« ヴェニス 「大運河風景」 「リアルト橋は意外と幅広です!」 | トップページ | ヴェニス 「囚人が別れを告げたため息橋」「屋上テラス・アルターナ」 »

2017年3月31日 (金)

ヴェニス 「ゴンドラは左右非対称」 「ゴンドリエーレには試験がある」 


  ヴェニスと言えば  ’ ゴンドラ Gondola ’  、、


今回は  カナレットとゴンドラのお話  、、







01.      危ういバランスで 宙に浮かぶような三日月型のゴンドラ、


弓なりに湾曲させ 水との接触面を最小にとどめているため、

一つのオールだけでも かなりの推進力を得られるのだそうだ。

01







02.     カナレット (小運河) に ゴンドラの列が続く 、、


ゴンドラは左右非対称に出来ており、  左側に乗るゴンドリエーレ (船頭) と

バランスが取れるように 左舷の方が右舷より25cm程度長い。

02
           
 (  左側のゴンドラの 左舷が長いのがわかりますか ~  )






03.   ゴンドラは法律で黒と定められていた時代があり 今でもほとんどが黒塗りだ。


定員は6名。  個性的な設えのペアシートと 他に4脚の椅子があって

バランスを取るため 体重によって座る位置を指示されることもある。



綺麗なお姉さんたちも楽しそうだ ・・

03







04.      船体の左側に ゴンドリエーレの漕ぎ位置 ・ 赤いラバーシートがある。 


船頭さん、 建物の壁を蹴って 進行方向を整えま~す 




ゴンドリエーレの制服は ボーダー柄のシャツと リボンを後ろに垂らした麦わら帽、

黒いズボンに黒い靴と決まってはいるが 適度なバリエーションはあるようだ。

04







05.     ゴンドラは 長さ11.5m 幅1.4mと かなりスリムだ。

海底に竿さして進むのでなく オールで水を掻くのだから 相当な力が要る。


腰や肩を痛めて 体がボロボロだ、と嘆く人が多いと言う。

05







06.     ゴンドラ自体は 白タクのように 船頭自身の持ち物で、

製造・維持・修理にも相当なお金がかかる。


ゴンドリエーレは 昔は相伝の家業だったが、  後継者問題もあり

10年前に実技や理論を教える船頭学校が出来て 一般にも門戸が開かれた。

06
 






07.       400もの橋が架かるカナレット、  橋ごとの風景がある。

07







08.      バリアフリーとは正反対の街歩き、 

100m進むにも ベビーカーを何度も持ち上げて 幾つかの橋を越えて行く。


それでも 何にも代え難い情緒がある街角だ ・・

08







09.      学校が出来たとは言え ゴンドリエーレの道は険しい。


何はともあれ 強靭な体力あってこその仕事だし、 

観光客相手の商売だから 3か国語以上の語学も必要だ。 


それに ヴェニスの歴史や文化にも精通してないといけない。

09







10.      しかし、 それらの条件を満たし 試験に受かれば  今は

外国人でも女性でも ゴンドリエーレになれると言う。    



しかしながら いろいろなものが ロボット化しようとする現代で 

体力を消耗して 人力で個別に人を運ぶなんて、 

誇りと喜びがないと続かない なんともアナログな商売ではありませんか !

10







11.        東京ディズニーランドのゴンドラでは 

マイクで お客たちの座を 面白おかしく盛り上げたりするけれど、 


こちらは お客の ” 恋路 ” を邪魔するような 無粋なことはしない。    



言い換えれば ’ 別料金 ’。   サンタルチアなど歌って欲しかったら

もしかして チップが必要かも! (ゴンドラの料金は40分で80ユーロくらい。)

11







12.       因みに 現在2人いるゴンドリエーラ (女性船頭) のうちの

一人はドイツ人だそうだ。     


私は以前 日本のある地方の宿で 若いドイツ人女性と食後 合流して

お酒を飲む機会があった。   彼女は ルフトハンザのパイロットだった。  


ルフトハンザの女性パイロットの比率は 僅か3~4%だそうだ。



彼女は 日本の浴衣を着たら ごく普通の若いお嬢さんに見えたが、 

世界中を飛び回るので 結婚は頭にないと プロフェッショナルな言葉だった。



ゴンドラとルフトハンザ 操縦するものは違えど さすが機械好きドイツ人だ !

12







13.      今日も 何百年前と同じく ゴンドラはカナレットを進んで行く。



ヴェニスの運河には 観光客や街の人が落とした落し物が 

ごまんと落ちているらしい。


指輪だって 時計だって お金だって 旅行カバンだって 

お皿だって 机だって   なんだって落ちている。



結構な深さだし 潮流もあるし、  それらは決して再び戻らない。

13




私も 人生の苦労やしがらみを 運河に全部捨てて来ました !?  








♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 

« ヴェニス 「大運河風景」 「リアルト橋は意外と幅広です!」 | トップページ | ヴェニス 「囚人が別れを告げたため息橋」「屋上テラス・アルターナ」 »

イタリア ヴェネト州 ヴェニス・ヴェローナなど」カテゴリの記事

コメント

こんばんは happy01
”水の都”ヴェニス、そしてゴンドラ・・・、
写真を拝見し、bellaさんの楽しい文章に、
心の中でヴェニスの旅を堪能しています wink
ゴンドリエーレになるには、やはりいろんな知識と技術が必要なのですね。
その点では、日本の”鵜飼い”の鵜匠と通じるものがあるかもしれませんね。

以前、名古屋に”イタリア村”というテーマパークがあり、
そこの目玉はゴンドラだったのですが、10年ぐらいだったかなぁ・・・、
経営破たんしてしまいました。
一度行こうと思っているうちに、行けずじまいで、残念に思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577816/65081567

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェニス 「ゴンドラは左右非対称」 「ゴンドリエーレには試験がある」 :

« ヴェニス 「大運河風景」 「リアルト橋は意外と幅広です!」 | トップページ | ヴェニス 「囚人が別れを告げたため息橋」「屋上テラス・アルターナ」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック