« 今日の絵画 「 ランプとシンビジューム 」 | トップページ | 天橋立とイグノーベル賞 竹田城址、立派な山城だった! »

2017年1月13日 (金)

タシケント 旧日本兵が建てたナヴォイ劇場は地震に耐えた! そして彼らの墓

  
ウズベキスタンを巡る旅、  最後に首都タシケントにやって来た。



タシケントは  シルクロードの東西交易で繁栄する傍ら  数々の敵対勢力による

侵略を受けるなど 2000年余の波乱の歴史を有する街だ。







01.     現在のタシケントは 人口218万人の中央アジア最大の近代都市。


街は新しく 整然と明るい雰囲気だが、 実は1966年に 直下型大地震に見舞われ 

壊滅的な被害を受けている。    これが 半世紀を経た復興の姿なのだ。
 
01







02.     ウズベキスタンは1867年にロシアに併合され 1991年に旧ソ連から

独立した経緯があり、  首都タシケントには中央アジア唯一の地下鉄が走っている。 



ソ連時代の情報統制の名残か 豪華な地下鉄構内の撮影は 厳しく禁止されている。
 
02
                               
(  写真は 世界の切手サイト、 ウイキペディアなどから  )






03.      広々とした 「 ムスタキリク独立広場 」 の柵や装飾もソヴィエト的だ。

昔 モニュメントには レーニンか誰かの像が建っていたが

現在は 母子像に置き換えられている。



新市街の北部にあるテレビ塔の高さは 東京タワー(333m)より高い 375mだ。

03







04.      一方、 旧市街にある 「 ハズラティ・イマーム広場 」 には

「 バラク・ハン・メドレセ 16世紀 」 や 「 ハズラティ・イマーム・モスク 16世紀 」

など 貴重な遺構もちゃんと残っている。



ソ連時代には メドレセに 行政機関が置かれていたそうだ。   現在 遺構群は 

現役のモスクとして復活したり、 博物館となったりしている。

04







05.      現役のモスクの内部を窓から覗いてみた。  中心に メッカの方を

向いた祭壇があり  ひれ伏し祈るための絨毯が敷かれてる。 



「 ジャミー・モスク 15世紀 」(写真下) 新しそうに見えるが 震災後修復された姿だ。
 
05







06.       バザールで売っている ウズベキスタン版のナン ( パン )。

06







07.       サマルカンド、タシケントなどのパンは 丸いのが特徴だ。

07







08.      「 ナヴォイ劇場 」 1947年に完成した1500人収容のオペラハウス。

第二次世界大戦後 極東から強制移送された数百名の旧日本兵が

この建設に携わった。



1966年の大地震の際、  劇場周辺の建物が 全て倒壊した中、

堅牢なナヴォイ劇場はびくともせず 逆に避難者の受け入れの場となった。

08







09.      その仕事の確かさと素晴らしさは ウズベキスタンの人々の心を打ち、

日本人への評価と親愛の情を一気に高める結果となった。


2015年 安倍首相が訪問した際も ここで記念コンサートが開かれたそうだ。

09







10.      ムスリム墓地の一角に その旧日本兵達の 「 日本人墓地 」 がある。  


写真右手の茶色い石碑に 79名の氏名と  福島 広島 熊本 香川 

東京 神奈川など    ほぼ全国からの出身地名が刻まれていた。    




この墓地は あるイスラム教徒の家族によって代々守られている。 

国に尽してくれた日本人を敬うのは当たり前、との信条らしい。    


画面にホースが写っているが    この日も 

日本人が来ると言うので 掃除をしていたと言うことだ。

10







11.       別の石碑には133名と記されている。   劇場建設以外でも

厳しい抑留生活の中  それぞれ何らかの技術を発揮した人がいただろう。



いずれにせよ 狂おしいほどの望郷の念を抱きつつ 持てる知識と技術の全てを

劇場建設にかけた日本人の 優秀さには 改めて誇りを感じる ・・

11
 






12.      敗者の連合国側、 ドイツ人捕虜の墓もあった。  

こちらは 墓石に名前が彫られている。



タシケントの一般人の墓所では 丸い墓石が連なっていた。

12







13.      エキゾチックなウズベキスタンの旅は、 文明の輝きに感動しつつ

最後に 同胞日本人の魂に触れ 一層感慨深いものとなり、



飛行機の窓から眺めた中国の天山山脈も 悠久の時間を感じさせた・・



ところで 空港バスで出会った女性は カザフスタン人。 

早稲田大学への留学生で、 ふと現代の時空へ呼び戻される感があった。

13


中央アジアの国々は  ’ ・・・スタン ’ など  似た名前が多く、 

その国情も詳しくは分からないが



少なくとも ウズベキスタンという国が 忘れ難いものになったことは確かでした !










.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.   
 

« 今日の絵画 「 ランプとシンビジューム 」 | トップページ | 天橋立とイグノーベル賞 竹田城址、立派な山城だった! »

「ウズベキスタン」 サマルカンドとタシケント」カテゴリの記事

コメント

こんばんは happy01
未知の国ウズベキスタンの首都・タシケントに、かつて日本人が強制移送された事実、初めて知りました。
そして彼らが建設に携わり残した劇場が、それほど素晴らしく今もウズベキスタンの人々に愛されているとは、本当に誇り!ですね。
その功績が石碑に、しかも日本語でも書かれているとは?!
本当に驚きました。
バーチャル旅行だけでなく今回は、また一つ日本人の真面目さや実直さを実感させられました。
(もっとうまく表現したいのですが・・・言葉が浮かびません...)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577816/64757923

この記事へのトラックバック一覧です: タシケント 旧日本兵が建てたナヴォイ劇場は地震に耐えた! そして彼らの墓:

« 今日の絵画 「 ランプとシンビジューム 」 | トップページ | 天橋立とイグノーベル賞 竹田城址、立派な山城だった! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック