« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月29日 (金)

プノンペン 「ぴかぴかの王宮」「ポル・ポトによる拷問と処刑の場」

 
  長い内戦の年月を経て 今や250万人が住むカンボジア国王の首都 ・


プノンペンには 若い活気とエネルギーが満ちている。






01.     「 王宮 」 は公園のような広大な敷地を有しており、

なかでも ひと際目を引くのが 「 即位殿 」。 


現在のシハモニ国王の即位式も ここで行われた。

01








02.     一部 現に王族が住んでいたり 執務を行う建物もあるが、 他に 

パゴダや鐘楼、図書館や宴会ホール 宝庫や博物館など 多種多様の

美しい建物が点在している。

02







03.      ところで クメール王朝は 前期・後期と
栄枯盛衰が

あったものの、 国の西方 アンコールワット遺跡群が点在する地域で  

7~800年近く続いてきた。  


それが 現在の首都・プノンペンに遷都されたのが1870年。  さらに

フランス人建築家によって今のスタイルに再建されたのが1919年だ。


従って

世界の他の王城と比べたら この王宮は 新品同様と言えそうだ。
  
03
    
   (  美しい南国の花を咲かせている沙羅の樹の下 釈迦像 )







04.      しかも ロン・ノルや ポル・ポトの時代には プノンペンは

大混乱を来していた訳で、   王宮が王宮らしい安定感と華やかさに

彩られ始めたのは ようやく 1991年のパリ協定の締結以降となる。     


 観光も含め、プノンペンの繁栄はやっと始まったばかりなのだ。

04







05.     特に 3年8か月のポル・ポト統治時代には、 都市の無人化 

人々の農村への強制移住政策が取られたため  街は空洞と化し、

市民生活は崩壊した。



写真は 「 シルバーパゴダ 」    実際に王室の仏教行事が行われる

宮殿で、  内部の写真は撮ることが出来なかったが、


宝石がちりばめられた金銀の仏像が1650点、  床には20cm平方の

銀タイル 5329枚が敷き詰められていた。

05







06.     さて 華やかさから一転、 ここは 「 トゥール・スレン博物館 」

ポル・ポト時代に吹き荒れた粛清の嵐の舞台だ。  



ありとあらゆる人々が 何の根拠もなく反革命分子として捕まり 

ここで激しい拷問を受け 結局は 空しく処刑された建物だ。

06







07.      ここは もと高校の校舎で 一部 その黒板が残っていた。

当時の 拷問の様子 犠牲者たち 積み重なる骸骨等の写真も展示されていた。



特に 印象的なのが 子供看守の写真だ。

ポル・ポトは 階級・格差が存在しない ’ 原始共産主義 ’ を信奉したため

格差を生み出す 学問 技術 芸術 思想などを悪と定義、


まだ その ’悪’ に染まっていない 13歳以下の子供たちを 

兵士や強制収容所の看守などの役目に就かせた。


医療も 子供医者が従事したと言うから 本当に異常なことだ。

07







08.      ポル・ポトは国内から知識人層を根絶することを目指し、


” 医者・教師・技術者・学生だった者は名乗り出てほしい。 国の再興には

君たちの力が必要だ ” と 呼びかけ、 それに気概を持って応じた全員を

まんまと処刑してしまったのだ。

08
    
  ( 人々が処刑されたり、 逆さに吊るされ 水瓶で拷問を受けた木枠 )







09.       さて 場面は変わり お昼ご飯へ。     ランチは 

外国人観光客を念頭に置いた ?  ビュッフェスタイルだ。

09







10.       観光立国としての発展を軌道に乗せるべく、  


働き手は ’ 清潔と勤勉 ’ に勤しんでいるようにも見えた ・・・

10







11.      最後は 「 国立博物館 」、   赤いクメール様式の外観が目を引く。

11







12.      カンボジア全土から出土した彫像や青銅器など 

考古学的に貴重な クメール芸術の粋が収められている。


「 ガルーダ像 」 や 「 8本腕のヴィシュヌ神 」 などが有名だが

全体的にプリミティヴな大らかさが魅力だ。

12







13.     緑に覆われた気持ちの良い中庭に 「 ライ王 」 像が鎮座。


ホッとする空間だ。

13


ところで   ポル・ポトの時代には

字が読める、本を持っている、絵が描ける、眼鏡をかけている、腕時計をしてる、

それだけで 殺される理由になったのだが

ポル・ポトが 仏像や芸術品を破壊しなかったのは幸いだった。




トゥール・スレン博物館だけで2万人が殺されたというが、  彼の時代が 

もしもっと長く続いたなら ポル・ポトは 人間の次に芸術品を壊しただろうか ・・












゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
 

2017年9月22日 (金)

カンボジア : 昆虫、さなぎ、蜘蛛の佃煮・素揚げ食べてみませんか



アンコールワット遺跡群の見物を終え、 首都プノンペンに戻る途中


「 コンポントム 」 という町の市場に立ち寄った。






01.     すると、 山盛りの 蜂の子みたいな幼虫が売られていた。


湯飲み一杯分づつ掬うのだろう。

01

 






02.     市場では 果物や野菜 乾物など普通の品物の他

昆虫の素揚げや佃煮を売っていて、  怖いもの見たさの観光客に

ちょっとした人気となっている。

02








03.       得体の知れない生き物の調理品がズラリと並んでいる。

03








04.       イナゴ ?   唐辛子が混ざっている。

04








05.        カエルかな ・・

05








06.        コオロギ ・・  

06

     






07.     店番の女性たち   髪が黒くて アジアンの親しさを感じる。


日除け帽を被っているが、  11月のこととて さすが長袖だ。

07








08.      すずめよりちょっと大きい小型の鳥。    


日本では 野鳥保護の観点から
禁止されている

 ’ かすみ網 ’ のようなもので捕獲するのだろうが、


いずれにせよ 売るほどの量をどうやって確保するのか気になるところだ。

08








09.      ガイドブックによると、      カンボジアには 

ある種の昆虫を食べる文化があり、 ’ 昆虫捕獲シート ’ で捕まえるらしい。



田んぼや水辺 草原などに 白いビニールシートを張り 夜、蛍光灯を当てる。

寄って来てぶつかった虫たち、  コオロギ タガメ ゲンゴロウなどは 

下の水溜りに落ち、 御用となる。

09

 






10.       各農家は 通常の農作業と並行して 6~8月には

昆虫獲りに一家総出で力を入れる。    昆虫売買はいい商売になり   

昆虫泥棒も出没するので 一晩中見張りを立て警戒を怠らない。 



日本の サクランボ農家のような苦労があるのです ・・・

10

            ( 地中に住む大きなジグモ  素揚げにして食べる  )







11.    本当は 市場の食堂でタランチュラみたいな物を食べればよかったが


観光客は 実際は他所で こんな文化的な昼食をいただきました ~

11








12.      ハトくらいの中型鳥。  鳥なら なんとか味の想像がつくが

昆虫の場合は どれも苦みがあり、  ビールのつまみに合うという。



日本でも イナゴの佃煮は今でも食べる地方がある。    しかし、

カンボジアの場合   どれだけ農薬に規制があるかわからないので


虫の佃煮など食べる時は 量に注意しないといけないだろう。

12








13.        市場の片隅にお宮があった。 


昆虫供養とは関係無しでしょうが ・・

13




百人乗っても大丈夫 !?   



労働者を山盛り乗せたトラックと共に  プノンペンに向かった ・・








゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
   

2017年9月15日 (金)

 「ベン・メリア」 密林に眠る崩壊寺院 ロケ地になった程ドラマチック!


カンボジア アンコール・ワットの約50km東に、 崩壊したまま放置され 


森の中に眠る巨大寺院 「 ベン ・ メリア 」 がある。






01.    この寺院遺跡は アンコールワット建造前の 11~12世紀頃に

造られたとされる。         ガジュマルの一種 スポアンが絡みつく様は

異様ではあるが  逆に 惚れ惚れするほど芸術的だ !

01








02.       ベンメリア正門付近 見事に石積みが崩壊している。

02








03.       周囲の塀も崩れ去り 来る人を拒むかのようだ。


事実 ベン・メリアは 19Cにフランス人探検家に発見されたものの、 その後

内戦を経て、 地雷などを撤去し、 観光バスのアプローチ用に道路を整備し

一般に公開したのが やっと2001年のこと。

03







04.      当初中を歩くのは 一種の冒険のように難しいことだったらしいが、 


2004年に フランス映画 ” 二人の兄弟  Deux freres ”  のロケ地となり

撮影用に木道が組まれ、 それがそのまま 観光用に残されたということだ。

04

     (  僧侶も 自撮り棒を持ってます ~ )






05.      題名は不明だが ベン・メリアでは 中国映画も撮られている。



日本の さほど有名でない街でも 人気映画やドラマのロケ地になると

大勢の中国人がやって来るが、  ここでも 中国人が非常に多かった。 



他のアンコール遺跡群と比べ  日本人と中国人の数が傑出し、 

一種異様なバランスだった。

05








06.     日本人には ジブリ映画の 「 天空の城ラピュタ 」 のモデルだった、

ということで有名らしいが、 映画の制作年代とベン・メリアの観光地化の年代に

かなりずれがあり、 根拠のない話らしい。



ところで 英語による観光ガイドキャッチコピーは、  これも 成程と思わせる  

” かのインディ ジョーンズの世界 ! ” だ。



イメージ流用であれ何であれ、  例えうたい文句に釣られたとしても 

心配無用、  深い感動が待っている名跡であることに違いない ・・・

06








07.       廃墟の中、 細々とレリーフが生き残っている。



神々と阿修羅の綱引き、乳海撹拌の様子 ( 写真上 )

ラーマーヤナの一節 身の潔白を証明するため火に飛び込むシータ姫 ( 写真下左 )

入口近くの破風にある インドラ神 ( 写真下右 )

07








08.      ベン・メリアは もし完全に修復されれば アンコールワットを凌ぐ

規模の寺院になると言われている。       しかし アンコールワットは



一大観光地だが、  こちらの方は 地雷の撤去が完全に済んだ訳ではない。 

どくろマークの看板も立ち、  勝手に  藪などを歩き回るのは大変危険だ。

08








09.       ところで、  僅かながらフランス人も来ていた。 



フランス人は 例え映画が大ヒットしても  そのロケ地を崇めたり 

興味津々で そこにどっと押し寄せたりすることは まずない。

イライラするほど!??  冷静だ。      



フランス映画自体のこと、 木道を敷いたのがフランス人だと、 

仏人観光客が  知ってか知らずか 、、、

このドラマチックな奇観に惹かれやって来ただけか 、、  不明だけれど。

09








10.         この指 生きている !! 

10








11.       ベン・メリアを出て プノンペン方面に向かう道すがら

50kmほどの間に 10余りの古橋が残っている。


特に 「 スピアン・コンポンクディ橋 」 は規模が大きく 

建築文化遺産として価値が高い。



古橋の上は 歩行者 自転車 オートバイのみが通り、 他の大型車両には

う回路を設け、  古橋を保護する政策がとられている。



ナーガ (蛇神) の欄干といい 舗装のない土煙りといい 風情がある。

11








12.          さて 古橋付近   田舎の風景。  


あばら骨の見えるスリムな牛たちと  藁と  お父ちゃん 、、、

12








13.        馬力百倍 たくましいお母ちゃんライダーと  子供たち 、、

13



たまたまの出会いで 全部がこうではないけれど




’ 鄙びた昔ながら ’ と  ’ 新しい文明の利器 ’ が入り混じり、  


内戦で消耗しきった男たちと  耐えつつ逞しさを身に着けた女たちが行き交い、





名も無い庶民の まぶしい光景でした。







。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
 

2017年9月 8日 (金)

「アンコールワット」 天に近づくため65度の急勾配をよじ登ります


アンコール遺跡群の中でも 最大の規模と建築様式美を誇る

「 アンコールワット 」 は ヒンズー教の宇宙観を地上に再現したもので、


年間300万人も訪れる観光客を魅了している。






01.   世界の中心にあり、神々が住むとする須弥山 (しゅみせん) を

象る中央祠堂へは  急な階段をよじ登ることになり、


尊きものに近づく畏敬の念を 否応なく感じさせられる。

01








02.    写真の通り、 アンコールワットそのものは 無限の大洋を意味する

広大な環濠 (1.5kmx1.3km) に囲まれた 小さな四角に過ぎない。  



濠手前の正門からの西参道は 長い道のりとなる。

02








03.    中央祠堂は  長方形の回廊に 三重に囲まれている。



写真は一番外側の第一回廊で、 須弥山を囲むヒマラヤ連峰を意味している。

03

 






04.     第一回廊の内側にある 「 十字回廊 」     
当時は


四角い4つの回廊に 王国の農業を支える貴重な水が蓄えられており、

高貴な人の沐浴場でもあったと言う。

04








05.     第二回廊から 第三回廊を見上げる。  このような階段が


四方に計12面あり、  昔はどこからでも上がれたが、 転落事故も多く

現在は 一か所に限定されている。

05

                       ( 上部 中央が 中央祠堂の尖塔 )






06.      65度の急勾配の石段の上に 別途設えられた踏板と手すりが 


押し寄せる観光客の安全を担っている。

06








07.       第三回廊の内側と外側。

07








08.      眼下の第二回廊のテラスが 意外と広いこと、 また

第一回廊の伽藍と合わせ 相当立派な建築物だったことがわかる。



シェムリアップの密林も 遥かに続いている。

08








09.      さて アンコールワットの最大の魅力は 回廊のレリーフ群だ。

インドの古代抒事詩が壮大な絵巻物となって 東面、北面 西面など 

各回廊の四辺の壁を彩っている。  


乳海撹拌 (下右) や  マハーバーラタ (下左) などはほんの一部だ。



しかし 実際はぐるぐる巡っているうちに 自分がどこにいるのか

分からなくなってしまう。    
強く興味を抱く人は

 前もって物語や絵柄をよく予習しておくのがいいかも知れない。

09








10.     一方 セクシーでたおやかなデバタ―像には 女性美が溢れており、

ダイレクトにその魅力が伝わって来る。   顔 冠 首飾り 手の位置など

同じもは一つもない。       それぞれどこか違っている。



黒光りしている部分は 金箔の下地に塗られた漆層が残ったものとされる。

10








11.        さて、西日に向かって 西参道から退出する。  


シンハ像のお尻が可愛い ・・

11








12.      参道の両側にある聖池に アンコールワットが写り込み

有名な ’ 逆さアンコールワット ’ が出現する。  


場所により 尖塔の数が 3基から5基へ変化する。

12








13.         環濠沿いの静かな夕げ 、、、 



門外に出ると 日常と観光客の匂いが入り混じっていた。

13




王と神が一体化するため造られた 聖なる場・アンコールワット、

三重の回廊を一段登るごとに 天に近づいてゆくとされた。



西洋の教会も 神を目指して天へ天へその塔を伸ばしていった。




高さでは及ばずながら 壮大な宇宙観は アンコールワット遺跡群の方が

より肉厚に表現されているかも知れない。



それは 自然や動物 そして人間や農業、 プリミティヴなものを


そのまま取り入れた土着の強みのせいかも知れない。








.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.   

2017年9月 1日 (金)

「タ・プローム」 ガジュマルに絞め殺されんとする寺院遺跡


アンコール・ワットの北東数キロにある仏教寺院遺跡 「 タ・プローム 」


崩れようとする遺跡と 絡み付き浸食する巨木との闘いが圧巻!






01.      中央祠堂の回廊を押し潰そうとする巨木

熱帯植物 ・ ガジュマルの一種 ズボアン、 


右手は 人を呑み込んだ大蛇のようにも見える。

01








02.      横から見ると より複雑に絡んでいる。


タ・プロームは 1186年に仏教寺院として建立されたが

後にヒンドゥー寺院に改修され 以後ヒンドゥー色が濃くなった。

02








03.     1000mX600m 四方の 広い敷地を持つこの寺に

かつては数千人もの僧侶や踊り子、 諸般の行事や衣食住を支える人々等

1万人以上が暮らしていたとされる。


踊り子は 数々のレリーフにも登場するが、 祈りや儀式に際し

神聖な踊りを奉げるのに 欠くことの出来ない存在だったと思われる。

03

  (  木々の浸食を免れた部分、 崩壊し放置された部分、 )






04.     中央祠堂の一部は 巨木に覆い尽くされ 息も絶え絶え?!

04








05.    中央祠堂は美しい女神 ・ デバダーのレリーフに囲まれている。


百年、いや数十年後に 彼女らの姿は残るだろうか ・・

05








06.    こちらは ズボアンの根の上に さらに別の植物の根が

からみ   まるで毛細血管のよう !

06








07.      モダン・アート顔負けの 芸術的な出来栄え !? 

07








08.     たくましい巨人の肩と二の腕 ? ( 東塔門そば )


” 彼 ” は可愛らしい女の子が居並ぶレリーフを守っている 、、

08

 






09.    こちらも彼の腕 ?  それとも足で踏ん張っている ?

寺院の石の庇と建物そのものが潰されるのも 時間の問題だろう。


数年前までは この鉄棒の支えはなかったようだから

熱帯の樹木は 恐ろしいほどの速さと力で 襲いかかって来てるのだ。

09








10.   さてこの写真、  樹根の束の間から そっと微笑みかける 

一人のデバダーが写っている。  ( 下の方 だいたい真ん中 )

10








11.     呑み込まれんとする時の祈り 、、  悟り 、、、

11

    






12.     回廊を鷲づかみにする 怪鳥の足 ( 左 )。   



別名 ’ 絞め殺しの木 ’ と言われるガジュマル。

地面に向かって伸びた気根は やがて幹とも根とも区別がつかなくなり、

コンクリートや石をも突き破ってしまう。



気根が伸びる方向通りに 石の割れ目が走っている ( 右 )。

12








13.     ”  タ・プロームの修復を担当しているインド政府が 

修復計画を発表したものの、 熱帯の巨大な樹木が  今や

遺跡を破壊しているのか、それとも遺跡を支えているのかわからない

という議論が沸き起こっている  ”


と、情報筋が伝えている。

13



確かに ここまで来たら 実際手の施しようがないかも知れない。


これほどまでの異形は もはやアートであり 人知を超えた

’ 面白がりの 邪気の業 ’ ではないだろうか。




多分 石積みはもっと破壊され 石片が地に積もり 、、

その傍ら 大きくなり過ぎたガジュマルが やがて自滅し 、、、


つづきを 次世代のどなたか 見て来ていただきたい。








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★ 

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック