« 4年ぶり bellaのフラワーアレンジメント | トップページ | 「ジャイアンツコーズウェイ」 柱状節理群 最北で六角の奇観を見る »

2017年6月23日 (金)

「ぺルージュ」フランスの最も美しい村 現代から中世にワープするにじり口

 
ぺルージュ Perouges は リヨンの北東36kmに位置し、

今日でも 中世の姿をそのまま留めている小村だ。


’ 人口2000人以下という フランスの最も美しい村に登録される条件 ’

の通り、  現在は 1200人程が住んでいる。   



織物産業のメッカ ・ リヨンに近いこともあり 

昔は 織工 tisserands が多く住み 繁栄の基盤を成していた。








01.      ぺルージュ村を囲む城壁は 家と一体化していて 如何にも

頑丈そうだ。   この狭い通路は 敵の侵入を防ぐのに役立ったに違いない。



それに 中世と現代を行き来する ’ 躙り口 ’ そのもの
だ!

01








02.      石畳、などという穏やかなものでなく、 でこぼこに突き立つ丸石が

まるで罰ゲームのように 足裏に当たって来る。  



外敵のことや水はけのこともあったろう、  昔の人は わざと

不便さを 受け入れていたのかも知れない。

02








03.      実はぺルージュはこんな形をしている。  丸っこい 可愛い村、  


誰でも 一度は訪れてみたくなるでしょう ・・

03








04.     他のフランスの最も美しい村同様、 ここも映画のロケ地となった。


特に 1921、1932、1961年の 「 三銃士 Les Trois Mousquetaires 」 は 

半世紀以上も前だけに 村の様子がより忠実に映し出されているかも知れない。 


(  最近の映画は CGを織り交ぜて場面設定することも多いので 、、 )

04








05.         村の中心の ラ・アル広場にある ホテルレストラン。  


ハーフティンバー、持ち送り式の造りは いかにも中世の趣きだ。

05








06.    物寂しい村の佇まいではあったが、  見物人がたくさん来ていた。


一般の観光客相手とは別に、  子供向けのガイドツアーもあって 

ガイドは 毎年開かれる中世祭を彷彿とさせる衣装を着ていた。

06








07.        最近は 城壁の外側に住居を移した村民も多いらしいが、 


現地の子供たちの姿も確認し 何だかホッとした ・・

07








08.         ところで ぺルージュ Perouges という村の名、   



例のサッカーの中田選手が住んでいた イタリアウンブリア地方のペルージャ Perugia

から来た人々が興した集落だったから その名が付いたという説と、


’ ピエール ルージュ pierre rouge 赤い石 ’ が 元になっていると言う説がある。


(  詳しくはわからないが、 赤い石は 生贄の代わりに捧げられた

血の色をした赤い石を意味するらしい ・・ )

08








09.      写真左下に写る太い幹の菩提樹は  フランス革命後の1792年に


自由 Liberte のシンボルとして植えられたものだ。 

09








10.       ぺルージュのガレットは お土産として有名だが


蝋燭や銅製の鍋や水差し、陶器、古道具なども なかなか魅力的だった。 

10

 






11.       村には二つの門がある。 上の門は La Porte d'En-Haut、


下の門 La Porte d'En-Bas は、  それ自体が城塞そのものと言える 

サント・マリー・マドレ―ヌ教会の脇に建っている。



夕方、村の中は早い時間から日影となるが 外側はまだキラキラとまぶしい!

11


ところで、 広場に面した家の日時計には 午前10時から午後2時までの

文字盤しかない                 そして 日時計君は

こう言っている。    ” 私は お天気が良い時しか 時を刻めない ・・ ”



城壁の外側なら もっと多くの時刻をキャッチ出来たのにね !?









12.        城壁の外は緑一色、  光も溢れている。

12








13.       城壁と一体となって 中世以来ぺルージュ村を守って来た教会、

13


そのドアも  現代から中世にワープする 躙り口のようであったし、


ドラえもんの ’ どこでもドア ’ のようでもあった ・・・・・
 







  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

« 4年ぶり bellaのフラワーアレンジメント | トップページ | 「ジャイアンツコーズウェイ」 柱状節理群 最北で六角の奇観を見る »

リヨン、フランス第2の都市」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、初めてコメントしますが、時々このブログを楽しませてて貰っています。
歴史や文化だけでなく、その土地の人びとの生活がうかがえるとても魅力的で、深い内容のブログだと感心しています。あなたのブログを参考にして私も自分のブログを作っていきたいと思っています。

オーガンジーZeitlさま
ブログにお寄りいただき ありがとうございました。
いつまで経っても 未熟の域を抜けられませんが
なんとか続けていければと思っています。
オーガンジーさまも 素敵なブログをお書き下さいませね!
ありがとうございました!

こんばんは(^o^)/!
わぁ~!素敵な村ですねぇ~!
中世の姿を今に残している、そんな雰囲気がありありと感じられます。
もちろん現代風のところも少しはあるのでしょうが、魅力的な村ですね。
観光化されていない(?)から、佇まいも美しいのでしょう!
こういう、いわば「穴場」のようなところを選んで旅するbellaさん、
さすが!です。
今週も楽しいバーチャル旅行を楽しませていただきました。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577816/65446585

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぺルージュ」フランスの最も美しい村 現代から中世にワープするにじり口:

« 4年ぶり bellaのフラワーアレンジメント | トップページ | 「ジャイアンツコーズウェイ」 柱状節理群 最北で六角の奇観を見る »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック