« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月29日 (金)

「エヴォラのポサーダに泊まる」 「エヴォラとエボラそしてファド」

リスボンの東 約150Km、アレンテージョ地方の中心都市 「 エヴォラ Evora 」 は 

長い歴史のある街で、 ローマ イスラム キリスト教 それぞれの特徴を持つ建物が

世界遺産に指定された狭いエリアに密集している。







01.      街をぐるりと囲む城壁の門のそれぞれに 一方通行などの標識があって 

私達は車での入城に少し手間取ってしまった。 


しかしながら 14世紀に造られたこの二重構造の城壁は 流石に立派なものでした ~

01

                      ( 写真上は   城内に水を運んだ 「 水道橋 Aqueduto 」 16C )







02.         白壁に黄色い枠が印象的な 古めかしくも美しいエヴォラの街並。  

02







03.           歴史地区のシンボル 「 ディアナ神殿 Templo de Diana 2C 」

コリントス様式の円柱など 1800年もよく保存されて来たものだ !



この辺りには大聖堂や由緒ある教会が固まっていて、 観光に便利だし 素晴らしい雰囲気も

楽しめるからと、 当日はディアナ神殿隣にあるポサーダ ( 国営ホテル ) を 予約しておいた。

03







04.      「 ポサーダ Pousada dos Loios 」 は15世紀のロイオス修道院を改装したもので、

静謐な館内は白と黄色で統一され、 質実な雰囲気の客室に 修道士たちの厳粛な生活が偲ばれた。


しかし 中庭を囲む回廊がレストランになっていて ホッとする明るいムードだった。 

04







05.       ジラルド広場に面した 「 サント・アンタニョ教会 Igreja de Santo Antao 16C 」

05







06.         英雄の名前を冠した この 「 ジラルド広場 Praca do Giraldo 」 から

人々はだいたい観光をスタートさせることになる。

06







07.       「 10月5日通り 」 には カフェや土産物屋などが並び 散歩するだけでも楽しい。

07







08.        ポルトガルらしいお土産と言えば 何と言っても ’ コルク ’ でしょうか。

普通ワインの栓ぐらいしか思いつかないところだが ’ コルクのバッグ ’ もあった。  


ちょうど 和紙が洋服になったり バッグになったりするようなものかも知れない。 

08







09.           さて 「 ロイオス教会 Igreja dos Loios 15C 」 にも 

ポルトガルらしい素晴らしいアズレージがある。

09







10.       教会は ディアナ神殿や 元修道院だった例のポサーダに隣接している。


身廊は一面 聖ローレンスの生涯を描いたアズレージョで覆われていて 


一部タイルが剥げた所があったが、 かえって歴史の重みが感じられた ~

10







11.       ところで 話は少し脱線するけど、 発音がよく似た ’ エボラ Ebola  ’ は

ザイールのエボラ川流域で発生した出血熱の名前、   こちらの ’ エヴォラ Evora ’ は


アレンテージョ地方の テージョ川 (貞女川? 冗談!) 流域の街の名前です ~~

11







12.       「 カテドラル Se 12C 」 いかにも堅固な造りで まるで要塞の様だが

内部のバラ窓には聖母マリアのシンボルとして 明けの明星と神秘のバラが美しく描かれている。



さらに身廊上部にあるパイプオルガンは 1584年にエヴォラに到着した 日本の

天正遣欧少年使節団の4人が その音を聞いたとされるものだ。   パイプオルガンは


当時 ヨーロッパでも先進国だったポルトガルにあっても目新しい楽器だったから、

日本人ばかりでなく エヴォラの人達も みんなが高揚して聞き入ったに違いない。

12







 13.      さて 宿泊したポサーダにも立派なレストランがあったが、 高いだろうし

格式ばっているかも知れないと、 街にくり出すことにした。  案の定、 レストランで働く


このおじさんとウマがあった。   何と彼は ポルトガルの演歌・ファドの歌手だった !

13



CDを何枚も出しているそうで 早速いろいろ持ってきた。

こうなるとやっぱり買わない訳にもいくまい。   ウマがあった、、にはこういう訳が !?





でも 売らんかなの 悪い人ではなかった・・           っで CDの中身は ・・・




五臓六腑に沁み渡る、、と言うほどではなかったけれど 人柄が感じられるよい歌でした~




★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

2016年4月22日 (金)

「セトゥーバル」アズレージョを見るとやっぱりポルトガルだなあと思います!

「 セトゥーバル Setubal 」 は リスボンの南40km 大西洋に面した歴史都市で



古代ローマ時代から栄え、 中世には交易都市として、   又近代でも 

ポルトガル南部における 漁業 工業 観光業などの拠点として重要な位置を占めて来た。







01.      大西洋に面した港町、 ホテルのバルコニーから見る街は明るく気持ちいい。

01







02.        西側の丘に 「 サン・フェリペ城 Castelo de Sao Filipe 」 が見える。

16Cにイギリス軍の攻撃に備えて造られた要塞だ。 



海岸沿いのプロムナードでは 大西洋のしぶきが間近に降りかかる !

02







03.          固そうな石畳がピカピカ光る 西洋によくある街の風景ですが、

03







04.           やっぱりここはポルトガル ! 

建物の外壁タイルの ’ アズレージョ azulejo ’ が 独特な雰囲気を醸し出している。

04







05.      アズレージョは タイルに青い顔料で描かれることが多いので  私も初めは

’ azur 青い ’ から来てると、 誤解しましたが、

実際は アラビア語の ’ al zulayj 磨かれた石で ’ 
という言葉が語源だそうだ。 




こんな所にもあったんですね、       スペインやポルトガル ひいては

ヨーロッパ全体に及ぼしたアラビア文化の大きな影響力 !

05







06.      アズレージョは 当初は ひたすら壁を覆うという実用的目的で用いられたが、

徐々に 床 天井 通路など ポルトガル建築の主要な構成体となっていく。



さらに絵画的要素も兼ね備えていたことから アズレージョは実用から芸術へと大きな変遷を遂げる。

教会や宮殿、駅舎などで見られる 宗教画 歴史画は 今やポルトガルの代名詞と言えるでしょう。

06







07.          「 サン・ジュリアン教会 Igreja de Sao Juliao 」

内部のアズレージョには 聖ジュリアンの生涯が描かれている。  

07







08.          9月末のこの日、 広場は既に落ち葉で覆われていたが、 

こんな大樹の陰でお茶を飲むのは 本当に気持ちいいことでしょう !

08







09.          通りの石畳、 それぞれ模様がデザインされている。   


そう言えば 長くポルトガルの支配を受けたマカオでも 通りにはこんな装飾がありました ・・

09







10.        ショッピング街 唐草模様の鉄柵も素敵です。

10







11.      こんな ’ 洋服屋さんのジーパンオブジェ ’ 、 初めて目にしました !  


つい最前まで 通り雨が降ってましたから、 全天候型広告塔なんでしょうね。 

11







12.      セトゥーバルは ポルトガルで リスボン ポルト コインブラに次ぐ第4の都市、

大きな工業都市には どこかしらに こんなうらぶれた!?家並があるものです。 



年月を経たボロ壁の共演を得て 落書きはこの上ない芸術作品に仕上がっていました。

12

 







13.      セトゥーバルには メゾソプラノのオペラ歌手 ルイサ・トディ Luisa Todi の

モニュメントがある。     知らない名前だと思ったら なんと1753年生まれの人 !



彼女はリスボンという大都会を足掛かりとして世に出て、 最後にリスボンで死去。 

結婚相手はイタリア人 活動の本拠地はパリ、 演奏活動もイギリス ドイツ オーストリア 

イタリア そしてロシアなど 現在のオペラ歌手とほぼ変わらぬ生活ぶりだった。

13



どこの国や街でも  地元の英雄が地元だけで活躍したとは限らない。  




セトゥーバルの誇るべき英雄 トディの白いモニュメントを眺めつつ 

後に訪ねるリスボンの 華やかな大都会ぶりに想像を巡らせました ・・・  




★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

2016年4月15日 (金)

今日の絵画 「 ゴンドラの薔薇 」

とある夏の日、 ヴェニスの大運河で 一艘のボートとすれ違いました。

 

こちらは 水上バス、 向かってくる ボートには エンジンが付いて、

 

それこそ あっという間のすれ違いでした。



ボートには 美しいバラに覆われた真っ白い棺と  礼装の婦人が乗っていた ・・

 

ほんの10秒くらいの出会いでしたが、 映画のような 秘密めいたそのシーンが

 

心に焼き付いて 離れることがありません。



その場面そのものではないけれど、

 

ヴェニスのゴンドラに 思い出の一端を乗せてみました 〜

 



 「 ゴンドラの薔薇 」  モノクロ

Image_5





 「 ゴンドラの薔薇 」   パステル

Image_6



思い出は 願わくは いつまでも 天然色で 覚えていたいものです 、、、




★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

2016年4月 8日 (金)

「吉野山の桜・一目千本」 見渡せば、桧桜をこきまぜて・・

日本中に 桜の名所は山ほどありますが、 奈良県 「 吉野山の千本桜 」 は


日本人なら 一度は訪れて見たい場所ではないでしょうか。







01.        吉野山に3万本あるという桜は ほぼシロヤマザクラという品種。 


ピンクが濃く華やかなソメイヨシノと違い 自然に溶け込むいかにも素朴な風情がある。


一目で千本見える地域として 山裾から ’下千本’ ’中千本’ ’上千本’ ’奥千本’ という

4つの個所に分けられ 下から上へ見頃が移動する。

01







02.      山全体で ほぼ4月じゅう見頃が続くことになりますが、 やはりピーク時には

町の中心部に 人がどっと押し寄せることになる。 駐輪場 駐車場は町の外に設けられ、

02







03.           町のメインストリートは ホコ天となっていました ~

03







04.        通りの奥にあるのが 「 金峰山寺蔵王堂 」。 平安時代 吉野の桜が

歌に詠まれるより以前のこと。      修験道の開祖役行者(えんのぎょうじゃ)が、


修行中現れた金剛蔵王権現の姿を ヤマザクラの木で刻り起し ここに祀ったことから 

桜の木が信仰の証しとして その後営々と 山中に 献木として植え続けられたと言う。



それが 現在吉野が桜の名所となった所以で

美しいから桜を増やすという 他の名所とは 大きく異なるポイントかも知れない。

04







05.       奈良漬 腹痛の妙薬 吉野雛、、   この地域独特のお土産やさんが並んでます。

05







06.      ここは ” 吉野本葛 ” の本場。 葛の根っこ ( 写真下右 ) を繊維状に粉砕し 

その搾り汁をためて でんぷんを沈殿させては繰り返し、 最終的に良質な葛粉を取り出すと言う。

06







07.          千本桜を眺めつつの 茶屋でのひと時は最高 !

07







08.          ” 一目で千本見渡せる ” という ヴューポイント  

08







09.         ところで 吉野山の桜が美しいワケ、 それは この緑色 !

吉野ヒノキの深緑こそが 桜のピンクを引き立たせているのではないでしょか。



古今和歌集  「 見渡せば 柳桜をこきまぜて 都ぞ春の錦なりける 」  をもじって 

「 見渡せば 桧桜をこきまぜて 吉野ぞ春の錦なりける 」  ・・・・・

09







10.           吉野桧は 北山杉に劣らず 真っ直ぐで美しい !

10







11.         関西弁のおばちゃんたち、 自分の膝や腰がどんだけ痛んでるか 

事の仔細を延々と語り合ったあと  竹踏みならぬ ’ 桧踏み ’ に興じました 。   



関西弁というのは 本当に魅力的な言葉で、 とても心惹かれましたよ ~

11







12.     
吉野山の魅力は 桜が一番かもしれませんが  本来、 修験道の聖地、

天皇や武家にまつわる数々の史実、   この三つが相まってのものと言えるでしょう。



豊臣秀吉が花見に来た時 千利休が改造したという 「 群芳園 」 、 南北朝に分離した時

南朝の天皇が身を寄せたという庵、  久しぶりで開帳された 巨大な青い金剛蔵王大権現像、

など 見て回る所も多々ありました。

12







13.      さて 今回は 千本桜の山肌の真っただ中にあるホテルに部屋を取りました。


ホテルにとって 最高の稼ぎ時、  普段よりかなり高く付いたにはちがいありません。

だからと言って この時期を逃すことも出来ず、 背に腹は代えられず、、、、、

13


部屋風呂は 千本桜に面していました。

入浴姿は ( ひどいと ブーイングが起こるでしょうから 、、 ) 出せませんが 



とりあえず 忘れられないニューヨクタイムを過ごさせていただきました!
  






★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・★゜

2016年4月 1日 (金)

「香港島・中環」その繁栄ぶりは ’経済ディズニー・シー’

香港の九龍半島の対岸にある「 香港島 」、  高層ビルが林立する海岸線の中で  


昔から香港の政治経済の中心地となって来たのが 「 中環 ツォンワン 」。







01.     中環へは フェリーか地下鉄で渡ることが出来る。  半島側の 地下鉄油麻地駅の

プラットフォームには ドアパネルが完備、 安全に対する先進的な配慮がなされていた。

01







02.     「 中環 」 は イギリス統治時代から 首都機能を念頭に開発がなされたので、

香港の行政機関はもとより 経済の中心地として 世界中の銀行や大企業の香港支社が集積している。


その繁栄とインターナショナルな様子には 本当に驚かされました !

02







03.     海岸沿いには 夜ともなれば華やかな発光体となる高層ビル群が 屏風のように連なり、

その足元裏では ごちゃごちゃした庶民の市場や遊興街が 人間的な趣きを発揮している。 

 

その先 丘の麓には庶民のマンションが肩を並べ、   標高が上がるにつれ 

金持ちの邸宅や 各国の駐在員などの高級マンションが聳えることになる。

03







04.      特に目を引いたのが ” 2階建てトラム ” 。   このトラムと来たら 

真下から見上げると相当なノッポだ。   カーブを回る時 遠心力で倒れないかとハラハラさせられた。 

04







05.        中心街の ” 空中連絡通路 ”   便利に 美しく整備されている。

05







06.        昼時のOLさんの様子は 東京の丸の内とそっくりだし

信号待ちの街角は まるで銀座 !

06







07.          道路をまたぐ ” アップル社ビル ” 

07







08.      「 嘉威街 」  メインストリートの裏手に 庶民の活気あふれる一角がある。

高級マンションに住んで 時々こんな下町で買い物をする、 そんな駐在生活は楽しいだろうナ! 

08







09.      海岸線を東西に歩くのはいいが、 海から山側へ 南北に移動する場合は

どこでも坂道に出くわす。       ハリウッドロード付近から出ている ” ヒルサイド 


エスカレーター ” を使うと ソーホーなどの繁華街に楽に行くことが出来る。 

09







10.    さて 香港島で 楽しくいろいろ珍しいものを見物したが、 結局一番印象に残ったのが

長い首を空に伸ばすクレーンたちの幾何学模様と その下でどんどん増殖する新しいビル群だ。



香港の繁栄ぶりは想像以上で、 正直 日本は負けているかも と感じたものでした・・




ただ香港は国と言うより 特殊な ’ 地域 ’ であって、  政治上の立場や 立地条件・大きさ・

英語が使える利便性など 世界が進出しやすい条件にちょうど合致してるのかも知れない。



ある意味 ” 経済をつかさどる 実在するディズニー・シー ” のようにも見えました ~~ !

10







11.        IT技術を駆使する ビル建設の傍らに、 竹棒を組んだ足場が !


こういうところが 香港の尽きせぬ魅力なのかも知れませんね ・・・・・ 

11







12.       香港でも美味しいものを たらふくいただきましたが、 

腕のないグルメリポーターゆえ  特筆するほどの逸材には 遭遇しませんでした ~ 



ただ  左上のうどんは 切れずにつながった 細い一本麺。   

料理人が 目の前で 一塊りの種から そうめん状の一本麺にして行く妙技を見せてくれました。

12







13.        ”  中華もいいけど和食もね !  ”   

13



寿司、まぐろ、すき焼き どれもすでに世界用語ですが  とりわけ 最近は 

” 神戸牛 ” というワードを口にする 外国人が多いような気がします。




日本人だと言うのに 私にとっては 相変わらず高根の花ですが !!




★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・★゜





これで 香港旅日記は 終了です  ・・

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック