« 「ロカ岬」 西の果て、海は滝となりて奈落に落ちゆく | トップページ | 「テージョ川の夕日」「ファドはイメージと少し違ったという話」 »

2016年5月27日 (金)

リスボン 「発見のモニュメント」と「サンタ・ジュスタのエレベータ」

            リスボンは ポルトガルの首都だと言うのに 都会の冷たさがない。

               民族の個性を失わず、 良い意味でいつまでもあか抜けない 郷愁の都だ。







   01.        「 リスボン Lisbon 」 は大西洋に注ぎ込むテージョ川の河口から

                        12km内陸に位置する。  大航海時代も今も 船は河口の港から出航する。

01







02.        街に入る前にテージョ河畔で遭遇するのが 「 発見のモニュメント 」


                             塔の東と西 両側に、 エンリケ航海王子を先頭に 合わせて約30人の

                              大航海時代を切り開いた偉人たちが並んでいる。


                      ヴァスコ・ダ・ガマ、 マゼランなどの航海士のほか   フランシスコ・ザビエル

                      数学者 神学者 画家 作家などが含まれているのが興味深い。

02







03.        因みに 1582年にキリシタン大名有馬晴信らによって送り出された

                         4人の少年欧州親善使節団も ここリスボンの港から上陸し、 

                      シントラ エヴォラ、 スペインを経て ローマに向かった。   

03


                                     ( 海とも見まがう幅広のテージョ川 )







04.          観光バスの後を追いながら いよいよ市内に入る。

04







05.           赤ポスト、 焼き栗屋さん、、     

                            ポルトガル北部の田舎町と似たような風景です ~

05







06.          さて ホテルは オールドタウンのど真ん中に取りました。

                           部屋のベランダから 北側に見えるのが 「 ロシオ広場 Rossio 」

06







07.         部屋の真下の賑やかな通りが 「 アウグスタ通り Rua Augusta 」

                            通りのどん詰まりに見えるのが 「 ルア・アウグスタ勝利のアーチ 」、 

                       その先はテージョ河畔。


                             通りに陣取る カフェやレストランのテラス席、

                        楽しそうで すぐにでも降りて行きたいと 気持ちが逸りました !

07







08.         しかし、 通りの向かいの建物の隙間から   何やら 

                          高い塔の上に群がる人々の姿を発見 !     まず あそこに行ってみよう !



                            サンタ ・ ジュスタのエレベータ Elevador de Santa Justa 」  この優雅なエレベーター

                         1902年製で 高さ45m、 箱の中は意外と広く 高級感あふれる家具調でした~

08







09.        映画にも出てきそうなレトロな雰囲気です。  鉄の芸術と言えば 

                       パリのエッフェルタワーや ポルトの鉄道橋 ドン・ルイス1世橋を思い浮かべます。



           当時の鉄の建造物は だいたいエッフェル社系統の建築家の設計でしたが 

           装飾性で言えば このエレベーターのお洒落度が ナンバーワンではないでしょうか。

09







10.          因みに このエレベーターは もともと 観光用と言うよりは 

             30mの高低差がある 上の地区 バイロ・アルトと 下の地区 バイシャを結ぶ

             日常の移動手段という
側面が大きかった。

10


                              (   塔からも 私達のホテルが見えました ! (右上)  ) 
 






11.         ” 七つの丘の街 ” と言われる起伏の激しいリスボンの位置関係が


             ざっと見渡せる。   向かいの丘には 「 サン・ジョルジェ城 Castelo de Sao Jorge 」 

             その左に 「 グラサ展望台 」  「 セニョーラ ド モンテ展望台 」 がある。

11







12.         夕日に照らされる東側の明るい風景 ↑ を見た後、  
連絡橋を

            西側に歩いて行くと、   1389年に建造されるも、 1755年のリスボン大地震で

            倒壊した 「 カルモ教会 Igreja do Carmo 」 が 悄然たる姿を現した。



            一応工事中の部分もあるが 屋根のアーチ型の骨組みは遺構として残されている。

12







13.         さて 再び テージョ川方面を望むと、  07.で通りの端に写っていた 

            「 ルア・アウグスタ勝利のアーチ 」 が 白く輝いていた。

13



       これから 下の賑やかな通りを冷やかしながら テージョ河畔まで行ってみよう!



       リスボンでのディナーは どんなものになるのだろうか ・・







・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

« 「ロカ岬」 西の果て、海は滝となりて奈落に落ちゆく | トップページ | 「テージョ川の夕日」「ファドはイメージと少し違ったという話」 »

ポルトガル 「リスボン 郷愁の都」」カテゴリの記事

コメント

今晩は
テージョ川の「発見のモニュメント」「ロシオ広場 Rossio」など
アルバムにの残っています。
特徴のあるエレベーターの写真もありますが記憶にも残っています。
リスボン空港で着陸の前、茶色一色の屋根瓦には驚きました。
見覚えのある建造物や風景を見ると懐かしくなります。
有難うございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577816/63690092

この記事へのトラックバック一覧です: リスボン 「発見のモニュメント」と「サンタ・ジュスタのエレベータ」 :

« 「ロカ岬」 西の果て、海は滝となりて奈落に落ちゆく | トップページ | 「テージョ川の夕日」「ファドはイメージと少し違ったという話」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック