« ウズベキスタン: 「ブハラ」 チンギス・ハンに頭を下げさせた塔 | トップページ | 今日の絵画 「 無題 」 たまにはアブストラクト! »

2016年11月25日 (金)

ウズベキスタン:ディナーは民族衣装の踊りとファッションショー


  ウズベキスタンの古都 ブハラには 「 タキ 」 と呼ばれるバザールが 幾つかあり、 

そこでは 宝石 毛皮 木工細工 陶器 絨毯 布地  帽子 スパイスなどが売られている。







01.       「 スザニ 」 は ザクロ・ブドウ・唐辛子・サソリ・鳥など

それぞれ意味がある図柄を絹糸で刺繍した布のこと。   


嫁入り道具などは 本来は心を込めて 刺繍だけで模様を表現するものだが

一般には プリント図柄の上に刺繍が施される。

01








02.      焼き物は それぞれ地方ごとに特徴が異なるが 

このお皿は 周囲の ’ 砂漠色 ’ とは対照的な 鮮やかな緑色だ。

02








03.      伝統的な図柄のこれらの絨毯は 栗の木やザクロなど

天然の草木を染料とした絹糸を用いて 手織りで仕上げられる。


こんな若くてチャーミングな女性が そんな根気と技術を持ち合わせて

いるとは 本当に素晴らしいことだ!

03







04.      さて、オアシスの町ブハラには 近年まで 町中に運河が

張り巡らされ、 池 (ハウズ ) も200近く存在した。    しかし、

池で洗濯したり 汚物を流したり 不衛生であったため 疫病が流行し、

人々の平均寿命も32歳とかなり短かった。



今日では 整備された6つの池だけが残っている。   

写真の 「 ラビ ・ ハウズ 」 の水辺には 樹齢数百年の樹木が生い茂り 

木陰でお茶を飲んだり ボートを漕いだり 人々の憩いの場となっている。

04








05.      こちらは 「 ナディール・ディヴァンベギ・メドレセ 」 の中庭。

民族舞踊のディナーショーが行われた。    土間に絨毯が敷かれている。

05








06.       踊りのバックに 生演奏バンドが付いた。  

タンバリンのような打楽器 小太鼓 短いフルート、  そして

琵琶形のマンドリン、 膝立て型のヴァイオリン、そしてボーカル。    


やはり西洋音楽とは違う 民族調でアラビアンチックな旋律だ。

06








07.      このショーは踊りや音楽、美女が目玉ではあるが  

ある種 民族衣装のファッションショーでもある。


ウズベキスタンの布地は 絹100%のものが 「 アトラス 」、

絹と木綿が50%づつのものが 「 アドラス 」 と呼ばれている。


いずれも 単調な砂漠の風景に抗うかのごとく カラフルで大胆な図柄だ !

07








08.       ダンスは完璧とは言い難いが 選りすぐりの美女ばかりだ。

どの衣装も 帽子がポイント、 一段とムードを醸し出している。

08








09.      ディナーはこんな感じ。   ウオーキングによるファッションショーもあった。 


モデルの多くが すらりとした 色白の ’ ロシア系美人 ’ だ。

09

 






10.      伝統的なアトラス織シルク生地は 虹をイメージした七色の糸で

孔雀のように華やかに織り上げられるが、 時代ごと変化があって当然だろう。


ましてや ファッションショーならば シックなものも登場 !



しかし図柄だけは ” 矢絣模様 ” という矢羽をモチーフにした幾何学模様が

基本になっている。 日本の絣 (かすり) に似た懐かしさをちょっぴり感じます ~

10








11.     今回のブハラ土産はコウノトリ型のハサミ。 メス型とオス型の

それぞれに私達夫婦のイニシャルを彫り 赤と青の袋に入れてもらった。


それにしても 売り口上を述べるこのおじさんの日本語の上手なこと!

どこで日本語を覚えたのだろう ・・

11








12.      さて、 ブハラを出て いよいよサマルカンドに向かったが、

途中 「 シャフリサーブス 」 に立ち寄った。  



後にティムール王国を築いた ティムールが生まれた町だ ( 1336年 )。

写真は 「 アク・サライ・宮殿跡 」 ( 1380年着工、1405年まで建設が続いた )

12








13.      「 ドルッティロヴァット 建築群 」 ( ~1435年 ) 

” 瞑想の家 ” と呼ばれるティムールゆかりの建築群。



13世紀に出現したチンギス・ハーンの次々世代に現れたのがティムールで、

高校の世界史で よく勉強した人には憧れの人物らしい。


私は不勉強で 名前ぐらいしか知らないけれど ・・・!

13




次はかつてのティムール王国 サマルカンドに向かいます。    







゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 

« ウズベキスタン: 「ブハラ」 チンギス・ハンに頭を下げさせた塔 | トップページ | 今日の絵画 「 無題 」 たまにはアブストラクト! »

「ウズベキスタン」 シルクロードのオアシス 」カテゴリの記事

コメント

こんばんは happy01
毎週金曜日恒例、bellaさんのブログでバーチャル旅行にやって来ました coldsweats01
ほとんど未知の国のウズベキスタン、どのような文化の国か少しでも感じることができました。
美女たちの衣装、華やかですネェ happy02
それに”シルクロード”のイメージも重なります。
ディナーも美味しそうですネ!
それにしても、モデル並みの長身美女が多いですね w(^o^)w!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577816/64531714

この記事へのトラックバック一覧です: ウズベキスタン:ディナーは民族衣装の踊りとファッションショー:

« ウズベキスタン: 「ブハラ」 チンギス・ハンに頭を下げさせた塔 | トップページ | 今日の絵画 「 無題 」 たまにはアブストラクト! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック