« 「香港島・中環」その繁栄ぶりは ’経済ディズニー・シー’ | トップページ | 今日の絵画 「 ゴンドラの薔薇 」 »

2016年4月 8日 (金)

「吉野山の桜・一目千本」 見渡せば、桧桜をこきまぜて・・

日本中に 桜の名所は山ほどありますが、 奈良県 「 吉野山の千本桜 」 は


日本人なら 一度は訪れて見たい場所ではないでしょうか。







01.        吉野山に3万本あるという桜は ほぼシロヤマザクラという品種。 


ピンクが濃く華やかなソメイヨシノと違い 自然に溶け込むいかにも素朴な風情がある。


一目で千本見える地域として 山裾から ’下千本’ ’中千本’ ’上千本’ ’奥千本’ という

4つの個所に分けられ 下から上へ見頃が移動する。

01







02.      山全体で ほぼ4月じゅう見頃が続くことになりますが、 やはりピーク時には

町の中心部に 人がどっと押し寄せることになる。 駐輪場 駐車場は町の外に設けられ、

02







03.           町のメインストリートは ホコ天となっていました ~

03







04.        通りの奥にあるのが 「 金峰山寺蔵王堂 」。 平安時代 吉野の桜が

歌に詠まれるより以前のこと。      修験道の開祖役行者(えんのぎょうじゃ)が、


修行中現れた金剛蔵王権現の姿を ヤマザクラの木で刻り起し ここに祀ったことから 

桜の木が信仰の証しとして その後営々と 山中に 献木として植え続けられたと言う。



それが 現在吉野が桜の名所となった所以で

美しいから桜を増やすという 他の名所とは 大きく異なるポイントかも知れない。

04







05.       奈良漬 腹痛の妙薬 吉野雛、、   この地域独特のお土産やさんが並んでます。

05







06.      ここは ” 吉野本葛 ” の本場。 葛の根っこ ( 写真下右 ) を繊維状に粉砕し 

その搾り汁をためて でんぷんを沈殿させては繰り返し、 最終的に良質な葛粉を取り出すと言う。

06







07.          千本桜を眺めつつの 茶屋でのひと時は最高 !

07







08.          ” 一目で千本見渡せる ” という ヴューポイント  

08







09.         ところで 吉野山の桜が美しいワケ、 それは この緑色 !

吉野ヒノキの深緑こそが 桜のピンクを引き立たせているのではないでしょか。



古今和歌集  「 見渡せば 柳桜をこきまぜて 都ぞ春の錦なりける 」  をもじって 

「 見渡せば 桧桜をこきまぜて 吉野ぞ春の錦なりける 」  ・・・・・

09







10.           吉野桧は 北山杉に劣らず 真っ直ぐで美しい !

10







11.         関西弁のおばちゃんたち、 自分の膝や腰がどんだけ痛んでるか 

事の仔細を延々と語り合ったあと  竹踏みならぬ ’ 桧踏み ’ に興じました 。   



関西弁というのは 本当に魅力的な言葉で、 とても心惹かれましたよ ~

11







12.     
吉野山の魅力は 桜が一番かもしれませんが  本来、 修験道の聖地、

天皇や武家にまつわる数々の史実、   この三つが相まってのものと言えるでしょう。



豊臣秀吉が花見に来た時 千利休が改造したという 「 群芳園 」 、 南北朝に分離した時

南朝の天皇が身を寄せたという庵、  久しぶりで開帳された 巨大な青い金剛蔵王大権現像、

など 見て回る所も多々ありました。

12







13.      さて 今回は 千本桜の山肌の真っただ中にあるホテルに部屋を取りました。


ホテルにとって 最高の稼ぎ時、  普段よりかなり高く付いたにはちがいありません。

だからと言って この時期を逃すことも出来ず、 背に腹は代えられず、、、、、

13


部屋風呂は 千本桜に面していました。

入浴姿は ( ひどいと ブーイングが起こるでしょうから 、、 ) 出せませんが smile



とりあえず 忘れられないニューヨクタイムを過ごさせていただきました!
  






★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・★゜

« 「香港島・中環」その繁栄ぶりは ’経済ディズニー・シー’ | トップページ | 今日の絵画 「 ゴンドラの薔薇 」 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
  画像、素晴らしいですね。  行きたくなりました。
      ありがとうございました。

お久しぶりです。
昨年はちょっと体調を崩して、ブログアップに精一杯の状態でした。
アジアから日本へと、bellaさんの素敵な旅が続いているのをたのしく拝見しています。
吉野の桜、下から上、奥へと長い期間楽しめるとはいうものの、ピークに出会うのはかなり難しいのに、最高の時期にいいホテルが取れて、さすがに旅慣れていらっしゃると改めて敬服。
ぼくなんか、何度も訪れているものの旬を外すこと多く、宿も京都からとか、橿原神宮前のビジネスホテルからとか、いつも桜情報とにらめっこの四苦八苦でした。
素敵な吉野、ありがとうございました。

田舎者さま
お立ち寄りいただいて 大変ありがとうございました~
気候がよい時期ですので 是非お出かけ下さいませ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577816/63456899

この記事へのトラックバック一覧です: 「吉野山の桜・一目千本」 見渡せば、桧桜をこきまぜて・・:

« 「香港島・中環」その繁栄ぶりは ’経済ディズニー・シー’ | トップページ | 今日の絵画 「 ゴンドラの薔薇 」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック