« ジェロニモス修道院・ベレンの塔・南蛮屏風 そしてエッグタルト | トップページ | 今日の絵画 「 臥龍の藤 」  そのくねりは正に龍が臥せた姿! »

2016年7月 1日 (金)

「フランスの洪水ビフォー・アフター」「ハンサム顔のビフォー・アフター」


5月~6月にかけて フランスやドイツを襲った洪水のニュースをTVで見るにつけ

世界のあちこちで起こる異常気象が気になるこの頃です。







01.     パリでは セーヌ川のプロムナードを水没させ、 いくつかの有名な

橋の足元を今にも襲いそうな濁流を見て 私はハラハラしたものでした。
01








02.      しかし 深刻な被害は パリより南に下った地域に多く出たようだ。

ここは 第一回目のサミット会議が開かれた町 「 ランブイエ Bambouillet 」


慣れない手漕ぎボートに四苦八苦する警官たちの動画もアップされてました。

02

          (   01. と 02.の写真は 情報サイトより   )






03.      さて  私の心配が的中したのが パリの南西27kmあたりにある 

「 シュヴルーズ Chevreuse 」 という町。       


長年の友人が住んでいて 一体どうなったか気になっておりました。

03








04.      ごく普通のパリの郊外の町だが 緑地や住宅地のはざ間を様々な姿を

見せながら走る 「 イヴェット川 R. Yvette 」。  その風景は 本当に魅力的だ !

花の季節になると 岸辺を花で飾るコンクールも行われる。

04








05.      蓮の葉が浮かぶ川面に面して 昔の洗濯場がある。

絵の題材としては 願ってもないロケーションで、 多くの画家が三々五々訪れる。

05







06.      さて この石橋を渡って少し北上したところに、 住まいとは別に

フィリップ達の庭がある。

06







07.      石塀に囲まれた百坪ほどの草地に リンゴやサクランボの果樹

バラや紫陽花が 点々と植えられている。  収穫のための庭というより 


遠くに教会や マドレーヌ城が見える まさにカントリー的な寛ぎの庭だ。

07

 





08.       その庭がこんな有様だ !   イヴェット川が氾濫することは

たまにあるけれど 庭まで水に浸かったことは初めてだと言う。

正に 洪水による ” 庭のビフォー ・ アフター ” には 驚かされた。

08







09.      ところで この庭は フィリップの母親ドニのものだ。 

ドニ一家は 長くパリに住まい、 夫のリタイア時に シュヴルーズに引っ込んだ。 

パリ時代の二人は美女・美男の親子と言えるでしょう。

09







10.      シュヴルーズ時代のドニは  私のような家は ’ メゾン・ド・デュー 

神の家 ’ と言うのよ と語りつつ、 バカンスの度 年に何十日も孫たちを預かり、

一方 教会での様々な奉仕活動や    スキー板ではなく かんじきを履いての

雪山の踏破に意欲を燃やした。


パリ時代の黒髪 白髪となったシュヴルーズ、 ドニのビフォー ・ アフターも感慨深い。

10








11.    一方フィリップの中年姿も なかなかイケている。 今や立派な建築家だ。

妻ドミニクは パリで歴史資料図書館で働いていたが 仕事の関係で資料を探しに来た

フィリップと知り合い結婚した。    フィリップにとっては再婚となるが ・・



ドミニクに聞いてみた。   フィリップと結婚した理由は?

フィリップの顎を撫でつつ 即答した。     ” ハンサムな顔 ! ”


あの栗色の髪の少年が ロマンスグレーとなった ビフォー・アフターの姿も 

ある種の感動だ。

11







12.       さてこちらは 日本での話。   サンドラ一家とフィリップ一家は

シュヴルーズで 家族ぐるみの仲良しだ。     サンドラは今日本で働いている。


サンドラの日本びいきの度合いは図抜けている。  日本語を聞いて話せるばかりか

読み書きも出来る。   夏目漱石やよしもとばなな等も愛読書だ。

スーパーインテリと言って差し支えないだろう。




サンドラは一家で南アフリカで暮らした後 シュヴルーズにやって来た。  

事業に成功した彼女の親は金持ちだ。  

しかし、 
彼女が日本に来るにあたって 親の援助は一切ない。



彼女は東京でちゃんと働き 自立している。  

如何にもフランス的な親子関係に ただ感嘆するばかりだ。

12







13.      ところで、 サンドラに ’ フィリップってハンサムよね~ ’ と呟いたら

大笑いされた !          ’ ああいうのハンサムって言わない。 ’

13


今どきの若い子の好み ロックバンドの誰それなどと 名前を聞いても

分からないだろが、

取りあえず ” 男性のハンサム顔のビフォー ・ アフター ” っていうのがある、

と言う事だけは 思い知ったのでした ~~ 







シュヴルーズも今は水が引き なんとか平穏な日常が戻ったようだ。


来年の イヴェット川沿いの花のコンテストが楽しみだ !
 



tulip            tulip    

« ジェロニモス修道院・ベレンの塔・南蛮屏風 そしてエッグタルト | トップページ | 今日の絵画 「 臥龍の藤 」  そのくねりは正に龍が臥せた姿! »

魅惑のパリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577816/63854061

この記事へのトラックバック一覧です: 「フランスの洪水ビフォー・アフター」「ハンサム顔のビフォー・アフター」:

« ジェロニモス修道院・ベレンの塔・南蛮屏風 そしてエッグタルト | トップページ | 今日の絵画 「 臥龍の藤 」  そのくねりは正に龍が臥せた姿! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック