« 「アンコールワットの日の出」「シェムリアップ」「高床式住居」 | トップページ | 「タ・プローム」 ガジュマルに絞め殺されんとする寺院遺跡 »

2017年8月25日 (金)

「アンコール・トム」 大らかでハンサム・観世音菩薩の四面塔


栄華を極めた クメール王朝最後の都市跡 「 アンコール ・ トム 」

アンコールは ’ 町 ’ を、 トムは ’ 大きい ’ を意味する。


その名の通り 大きく豪華、 そしてとにかく個性的な都城だ。







01.   アンコールトム入口 「 南大門 」 に向かって左手には

ナーガ (蛇神) を引く神々の列が続く。 (54体)



アンコールトムは 一辺3kmの正方形の環濠と城壁に囲まれており

この道は その濠をまたいで 中央仏教寺院まで通じている。

01








02.   道の右手には ナーガを引く阿修羅の列が並ぶ。(54体)



神々と阿修羅は、  仏教世界の中心にそびえる山 ・ メール山に準えた 

バイヨン寺院に 蛇を巻きつけ、  互いに引き合い、

大海に見立てた環濠 (海乳) を撹拌し、 そこから良き収穫物を得ん

とする説話  ’ 乳海撹拌 ’ を  表現しているとか ・・



屈強そうな石像が ズラリと並ぶのに ちゃんと話の筋立てが

あるのに驚いた。 

02

 






03.     これが そのメール山 ( 須弥山 しゅみせん ) の具現化、

アンコールトムの中心にある 「 バイヨン
寺院 12C末 」 だ。 


神々が ここに降臨し、 ここに住まわれるという。

空高く林立する仏塔は いかにも霊峰の如し ・・

03








04.       バイヨンは 丸い中央祠堂を 

四角い第一回廊、第二回廊が取り囲んでいる。   周囲には


聖池と呼ばれる池や 崩れたままの石の積み重なり などがある。

04








05.      柱列をくぐって進むテラスも、 光が差し込まない

地下空間もあり、  伽藍内部の構造はかなり複雑で迷路のようだ。

05








06.   回廊の各所には 様々な物語を表すレリーフが彫られている。

06








07.  アンコールトムのハイライトは 「 観世音菩薩の四面塔 」 だ!  


四面に菩薩の顔が彫られた塔が テラスに49、 塔門が5 ある。

合計216面の色々な表情の顔が居並ぶ様は 壮観で、

南国的な大らかさがあふれている。

07








08.    これが 最も有名な観世音菩薩。 なんともハンサムな!

と言いたいところだが、 菩薩はその成り立ち、呼称、役割などにより

男性的であったり 女性的であったりする。



日本画でも 美しい衣をまとった 慈愛に満ちた母のような菩薩に

ちょろっとヒゲがあるのを見つけ ハッとすることがある。



歴史と地域による差異 、、 その系譜は複雑だが 

バイヨンの菩薩は  男性そのものだろう。

08








09.    というのも、 堂内の各所に彫られた 微笑みの女神 

「 デバダー 」 の この上なく女性的で美しい曲線美と比べたら


ここの観世音菩薩群は まさに男性以外の何物でもない。

09








10.    「 パプーオン 11C 」 3層からなるピラミッド型寺院。

かつては50mあって バイヨン寺院より高かったといわれる。 


2mの円柱が3列になって支える 「 空中参道 」 は

地上と天界をつなぐ虹の架け橋とされる。

10








11.    「 ピミアナカス 11C 」     9つの頭を持つナーガが

女身となって棲み  クメールの王は毎夜ナーガと交わらねばならず、

一度でも怠れば 王は早死し 王国には災難が降りかかるという伝説の場。



左は らい病に冒されたライ王の像。   病魔に冒され 王の肉体が

崩れる一方で 壮大なアンコールトムと観世音菩薩が完成していく様を 

三島由紀夫が戯曲に著しているそうだ。

11








12.     「 象のテラス 」 蓮の花を鼻で摘む象の列柱


造形的にも奇抜で魅力的だ !   人々に敬愛される象の像は 

城内のあちこちで 多用されている。

12
( 左側  ライオンとガルーダが一体化した聖獣ガジャシンハ )






13.    「 勝利の門 」  かつて 戦いに勝利した兵士たちが

ここを通って凱旋した。   この門にも観世音菩薩の四面塔があり、 

象の像もしっかり両側に控えている。

13


アンコール ・ トムを見物し、 この門から退場したあと

次の訪問先 タ ・ プローム へ向かった。




同じ仏教といっても 日本の 侘び寂びの世界と異なり

直截的でダイナミック、 


南国のエネルギーをまともに浴びた  一日となりました。  







゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

« 「アンコールワットの日の出」「シェムリアップ」「高床式住居」 | トップページ | 「タ・プローム」 ガジュマルに絞め殺されんとする寺院遺跡 »

カンボジア アンコール遺跡群の旅」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは happy01
いやはや・・・これは「立体の曼荼羅」と呼べば良いでしょうか?
まさにそんな印象を受けました。
神々や阿修羅の表情は1体1体違うのでしょうね。
彫像、石像、レリーフ・・・、仏教美術の神髄を表しているような気がします。
ヨーロッパの教会などで見るキリスト教文化の美術との違いが感じられて、
なかなか興味深いです。
今日も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。

超人気のアンコーツワットもアンコールトムも、あの悲惨な内戦の歴史、それもまだぼくらの記憶に残る、そんな時間を経ての今日なのですね。
よく知られたこの地も、bellaさんの眼で見られると、はっとするところがイッパイなのです。
観世音菩薩も、阿修羅も、石から木になって、地球を1/4ほど回って何百年かの僅かな時間を経過すると、こんなにも変遷するのは、あらためての驚きです。
ロリュオス遺跡群、これはまた、素晴らしい存在なのですね。しっかりと保存していってほしいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577816/65683434

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンコール・トム」 大らかでハンサム・観世音菩薩の四面塔:

« 「アンコールワットの日の出」「シェムリアップ」「高床式住居」 | トップページ | 「タ・プローム」 ガジュマルに絞め殺されんとする寺院遺跡 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック