« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月24日 (金)

今日の絵画 「 雪の道 」



今日の絵画 「 雪の道 」   水彩とパステル





フランス東部 とある町、   雪の並木道、

飼い主の口笛がこだまする、、、    大型犬が気にしているのは、、、
 

2

2017年2月17日 (金)

「鳥取砂丘」と 写真家植田正治 そしてその妻

 

  01.        車がビュンビュン走る日本海沿いの国道に ヒョイと現れた 

「 弁天岩 」 と 「 大国主命と因幡の白兎の像 」。



海に浮かぶ領土を綱で引っ張って来たという ’ 国引き神話 ’

鰐を騙して海を渡ろうとして痛い目に遭った兎と それを助けた大国主命の

’ 古事記 ’ にしるされた話、



そう言えば いずれも 海岸を舞台としたお話でした ~    

01

                   ( 上: 出雲市大社町の稲佐の浜 )    ( 下: 鳥取市の白兎海岸 )    







02.        海を眺めつつ いよいよ 「 鳥取砂丘 」 に到着。


この階段を登ると 目の前に砂丘が広がる 。

02








03.      夕方4時半過ぎ、 日の入りも間近だ。    砂丘に目をやると

オレンジ色の逆光の中に ’ 植田正治の世界 ’ が現れた。


彼の写真にちょっとばかり似た登場人物がいるではないか !

03








04.         砂埃りが混じる北風が 容赦なく襲いかかる。 


しっかり踏ん張ってないと 体がもっていかれそうだ。

04








05.     ’ 馬の背 ’ と呼ばれる あの丘に登ると 海岸線が見えるのだが 


砂に足が取られて 一筋縄ではいかない !

05








06.  さて、 植田正治 (1913~2000年) は 鳥取県で活躍した写真家だ。


一般的に 写真は 目の前の人物なり 風景なり 出来事なり  

対象物の一瞬を ありのままに切り取るものだが、


彼の写真は 人物などをオブジェとして配置し 意図的に画面を構成する

前衛的な手法によるもの。



特に モード調のファッショナブルな写真は フランスで受け入れられ、

フランス文化庁が彼の作品を買い上げ、 彼に勲章も与えている。                                 

06

                                           「 砂丘モード 」






07.   中でも 鳥取砂丘を舞台とした 「 砂丘シリーズ 」 は彼の代表作だ。


登場人物は主に彼の家族で、  オートタイマーを利用して彼自身も

時々 構成要員となっている。                         

07

                                  「 上: パパとママとコドモたち 」







08.       40mの高さがある丘を登る途中で ひと休み、 後ろを振り返る。


この砂丘にもポケモンが現れるらしい。   しかしそれどころではないワイ。

08








09.         丘を登り切ると 日本海が見えた !  


考えてみれば 真っ白なキャンバスに 画家が好きに絵を描くように

写真家だって 自由に演出し 構成し 好きなように写真を撮ればいいのだ。



彼の作品は ” 植田調 ” と呼ばれ  余りに個性的で 

真似をするとすぐばれてしまうが、


芸術的概念そのものは 後の写真家に大きな影響を与えたのではないだろうか。

09








10.           「 妻の居る砂丘風景 」


砂丘は これ以上差し引くものがない シンプルこの上ない舞台背景だが

彼の芸術を引き立たせるには 最強の武器と言えそうだ。

10

 






11.        南北2.4 km, 東西16 kmにまたがる 広大な鳥取砂丘、 


太平洋とは逆に  北側から波が打ち寄せるのが 何とも不思議なムードだ。

11

 






12.      写真に度々登場する植田の奥さん、 名前や年齢など 

詳しいことは分からないが、 いかにも 古き佳き昭和を彷彿とさせ 魅力的だ。



ポージングがしなやかだし、 何と言っても絣の着物がとってもよく似合う。

恐らく 植田正治にも自慢の奥さんだったに違いない。

12

                                   「 上: ボクのわたしのお母さん 」






13.      今回のブログでは 鳥取砂丘の写真だけを並べようと思ったのに、 


’ 砂丘と言えば植田正治 ’ を 思い出し、    最後に 

彼の奥さんが魅力的だ という話で終わることになった。

13



砂丘を歩く人。    植田とその妻もこんな風に歩いただろうか
 ・・  










♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

2017年2月10日 (金)

「足立美術館の日本庭園」 庭園もまた一幅の絵画だ!

 

島根県安来市にある 「 足立美術館 」 は 横山大観など 近代日本絵画の

収集で有名だが、 最近はそれに付随する日本庭園の方が大人気となっている。







01.      ゆったりした敷地にあるとは言え、 地方の一美術館に 

これほどの観光バスが大挙してやって来る。   想像以上の光景だった。

01

 






02.        早速 通路から 美しい日本庭園が見えた。  


向こう側の庭園は静寂につつまれているが、 実は 手前の通路では 

賑やかな人の波が続いている。

02








03.      白砂と青い苔、 木々の傾きもしっかりと計算済みだ。

初めから斜めに育った樹木を 移植したものもあると言う。  


自然に近い野趣と 庭の構成に芸術的な動きが添えられている。



このテラスがギリの最前線、 それより先 庭には出られない。

03

 






04.       館員総出での朝の掃き掃除を始め 、

多くの庭師が 枯れ枝一本、枯葉一枚まで気を配っていると言う。  



借景となる遠くの山々との間には 一般道路も走っているが 

看板や電柱なども見えないよう 協力を仰いでいるそうだ。

04








05.      館内では ほぼ全ての人々がカメラを構えている。 

私も 最前列が空くのを待った。


人がいなければ ガラス枠を額縁になぞらえた一幅の絵画となるはずだが・・

05








06.      これが 最前列からのショット。     


五万坪に及ぶ庭園は ミシュランガイドの三つ星を始め、 米国の日本庭園専門雑誌

によるランキングで 14年連続で 庭園日本一に選出されている。


海外からのお墨付きで 日本での人気が高まるのは 何も庭に限ったことではない。

06








07.     遠くの崖から 「 亀鶴(きかく)の滝 」 が流れ落ちている。


横山大観の日本画 ’ 那智の滝 ’ を再現した人工滝だが、 


数十年経った今 すっかり 風景に溶け込んでいるでしょ、と 

学芸員が テレビで満足そうに語っていたのを思い出した。

07








08.      ” 庭園もまた一幅の絵画だ ” という 創立者・足立全康の

理想を具現化し、   滝の流れは 構成上は 白砂が表現する川となるが、


実際上 滝の水はこの池に流れ来ている。

08








09.    外の空気を吸って館内に戻っても 相変わらず人がいっぱいだった。

09








10.         続いて  「 池庭 」 を通って 

かつて 足立全康が 実際住まっていた建物に向かった。

10








11.      玄関にあたる土間の上り縁、 その向こう、 和室の壁がくり抜かれ 

額縁となっていた。   部屋に居ながらにして 美しい日本庭園が眺められる。

11








12.       隣の仏間にも額縁があった。  こちらは足立全康自身が

壁を切ったそうだが、  この長方形の 床の間越しの額縁を通して見ると

正に 庭が 掛け軸に描かれた一幅の絵画となる !


恐らく こちらの仕上がりに 全康はご満悦だったのではないだろうか ・・

12








13.       さて、 この人気、館員たちのこの努力、 凄いことだとは思うが

個人的には 完璧過ぎて 湧き上がるような感動はちょっぴり薄かった。



’ 破綻のない芸術 ’ は 高尚過ぎて 近づき難いのかも知れない。



非の打ちどころのないものを維持し さらに高める努力が 如何に難しく

貴重な作業か わかっている積りではありますが ・・

13




足立美術館のホームページに掲載されたこの雪景色、 図らずも 雪によって

庭がゆるやかな原野に返された姿を見て  私は素朴な感動を覚えました!




因みに 絵画展示に関しても、メインの横山大観先生の作品よりも


菱田春草 小林古径 川合玉堂 土田麦僊 速水御舟 前田青邨 など

周辺画家の作品に より関心を引かれました ~
   









゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2017年2月 3日 (金)

「出雲大社」 八百万の神々が集まると言う’神有月’に行って来ました!


この日私は 島根県の出雲大社を参拝したのだが、 なんと偶然 全国から

八百万の神々が出雲に集まるという 「 神在祭 」 のただ中にあった。







01.      出雲勾玉(まがたま) を伝承・販売する店に立ち寄った時

「 神在月 かみありづき 」 の看板に気付いた。   



神々が出雲におわすのは たった一週間ほどだ。   その真っ只中に 

たまたまお参りに来たとは  ラッキーと言うしかない。

01








02.      この日の朝 宍道湖に面したホテルの窓から 何艘もの

しじみ獲りの小舟が見えた。    そして まるで映画のシーンのように


湖面いっぱいに 大きな虹が二重に弧を描くのも見た。 吉兆だったかな!

02








03.      ところで、  ホテルのおかみが こんな道端まで出て来て

お見送りをしていた。    ニッポンの お ・ も ・ て ・ な ・ し は 

良し悪しは別として  よその国では 絶対あり得ないものだ。



また出雲大社への道すがら 出雲市斐川平野独特の ’ 真四角に刈り込んだ

クロマツの防風林 ’ が次から次へ現れた。  日本海からの

激しい季節風に 備えた屋敷林だが とても清々しい風景だった !

03








04.        さて、 いよいよ 「 出雲大社 」 に到着した。  


2016年の場合、 11月9日の夜7時 神々をお迎えし (神迎祭)、

16日に神々をお送りする (神去祭)までの間が (神在祭) だった。



神無月 (かんなづき) は 普通は10月を指すが、  旧暦では11月に

あたるそうだ。   因みに 2017年の神迎祭は11月27日、 

2018年は11月17日と  毎年一定であるわけではない。



宮司や神官が提灯を灯し 神々をお迎えする様子が 木彫で表されていた。

04

 






05.       「 神楽殿 」  長さ13.5m 胴囲8m 重さ4.4t、 

大迫力の注連縄 (しめなわ) に驚かされる。     立派過ぎて

これが本殿だと勘違いする人がいるそうだが もっともだ !



ところで 縁結びの聖地 出雲大社には ’ 正しいお参りのルートと作法 ’ 

なるものがある。  これから良縁を得ようとする女子などは真剣に全うするが、


もう良縁を得て久しい私は!?   駐車場に近いこともあって、

正規のルートなら最終地点となるはずの ここ 神楽殿からスタートした。

05








06.        屋根だけ見えるのが 「 御本殿 」。 

1744年の造営で、 平成の大遷宮は4度目の遷宮となる。  



本殿手前にある 「 八足門 1667年 」 から  遠目に

本殿に祀られている大国主命大神に お参りすることになる。

06

   






07.      「 八足門 」 の前にある大きな円は  2000年に

地下から発掘された 三本に束ねられた 直径約1.4mの巨大な宇豆柱

( うずばしら ) の跡だ。   ( 現物は博物館に収められている )



現在の本殿の高さは24mだが、 この柱跡から計算して 

平安時代の本殿は 48mあったと推測されるそうだ。   



それがどれほどの高さか想像するよすがとして

畳75畳分、 高さ47mの国旗が頭上にひるがえっていた !

07









08.       正面からは 奥まっていて 近づき難い御本殿だが 

西側に回ると案外近くから その大屋根を仰ぎ見ることが出来る。

08








09.       御神木は びっしりとおみくじで覆われていた。

09








10.       大屋根に組まれたX型の組み木は 「 千木 ちぎ 」 と言い

その下に水平に並べられた丸太は 「 勝男木 かつをぎ 」 と呼ばれる。  


千木にくり抜かれた四角い穴は 人がくぐれるほどの大きさだそうだ。



因みに 千木にはオスとメス、 いえ失礼 男神と女神を表すものがある。

先端が 地面に垂直に切られたものが男神、 地面と水平なのが女神だ。

10








11.        「 西十九社 にしじゅうくしゃ 」 1809年。  

19の小部屋に区切られていて、 全国から神々が集まる時の宿泊所となる。   


ちょうど神在祭のただ中だったため、 19の扉が開かれ 

お神酒が備えられ  綺麗に掃き清められていた。



樅の木で出来た この神様たちのホテルは 実に簡素で 

お迎えの仕方も 仰々しくなく素朴だ。




華やかで豪華な宗教文化を持つ西洋人には分かりにくいかも知れないが 

いかにもプリミティヴで精神的、 形而上的な日本らしい仕組みだ。

11








12.       再び 神楽殿に戻った。   出雲大社の注連縄は

5~8年に一度取り換えられるが クレーンを使っての大仕事となるそうだ。



横繩のあいだから 総にあたる ’ 円錐形の〆の子 (しめのこ) ’ と

いうものが下がっている。  それに たくさんの銭が挟まっていた。   



注連縄に賽銭を投げたり 挟んだりする人がいて いつの間にか銭がたまる。

今は網で覆われていて 銭は落ちないようになっている。

12








13.     大社のそばに 出雲大社の権宮司 千家国麿の館がある。

彼は85代の権宮司で、 2014年に高円宮家典子さんと結婚した人だ。



皇族の結婚は その都度結構な話題になるが、 人間としての相性もよく、

且つ 天皇の系譜と天照大神の系譜にある人の結婚が成立したとは  

この地に来てみて 改めて 凄いことだと思った ・・




千家の門に掲げられた注連縄の〆の子の総は まだ柔らかくふさふさしている。

これなら 確かに お賽銭を投げ入れても サクッと入ってしまいそうだ。



でも 注連縄に投げつけるなんて罰が当たるという考えもあるそうですよ ・・

13





出雲大社に八百万の神々がお集まりになったとは言え、

大社の杜が激しく鳴動するわけでもなく 実に粛々たる佇まいだった。




しかし 神々は 誰と誰を縁結びするか 

陰では 賑やかな会議の最中だったかも知れません。
   








.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック