« 天橋立とイグノーベル賞 竹田城址、立派な山城だった! | トップページ | 「出雲大社」 八百万の神々が集まると言う’神有月’に行って来ました! »

2017年1月27日 (金)

さすが倉敷 運河と白壁の町屋の美観地区&大原美術館

 

「 倉敷市 」 は岡山県の南部 瀬戸内海に面した町。


旧市街は少し内陸に入ったところにあり、   特に

昔からの街並みが残る中心地は ’ 美観地区 ’ と名付けられている。







01.     今回は 羽田から岡山空港に降り立ち、 バスで倉敷に向かった。 

ところが 高速道路のトンネルに入った途端 バスが急停車した!


瞬く間に 車が連なり 進むことも戻ることもままならない。 

パトカーや救急車が何台も けたたましい音を立てながらすり抜けて行く。    



やっと30分後に開通。 横転したゴミ収集車を見て やっと事態がのみ込めた。



少々待たされたが トンネル内火事なんかに遭遇せず よかった! と

むしろ感謝の念がわいた ・・・

01

                  (   少々ピンぼけですが、、、 )






02.      そうこうして やっと倉敷の中心 ’ 美観地区 ’ に着いた。


白壁の家並に様々な店が顔を出す。  いかにも観光地といった風情だ。

02








03.      車引きのお兄さんに客引きなんぞされると 

一層 観光客気分が上がります ~     乗りませんけど ~!  
wink

03








04.     倉敷川という名の運河、 その両岸に白壁の蔵や町屋が立ち並ぶ。


右側の ’中橋’ の先にあるのが 旧町役場、 今は倉敷館という観光案内所だ。

04








05.       この町並みが生れたのは江戸時代。 

綿花や米など多くの物資が 運河を利用して運び込まれた。

05








06.       町の風情を一層引き立てる 和服の倉敷美人たち。

06








07.        花嫁・花婿にも遭遇

07








08.       丘を走る車夫と並行し  運河では船頭が櫓を漕ぐ。

08

 






09.        路地では 名産品を買う人々の笑顔がこぼれる。

09








10.      見どころは店ばかりではない。 星野仙一記念館 (写真上)

大橋家や井上家などの大地主の邸宅 (写真下左)、 倉敷民芸館 (写真下右)

など 時間があれば ゆっくり一日楽しめる。

10








11.      しかし、何と言ってもハイライトは 「 大原美術館 」 ではなかろうか。  


ロダンのカレーの市民像と ギリシャ建築の列柱が待つこの建物、 

倉敷の実業家・大原孫三郎が 昭和5年に創立した 日本初の西洋美術館だ。

11








12.        収蔵品は 絵の好きな人なら 

誰の作品か すぐに言い当てられるような有名なものばかり。  



大原の依頼を受けて 今日 美術館の中枢をなす重要な絵画群を 

パリなどで買い付けたのが 児島虎次郎だ。    彼の絵 


’ 和服を着たベルギーの少女 ’ が入口正面にあったのが印象的だった。

12

                              (  館内での写真はNGでした  )






13.      私は 町の観光は程々に 美術館により多くの時間を割いたが  

充分には程遠く、 後ろ髪を引かれつつ倉敷を発った。


そして 岡山から鳥取に入ると  11月半ばのこの日、 雪を頂く大山 

( だいせん 1729mの火山 )が現れた。



関東の人間には非常に神々しく見えた大山、   見る方向によって

形が変わっていくのを見届けつつ その日が良き感動で終わるのを感じた ・・・

13




中国地方を巡る旅、 続きます ~










♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:     

« 天橋立とイグノーベル賞 竹田城址、立派な山城だった! | トップページ | 「出雲大社」 八百万の神々が集まると言う’神有月’に行って来ました! »

国内旅行 中国編」カテゴリの記事

コメント

こんばんは happy01 sign03
倉敷の街、高校の修学旅行、そして大学1年が終わった春休み(とはいえ2月)に訪れたきりです。
ですからもうかれこれ30数年経ちます coldsweats01
懐かしいといえば懐かしい雰囲気ですし、しかしやはり「ずいぶん変わったのだろうな?!」と思う気持ちもあります。
『星野仙一記念館』、そんなものがあるのですか coldsweats02 sign02
星野さんと言えば、現役時代は中日一筋でしたし、
その後も監督として2度優勝しているのですが、
まさか倉敷にそのような記念館があるとは、初めて知りました。

街中の散策より大原美術館により時間を割いたところが、
いかにもbellaさんらしいです good

倉敷、拝見するとすっかり観光地、観光地になってしまいましたね。
その昔、仕事で数年間岡山に滞在したころの倉敷はまだまだ静かな街でした。
大原美術館のみ、というう感じ。アイビースクエアも出来る前。
新幹線が工事中で、岡山開通と同時ぐらいに離岡、そんな頃でした。(笑)
大原美術館の作品によって、「誰でも知っている名画」になったものも、結構ありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577816/64813299

この記事へのトラックバック一覧です: さすが倉敷 運河と白壁の町屋の美観地区&大原美術館:

« 天橋立とイグノーベル賞 竹田城址、立派な山城だった! | トップページ | 「出雲大社」 八百万の神々が集まると言う’神有月’に行って来ました! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック