« 今日の絵画  「 愛しきマドモアゼル 」 | トップページ | イタリア・ヴェローナ 「古色蒼然スカーラ橋」「アレーナコンサートに俄雨」 »

2017年4月21日 (金)

「鹿児島・桜島」 久しぶりの噴火に遭遇しました!

 


 
01.       旅の空、    飛行機の窓から富士山が見えた。  

時間や天候、 そして座席によって いつでも見られるとは限らない。


私は  富士の崇高な姿と その日の幸運に感激した。

01







02.       頂上のくぼみは 富士が火山であることを物語っている。

02








03.        機体は 富士の上空をあっという間に通り過ぎる。

小窓に頬を押し当てんばかりに 山影を追い、 名残を惜しんだ。

03







04.         さて 今回の旅は九州・鹿児島。    


薩摩半島の何か所を見物したあと

レンタカーで錦江湾を南から北へ つまり指宿から鹿児島市に向かった。



外国から運ばれた原油が備蓄される 日本最南端の巨大なエネルギー基地に

目が釘付けとなったが、     それを 6~7km過ぎた辺りで、

 

突然 桜島の右肩から 小さな噴煙が上がったのに気付いた ! 

アッと声を上げた。

04







05.       慌てて 道端に車を止め、 桜島を見やった。  


昨年の7月から噴火がなかったのに、  17年の4月 何で今 !  

何というタイミング ! 

05








06.      午前10時13分から、   間隔を置いて 何度か噴煙が上がり  

 煙が西方へ流れ出した。

06








07.       その先には 私がこれから向かう鹿児島市がある。


まずいではないか ・・・    ゴリラ君も たなびく煙を監視している。

07








08.      鹿児島市内に入ったら もう灰が降らんばかりの様相だ。


桜島に渡るフェリーは出るのだろうか・・    桜島に登れるだろうか ・・・

08








09.        しかし 全ては 素人の杞憂だった !   


博物館のお姉さんは ” あらァ 噴火したんですか、 気が付きませんでした~ ”

島津のお殿様の別邸 「 仙厳園・磯御殿 」 の案内人さんは 

” まあ いつものことで ・・  去年は150回 一昨年は1000回以上でしたよ ”



地元の人たちの反応はもっともなことで、 至極当たり前。


しかし、 思いもかけず 噴火の瞬間を目の当たりにした ’ 初心者 ’ には

この上なくエキサイティングで 忘れ難い出来事となりました !

09








10.      午後までには噴火もすっかり鎮まり、 何事もなかったかの様。


フェリーも運行され 車ごと 無事桜島に渡ることが出来た。

10

 






11.      桜島の四合目 「 湯之平展望所 373m 」 までは 一般人も

行くことが出来る。  途中 すれ違い様 車がそれぞれも~っと灰を巻き上げた !



数時間前まで噴煙を上げていた 桜島南岳、 灰をまとったその姿は荒々しく、

ナイフでカットしたような 幾筋もの鋭い線が 山肌を刻んでいた。 

11








12.    展望台は頑丈なコンクリートで出来ていて そのままシェルターになる。

どうせなら 朝の噴火の瞬間をここで見たかったものだ! 凄い音だったろう!  

( もちろん ちゃんと 入山規制は出されることだろうけど ・・   )




北岳は休火山で 南岳が活火山だ。 どちらも 山頂部が噴火で吹っ飛び

えぐり取られたのが 手に取るようにわかる。



ところで お客の9割方が中国人だった。 案内板もハングルと中国語で装備。



展望台のテラスは360度回ることが出来る。    光輝く錦江湾の風景は

ちょうどイタリア北部の湖水地方の景色に似て 輝かしくドラマチックだった。 

12

       (  右上は 案内板の北岳と南岳の写真   右下 火山灰処理車が出ていた  )






13.       桜島の噴火は日常茶飯事であっても、 ’ 降灰
の方角 ’ は

住民にとって大きな関心事だ。  作物保護や洗濯物や車の出し入れなど

日常生活に関わるからだ。      テレビの天気予報で 当たり前のように

’ 本日の降灰方角 ’ が出されていたのが興味深かった。




そして 噴火時の溶岩の流出方角も 運命を左右する。


この 「黒神埋没鳥居」 は 

大正3年の大噴火で 島の南東部に流れた溶岩で埋まったものだが、


鳥居どころか その噴火で 桜島は大隅半島と陸続きになったのだ !




したがって 今回私が島を去る時は 船でなく道路で大隅半島側に出た。

13



久方ぶりの桜島の噴火の瞬間に遭遇するという サプライズ付きの桜島周遊は

ダイナミックでエキサイティング、 プライスレスな旅となりました ~ 
lovely




飛行機から見た神々しい富士山も    いつの日かまた爆発して 

桜島のように てっぺんが吹っ飛んでしまうかも知れない。



でも そんな日は 一億年後くらいにして欲しいものだ。





火山大国 日本の  極ごく 一端に触れた旅でした ・・・・・









.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 

« 今日の絵画  「 愛しきマドモアゼル 」 | トップページ | イタリア・ヴェローナ 「古色蒼然スカーラ橋」「アレーナコンサートに俄雨」 »

国内旅行 九州編」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、こんばんは happy01
今回は国内旅行ですね。
飛行機からの富士山、私はこの角度から見たことがなくて、
とても新鮮に映りました。

桜島、あの程度(?)の噴火は日常茶飯事なのかなぁ?
北海道の人たちが雪に慣れているように、
鹿児島の人たちは降灰に慣れているのかな?

桜島へは学生の時に一度訪れただけです。
国鉄バスが桜島周遊のバスを出していて、
国鉄の周遊券で乗ることができました。
ガイドさんも乗務していて、鹿児島弁が全く分からなかった思い出があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577816/65177785

この記事へのトラックバック一覧です: 「鹿児島・桜島」 久しぶりの噴火に遭遇しました!:

« 今日の絵画  「 愛しきマドモアゼル 」 | トップページ | イタリア・ヴェローナ 「古色蒼然スカーラ橋」「アレーナコンサートに俄雨」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック