« 「ウルム」 教会の尖塔はまるで鳥かご、 運河に傾く木組みの家 | トップページ | 今日の絵画 「 ボーヌ夕景 」 早くパリに帰りたい! »

2016年9月30日 (金)

ドイツ・ロマンチック街道の起点ヴュルツブルク ’朝市風景’

 

    ヴュルツブルクは 南ドイツ・ロマンチック街道の北側の起点となる街。


マイン河畔に発達したヴュルツブルクには 13世紀から歴代の領主司教が住み

城塞や宮殿など華やかな文化遺産が多く残されている。






01.     成田からフランクフルトに着いたのが午後4時ごろ、 レンタカーで

東に100kmほど走って 夕方 ヴュルツブルクに入った。


10月の夜7時頃  「 アルテマイン橋 Alte Mainbrucke 1543年 」

欄干の両側に居並ぶ12体の巨大な聖人像が 暗闇の中 異彩を放っていた。

01_2








02.     一夜明け朝日が差すと 街の様相も一変、 マイン川の水面が光っていた。

02








03.     マイン川流域のフランケン地方は 温暖で乾燥しており、 

中世初頭に 修道士たちにより 葡萄の栽培が導入された。 


今日4500haに及ぶぶどう畑から 優れたフランケンワインが 産出されている。

03








04.       さて、 昨夜はうら寂しかった橋の上で 賑やかに朝市の準備が始まった !

04








05.     毎度のこととは言え、聖人も 足元で繰り広げられる店づくり

どんな気持ちで見ているだろうか ・・

05








06.         ふと 丘の上に目をやると  「 マリーエンべルク城塞 

Festung Marienberg 13世紀~ 」 が朝日に輝いていた。

06








07.        歴代の司教が住居として来た この丘の上の中世の城は 

1650年以降は  神聖ローマ帝国の要塞として使われた。

07







08.     マイン川、ヴュルツブルク市街、フランケンヴァルテ山などを一望出来る

ロケーションは、  敵を見張るには 願ってもない好条件だったでしょう。

08







09.       アルテマイン橋の 朝市の賑わいが 遠目からもわかります!

09








10.         橋の歩道の片側は 通行人用に空けてある。

10







11.        野菜や日用品でなく アート志向の朝市だ。  旅の始まりで

荷物になるので 私は買う訳にはいかなかったが 綺麗な陶器類だった ・・

11







12.      通り奥の 「 キーリアン大聖堂 Dom、 1040年建造 」 の

天高くそびえる4本の尖塔は  1945年の大空襲で破壊されたものの 

その後再建された。     豪華な歴史的内部はそのまま保たれている。


この尖塔は まさにヴュルツブルクのランドマークと言えそうです。

12







13.     さて マリーエンべルク城塞の丘から 巨大な「 レジデンツ Residenz 」 が

見えた。   世の中の支配者は 治世が安定してくると 戦いに備える要塞山城から

平地に降りて 平和を享受する豪華絢爛な宮殿に住み始めるものだ。



1744年に完成を見た このレジデンツの皇帝の間や 他の部屋べやの設え、 

天井や壁のフレスコ画 彫刻 タピスリー そして庭園などは 

贅を極めた美しさだと言うが 

今回は訪れることが出来なかった。

13


  (    レジデンツ内部      シーボルトの娘のおたくさん    シーボルト  )




その他 ヴュルツブルク生れで 日本に馴染み深いシーボルトの博物館も、

畳の部屋があったり 丁寧な日本語表示があったりするらしいが

日程の都合で 割愛せざるを得なかった。





という訳で 駆け足のヴュルツブルク見物ではありましたが 

ロマンチック街道の起点として 街を見ておいた意味は十分あったと言えそうです。









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

« 「ウルム」 教会の尖塔はまるで鳥かご、 運河に傾く木組みの家 | トップページ | 今日の絵画 「 ボーヌ夕景 」 早くパリに帰りたい! »

ドイツ 「ロマンチック街道」」カテゴリの記事

コメント

こんばんは happy01
ヴュルツブルクの街、懐かしいです。
でも、あの橋の上で朝市が開かれることは、知りませんでした。
初めて訪れた時に、マリエン要塞へ行ったのですが、
その時にこの橋を歩きました。
そしてレジデンツ。中はもちろん、庭園もなかなかのものでしたヨ (^_^)ニコッ!
ドイツの風景を見るだけで、いつもホッと心和んでいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577816/64274453

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・ロマンチック街道の起点ヴュルツブルク ’朝市風景’:

« 「ウルム」 教会の尖塔はまるで鳥かご、 運河に傾く木組みの家 | トップページ | 今日の絵画 「 ボーヌ夕景 」 早くパリに帰りたい! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック