« 「ぺルージュ」フランスの最も美しい村 現代から中世にワープするにじり口 | トップページ | 「ベルファスト・タイタニック号造船所」 「大酒飲みのアイリッシュジョーク」  »

2017年6月30日 (金)

「ジャイアンツコーズウェイ」 柱状節理群 最北で六角の奇観を見る


一口にアイルランドと言っても、 アイルランド島には二つの国が存在する。

「アイルランド共和国」 と 英連合王国に属する 「北アイルランド」 だ。





今回は 北アイルランド最北の海岸 「 ジャイアンツコーズウェイ 」 を訪ねます。







01.         6000万年も昔 大陸と陸続きだったブリテン島に 

大きな地殻変動が起こり、 火山活動で噴出した溶岩が冷えて岩となる時


六角形の柱を束ねたような 「 柱状節理群 」 が出来たのだという。 

01








02.      この奇観地区は 1986年にユネスコの世界遺産に登録されたが

同時に イギリスのナショナルトラスト運動によっても 厳重に保護管理されている。

02








03.       海岸へは 自然保護の観点から一般車は入れず、 

ナショナルトラストが運営する巡回バスに乗ることになる。



車掌が 面白おかしくガイドして 車内は終始爆笑に包まれた。 

英国にこんなガイドがいるんだ、とびっくりした! 


そうか、(詳しい分析は別として!) イングリッシュでなく アイリッシュなんだ ・・

03








04.        当然ながら これらの六角柱の根元は 海底へと伸びている。

04








05.   「 ジャイアンツ・コーズウェー Giant's Causeway 巨人の石道 」 という名は

アイルランドに住んでいた伝説の巨人フィン・マックールが 


スコットランドへ戦いに向かうため作った道だとも  

他の島から愛する女神を呼び寄せるため作った道だとも 言われる。


いずれにせよ 海中へと続く節理の道が 想像をかき立てる !

05








06.        山側にも  相当な数の節理柱が 丘となって連なる。

06

                                         (  右上は 「 巨人のブーツ 」 )






07.      さて、 柱状節理群が見られるジャイアンツ・コーズウェーから

東側・西側 どちらに進んでも、 20kmに渡って 個性的な美しい風景が見られる。



東側には 節理が連なる崖壁沿いにトレッキングコースがある。    


足元の隙間から恐る恐る入江をチラ見しながら渡る 楽しい吊り橋を通って

断崖上の絶景ポイントまで歩くことが出来る。

07








08.           「 巨人のハープ 」

08








09.           「 オルガン 」

09








10.      ところで 火山列島日本でも  福井の東尋坊、宮崎の高千穂峡

兵庫の玄武洞など 各地で見事な柱状節理が見られるが



こちらの特徴は 局所的でなく 美しい海岸線が長く続くことと、

ナショナルトラストが 保護観察の対象としている 動植物の

手つかずの豊かな生態系があることだ。



この日も 多種多様な海鳥を観察することができた。

10

 






11.       コーズウェイから 西側にも 奇岩の海岸線が続いている。

11








12.      やがて 「 ダンルース城 Dunluce Castle 16C 」 の廃墟が現れた。

とりわけ 北国のどんよりした寒空で見る廃墟は 胸に堪える。



戦争や跡目争いなどで崩れた古城を復興して維持管理するには 

まず城主なり財団なり 明確な所有者がいて、 お家のためとか観光のためとか

はっきりした復興モチベーションがあって、 さらに莫大な資金・財源が必要だ。



そんなハードルの高さに力及ばず、   時の流れに身を任せ、 

崩れ去った城が    何百、何千とあったことだろう。

12

 






13.        崖にぴったりサイズを合わせて城が造られたことがわかる。



この城の最盛期がどれくらい続いたかはわからないが、 

栄枯盛衰、、  つわものどもが夢の跡、、  


北アイルランドの古城廃墟は 薄もやの中で 淡い詩情を湛えておりました。

13









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★
   

« 「ぺルージュ」フランスの最も美しい村 現代から中世にワープするにじり口 | トップページ | 「ベルファスト・タイタニック号造船所」 「大酒飲みのアイリッシュジョーク」  »

北アイルランド のん兵衛と宗教対立テロの国」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(^o^)/!
ウワーッ!見事なほどの自然の造形美ですネェ coldsweats02
地球という星が、どれほど素晴らしい芸術家であるか、一目瞭然の光景ですね。
しかし、これほどの石柱群ができるきっかけは、何だったのか?
そして今の形になるまでどれほど長い年月がかかったのか?
広い宇宙の中に、他にこんな惑星があるのかな?
そんな壮大なことを考えてしまいました coldsweats01

>福井の東尋坊、宮崎の高千穂峡
 兵庫の玄武洞など 各地で見事な柱状節理が見られるが

私も↑の3ヵ所、いずれも訪れたことがあります。
柱状節理としては、特に玄武洞が印象に残っています。

崩れ落ちて廃墟となったお城・・・、このまま風化してしまうのでしょうか?
ほんの数百年前なんですよね?このお城が全盛期だったのは・・・?
どんな人が暮らし、どんな生活をしていたのか・・・?
きっと華やかな時代があったのでしょうね confident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577816/65475401

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジャイアンツコーズウェイ」 柱状節理群 最北で六角の奇観を見る:

« 「ぺルージュ」フランスの最も美しい村 現代から中世にワープするにじり口 | トップページ | 「ベルファスト・タイタニック号造船所」 「大酒飲みのアイリッシュジョーク」  »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック