴリの記事

南フランス ツールーズ・アルビ・カルカソンヌ」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは
南フランス・アルビ・・・は、初めて知りました
サント・セシル大聖堂、私がほんの少しだけ見たヨーロッパの大聖堂や教会とは
確かに趣が違いますね。むしろ「威圧感」を感じさせられます。
「最後の審判」の壁画、これを見た人は、己の心に審判を問い質しそうですね。
私だったら・・・嘘は書けないし、地獄へ落されそう・・・
街並みもいいですね。04写真下の家の玄関と壁・・・興味そそられます
で・・・煉瓦色の肌の男性は、何故上半身裸でそこに立っていたのでしょうか?
妙に気になりますヨォ!
可愛らしい男の子、ぬいぐるみからやがて女の子へ( ^ω^)・・・!
フランス人だから・・・、イタリア人もそんなイメージが・・・
今や盆栽は世界的に認められる日本文化の一つですが、
まさかロートレック美術館でも竹笹や灯籠が置かれているとは
それはさておき、美術館に昼休みがあって来館者が追い出されるとは・・・?!
日本だったら絶対にあり得ないですよね。
けどそれが”フランス”なのですね。勉強になります
今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今日の絵画 「 牧童の夢 」 | トップページ | 南仏「カルカソンヌ」 鉄壁の二重城壁、塔からブタが投げ落とされた! »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック